シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

まほ、シックスセンスに遭遇か?!(高級レストランへ行くの巻2)

第9回 まほ、高級レストラン(ハリウッドの大物プロデューサーや俳優御用達)に行く1!の巻を読む


                             

森田まほ
映画が好き!現場で働きたい!その思いがこうじて単身アメリカ、ハリウッドへ渡り、現場でインターンとして日夜現場を飛び回る日々であったが、ある日アメリカ人の青年と結婚。その後予定外の妊娠をするが、無事出産。現在はグリーンカードを取得すべく待機中。

 バイセクシャルの危ない遊び友達に連れられて、高級レストランへとやってきた私、、。

うん万円の、ハリウッド俳優が食べるというフルコースを食べ、高級赤ワインをオーナーにごちそうしてもらって、さらには、顏パスタダ飯権をいただいて私はとにかく御機嫌だった。

「それにしても、君の仕事は素晴らしいよ」 オーナーはなんでか私の、仕事も知ってたみたいですごくほめてくれた。

人に喜びを与えるって、素晴らしい事だ」 そう、映画ってみんなに喜びを与える仕事。よくわかってるー。 ますます御機嫌になって鼻歌まででたよ、ララララー。 そうして、ラララ歌ってるうちに酔っぱらって酔っぱらって赤ワインもすっかり膀胱にたまって、ちょいと排出へ、、。

、、、、、が、驚いたことになぜだかトイレをでたトコにオーナーが立っていた、、。 ド、ドシタノ?一体。

「マホー。ほんとに今日は来てくれてありがとう。今度は、あいつとうちに遊びにおいで」

「はあ、、」

「寿司の握り方を教えてくれよ」

「うーむ」 一体なんで、この人は、こんなトコまでそれを言いにきたのかしらねー?なあんて思ったそのとき、 「ふっ」

「き、きあああ」   何が起きたかって??何が起きたかってー?? 私の、にイキを吹きかけやがったのよー!それで、きああああ。 なにすんじゃーーーい!!って怒りをこめて振り返ると、奴は知らんぷり。

でも、 「あなた、今耳に息吹いたね!!」 とも言えず、、。 でも絶対、あれは息だったと思うのだけれど、、。シックスセンスだろうか。ただ酔っぱらってんのかな???? かなり不思議な気持ちのまま、私と友達はオーナーにごちそうさまを言って帰途についた。

まあ、ね。こんだけゴチになってんだし。ありゃあ、ただのいたずらでしょう。 友達よ、ありがとう。おいしかったよー。イイねー。金持ちってさー。

「どういたしましてー。それよりオーナー、まほのこと気に入ったみたいだよ」 そう言えばさっき、今度家に遊びにおいでって言われたよ。っていうと、

「フフフ。すげーいっぱい小遣いくれるぜ」 小遣い?友達なのに?

「まほもやんなよ。気に入られてるし。簡単だって」

なにを? 「ボンテージ着て、ムチでたたくの。ピシッピシッ、、とね」  

その瞬間、私はすべてを理解した。人に、喜びを与える仕事ね。そらそーだ。


<お知らせ >
1.“まほのハリウッド日記特別編”を掲載しました。まほちゃんがハリウッドで撮った写真も満載!

 

                             

来週に続く…

ハリウッドへ戻れる日を指折り数えて待ちつつ、子育てに励む20歳の乙女、まほちゃんへ励ましのメールを!

(皆様からいただいたメールから、まほちゃんはパワーをいただいているそうです。メールは編集部で1度受け取ってからまほちゃんへ渡されます。本人へ直接メールされるわけではありませんのでご了承下さい。また、いただいたメールはまほちゃんが必ず読んで出来る限りお返事を書きたいとのことです。)


FLiXムービーサイト内「まほのハリウッド日記」
maho@flix.co.jp

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 4月
  4. 19日
  5. まほの[子連れ]ハリウッドへの道10