シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ロスとナミダと男と女(まほ、地震に恋を邪魔されたの巻!)

【第3回 パーテーパーテーパーテーだ!!(まほ、豪邸のパーティーに潜入!)巻】を読む


                             

森田まほ
映画が好き!現場で働きたい!その思いがこうじて単身アメリカ、ハリウッドへ渡り、現場でインターンとして日夜現場を飛び回る日々であったが、ある日アメリカ人の青年と結婚。その後予定外の妊娠をするが、無事出産。現在はグリーンカードを取得すべく待機中。

 ハリウッドに、部屋が見つかって、お世話になった親戚のおうちに別れを告げて2人 のルームメイトと暮らしはじめた最初の夜。私は、いきなりに落ちた。どーん。

お話の前に、私のルームメイトは、私と同じく監督志望で、映画界で働く一才上のジェ スと、ジェスの元カレ(様々な疑問はあるでしょうが、まあ、そこは聞かんといてくだされ)フォトグラファー志望のフィリップ。 今はもうバラバラだけど、いまだに仲良しの頼りになるにーさん、ねーさんたちです。

さてさて、話は戻って第一夜、みんなで祝賀会をすることになったんだけどお気付き の通り男が一人に女が二人のこの組み合わせ。男が足りねーよ男がああ!! 

ってな わけで優しいジェスとフィリップ兄さんは、荒れ狂う私の為に特別ゲストをよんでく れたのだー。 その名も、ルーマニアからやってきたモデルの(!!)ステファン。まるで王子のよ うな名前にときめく私、、なんだか春が!春のにおいがする!。ジェスいわく、彼は なんとカルバンクラインの下着のモデルをしたこともあるハンサムガイ。ごくっっっっ 、ますます高鳴る私の心、、。

そして!!ドアが開いたその瞬間、私はコロリと恋に落ちたよ。やっべえ。チョーー かっこいいぞ!さすがカルバンクライン下着モデル。服を着てても君の裸体が透けて 見える、、ふふふふふふ。まさに人間おなごホイホイのごとしセクスゥイーな彼を前 に私の心は叫んだ、、

「ハリウッド万歳!」。

~こうして、したたるヨダレをとめる術を知らない私とステファンの夢のような時間 はすぎていきました。(いや確かにもう二人いたけれどね)ルルルルン~

明け方、、、。 もはや野獣と化した私が、ほろ酔い気味のステファン様に襲いかかろうとした(ガル ルル!)その時!!! ぐらぐらぐらー。 地が揺れた。、、、ちょこっとだけ。日本でいやーマグニチュード1ぐらい?? おー。スゲー。ロスでも地震あるんだー。って感心していた私は、ある異変に気付い た。みんながいない。へ??ス、ステファン様いずこ?!

なんと三人は青い顔して道路に座ってた。かっちょいいはずのステファンまで! ど ういうこと?あんたら、防災訓練受けたことあんのかい! オカシの法則、押さない、 駆けない、喋らない。地震が起きたら机の下に!  「道路にいて、地割れでも起きたら、地底まっ逆さまマグマに黒焦げにされちゃうよ! 」って言うと、今度は、一斉にイエの中に駆け込みやがった、、か弱い私を押し退け て。

聞くとみんな地震初体験者ばかり。そういえば、ジェスはニュージーランド、フィリッ プとステファン様はヨーロッパ。うーんなるほど、私みたいに踏み切りの前に家があっ て、ドリフの鉄橋コントのごとく年がら年中揺れてる環境で育った人とは大分違うわ よね。ちったあ、「きゃあこわーい」とか言っときゃよかったぜ。  

地震に恋を邪魔されて放心状態の私を引きずって、ちゃきちゃきとスーパーへ向か う3人。おいおい、、。 でも、アメリカってすごい。結構みんな来てるんだ、これが。水に、カンづめに、ト イレットペーパーを山のように買ってるんだもん。夜中の3時だってのに御苦労なこっ た。

相変わらず放心状態の私に、フィリップが言った。 「まじやべーよ。こえーよ。なあ、みんなでしばらくロス脱出しようって話が出てる んだけど。お前どーする?砂漠でもいかねー?」 おいおい。確かに直下型のロスは怖いけど、なぜ、、、しかも砂漠ってあんた。 そして、、、戸惑う私に、ステファンが見つめながら!言ったの。 「まほ、フィリップの言う通りだよ。ここは危険すぎるからしばらくロスを離れよう よ」 どへーー!は、鼻血が、、、。ついて行きます! 地の果てまでも! なんて素敵な夜なの。ハリウッドに来て1日目で、カルバンクラインの下着モデルと 砂漠に駆け落ち(?)することになるなんて、、、。 サイコー!!!ハリウッドバンザーーーイ!!うひゃひゃひゃひゃ。

、、、、一週間後の夜、私はひとり飲んだくれていた。なぜかって??ステファンは 愛する彼女とハワイに旅立っちゃったのよ! どうなってんだ一体! しかも、相手 はGAPのモデル。勝てやしねえよ、馬鹿馬鹿しい。  

しかし、なぜハワイ、、地震にビビって脱出した割には、火山あるのに、、。けっ、 まあなんにせよこうして私のロスで初のはかない恋は、ドッタバタの一夜と共にハラ ハラと散っていったのでありました。

森田まほ


<お知らせ >
1.“まほのハリウッド日記特別編”を掲載しました。まほちゃんがハリウッドで撮った写真も満載!

 

                             

来週に続く…

ハリウッドへ戻れる日を指折り数えて待ちつつ、子育てに励む20歳の乙女、まほちゃんへ励ましのメールを!

(皆様からいただいたメールから、まほちゃんはパワーをいただいているそうです。メールは編集部で1度受け取ってからまほちゃんへ渡されます。本人へ直接メールされるわけではありませんのでご了承下さい。また、いただいたメールはまほちゃんが必ず読んで出来る限りお返事を書きたいとのことです。)


FLiXムービーサイト内「まほのハリウッド日記」
maho@flix.co.jp

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 3月
  4. 8日
  5. まほの[子連れ]ハリウッドへの道4