シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

普段はハリウッドのイケメンに力を入れている FLiXムービーサイトですが、国内にもイイ男はいるじゃないか! と(急に)思いたち、邦画イケメン発掘隊を発足! 国内であれば、すぐに御会いできるという利便性もあり、めぼしいイケメンには軽いフット・ワークで 御会いしてお話しを伺って来ます。第7回は人気TVドラマ「聖者の行進」で俳優デビューを果たし、その後数々のTVドラマに出演、活躍中の郭智博さんです。岩井俊二監督の『花とアリス』 で落語一筋の宮本雅志役を演じました。




 
 インタビュー:斎賀美香

『花とアリス』
ショートフィルムとしてウェブで配信されていた岩井俊二監督作品の劇場公開版。恋に揺れる2人の少女、ハナに鈴木杏が、アリスに蒼井優が扮している。そしてこの2人の少女に翻弄される宮本を郭智博が演じている。ルー大柴、アジャ・コング、伊藤歩、中野裕之監督、叶美香、テリー伊藤らの豪華ゲスト出演も見逃せない。ショートフィルムでは描かれなかったエピソードも多数盛り込まれている。
製作年: 2004年
日本公開: 3月13日
(全国東宝洋画系)
上映時間: 2時間15分
配給: 東宝
カラー
公式サイトhttp://hana-alice.com/


岩井俊二監督の待望の新作、『花とアリス』。ショートフィルムとしてブロード配信されたこの作品が、劇場公開版としてスクリーンに登場する。幼馴染みのハナとアリスの初々しい10代の恋を描いた本作で、2人の少女から想いを寄せられる落語一筋の宮本先輩を演じたのは、フレッシュな魅力満載の郭智博くん。スクリーンでは恋には程遠い高校生を演じていた。しかしその素顔は、今時の若者でありながら、礼儀正しさを併せ持つ好青年。そんな彼に映画に関するエピソードから魅力を感じる女性像についてまで、直撃インタビュー!
今はファンデーションが気に入っているんですよ。ほら、にきびとかカバーできるじゃないですか(笑)

Q:出来上がったフィルムはもう見ました?Web版と劇場公開版と両方見たのかな?

A:両方見ました。僕としては、今回公開される劇場公開版が気に入っていますね。この物語のキーとなるある出来事についてもしっかりと描かれているし、豪華なゲスト陣の出演シーンも盛り沢山ですし。もちろんWeb版のショートフィルムの方も謎めいていて好きですけどね。

Q:映画の中ではハナとアリスの両方から好意をもたられる”宮本先輩”を演じていましたね。客観的に郭くんから見て、この宮本先輩ってどうですか?

A:もう絶対モテないタイプですね。暗いし、高校生なのに落語一筋だし、ちょっと変わっているし。でも暗い感じのところは僕と似ていたりするんですけどね。

Q:落語といえばあの寿限無の早口のセリフすごかったですねー。今でも言える?

A:覚えるの大変でした。すんごい苦労しましたよ。今でも覚えていますよ。寿限無寿限無・・・・・・(見事セリフのさわりの部分再現。感動する取材陣)。

Q:すごい~! まだ覚えているんですねー。若いっていいですねー。

A:いやー、もう少し経ったらきれいさっぱり忘れちゃいますよ。

Q:蒼井優さんとは「リリイ・シュシュのすべて」に続いての共演でしたが、鈴木杏さんとは初共演でしたね。
郭くんから見て、鈴木杏さんはどんな女優さんでしたか?

A:女優としてのオーラがすごかったです。優ちゃんと2人でつるんでふざけていたと思ったら、カメラが回り始めると表情がいきなり変わって・・・・・・。圧倒されましたね。女優魂を感じました。

Q:ところで、郭くんがハナとアリス、どちらか選ぶことになったらどちらを選びます?けなげだけど時に大胆なウソや行動に出ることができるハナと明るさの影でモデルになるためにがんばっているアリスと、どちらが気になります?

A:アリスですね。
ハナは一途でストレートな性格で、わかりやすいじゃないですか。それに比べるとアリスは小悪魔的でとてもミステリアス。どんな子なんだろう、もっと知りたいって思わせる魅力的な少女ですよね。

Q:撮影現場でなにかおもしろいことはありましたか?

A:撮影の間の待ち時間に、監督さんを含めスタッフの皆さんでサッカーをやったんですよ。すごく気持ちよくて、いい汗かきました。でもその汗でメイクが落ちちゃって・・・・・・。メイクさんからおこられちゃいました。

Q:メイクということで、ファンデーションとか最初、抵抗あったのでは?

A:最初は本当にダメでしたねー。でも今はファンデーションが気に入っているんですよ。ほら、にきびとかカバーできるじゃないですか(笑)。便利ですよー。

 

 『花とアリス』は癒し系。疲れている人はこれを見て癒されてください。

Q:今後、共演してみたい俳優やこの監督の作品に出演してみたいという夢はありますか?


A:『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』のあのスケール感はすばらしいですよ。本広克行監督の作品ならどんな作品でも、一緒にお仕事させていただきたいですね。


郭智博プロフィール

生年月日 1984年9月5日
神奈川県生まれ
特技:ダンス、ピアノ
<映 画>
「リリィ・シュシュのすべて」
「青の瞬間」
<TV>
「STAND UP!!」
「ハンドク」
「聖者の行進」

Q:それでは最後に、この映画を楽しみにしている皆さんへ向けてメッセージを


A:この映画は癒し系の作品だと思います。だから疲れている人はぜひこれを見て癒されてください。
ハナとアリスと僕が演じた宮本先輩の微妙な三角関係や、ハナとアリスの友情の微妙な変化など、じっくりご覧下さい。



夏が好きでいつかサーフィンにも挑戦したいという郭くん。今は白く陶器のような肌をしているが、日焼けしてたくましくなった姿もきっと似合うことだろう。5月には大槻ケンヂさんの原作をモチーフにしたショートフィルム『NATSUIMISAN』が公開予定ということで、郭くんの活躍から目が離せない一年になりそうだ。


『花とアリス』は3月13日より全国東宝洋画系にて公開



郭くんのサイン入り『花とアリス』プレスを1名様にプレゼント!

 

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク