シネマトゥデイ

田辺あつみ(たなべ あつみ)
商業誌でイラストや漫画を職業として描くプロのイラストレーター&漫画家。20代独身。惚れっぽく情熱家でありながらも、男を見る目はかなり冷静。
次世代のいい男を見つけだせ!田辺あつみが色男を舐めまわす!/ 絵と文・田辺あつみ

構想15年、巨額の制作費と言うわりには3年前くらいに深夜でやってたようなSFストーリー。

おもいっきりベタな展開。こっぱずかしいくらいのラブコメ要素。

……なのに。

おもしろいんだよなぁ~。はまっちゃうんだなこれが。
『アリー・Myラブ』のような妄想から近未来をバックにした格闘シーン、謎解き的要素、ショッキングな場面など、盛り込むだけ盛り込んでますが、意味のない伏線はないし、一話ごとにお話が完結していって気持ちがいい。

主人公マックス(ジェシカ・アルバ)は幼児体験のせいで冷酷ですれっからしの女の子かと思いきや、「男ってなんで仕事にしか興味ないの!?」とバイト仲間に恋愛相談する俗っぽさに感情移入しまくり。


やっぱりジェームズ・キャメロンはすごい……。ベタの強さを見せつけてくれます。たかがテレビドラマにこんなもの作っちゃうアメリカって……いいなぁ。


そして、このドラマの中に出てくるもう一人の主役ローガン(マイケル・ウェザリー)が、女性に人気のハマリキャラです。アンダーグラウンドで活躍する正義のジャーナリスト。目のアップが多いだけに澄んだ眼差しをしています。仕事大好きで無精髭、ちょっと性格の悪いバイタリティのある中年! 好みです、こんなタイプ。私もローガンに命令されてみたい!!!


それにしても、主役二人が婚約だなんてショック。お似合いだけどさ……。


……なんて思ってたら、ニュースで坊主になったマイケルを発見してもっとショック


自分がかなりローガンをキーワード(眼鏡、髭、つんつんヘア)で観ていることに気づいたのでした……。

↑普段は車椅子に乗っているローガン。主役二人を取り巻く人間関係も面白い。こんなテレビドラマ、日本にはないよなぁ。
ドラマと同じく恋に落ちてしまった二人。わかりやす過ぎる……。
丸坊主になったローガン役のマイケル・ウェザリー。大ショック!!

 

 

惚れた男の数知れず……まんが家 田辺あつみさんにファンレターを書こう!
atsumi@flix.co.jp

 

 

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク