シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米ボックスオフィスのチャートを賑わす全米話題の映画を厳選して紹介。
ヒュー・ジャックマン主演の『ヴァン・ヘルシング』やデンゼル・ワシントンの『マン・オン・ファイア』がひしめき合うボックス・オフィスに14日、ブラット・ピットを主演にエリック・バナ、オーランド・ブルーム、ブライアン・コックスと豪華キャストが繰り広げる壮大な歴史スペクタクル『トロイ』がついに公開された。

 トロイ
全米初登場
1位
5/14~16順位
1位(1週)
英題:TROY
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
キャスト: ブラット・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、ブライアン・コックス

ストーリー:トロイとスパルタの長きに渡る確執も終焉の時を迎え、スパルタ王(ブレンダン・グリーソン)とトロイの王子ヘクトル(エリック・バナ)は戦いの終結を祝う宴を開く。だが、ヘクトルの弟パリス(オーランド・ブルーム)はスパルタ王妃への想いを抑えきれず、ついには彼女をさらってしまった。この行為はスパルタ王、そしてギリシャへの侮辱だと王弟アガメムノン(ブライアン・コックス)は王妃奪回のため4万もの大軍とギリシャ軍最強の戦士として名高いアキレス(ブラッド・ピット)をトロイへ向け進軍させる。

愛によって起こった激しくも美しいトロイ戦争を描いた、古代ギリシャの叙事詩人ホメロスによる「イリアス」を、ドイツの名匠ウォルフガング・ペーターゼンが描いた壮大な歴史スペクタクル。週末興行成績は全米$45.6ミリオンと予想以上には伸びなかったが、海外$54.8ミリオンを合わせ100億を超え、まずまずのスタートを切った。圧倒的なスケールはもちろんのこと、ブラット・ピットを主演にエリック・バナ、オーランド・ブルーム、ブライアン・コックス、ピーター・オトゥールと豪華なキャストが顔を揃えた初夏の大作。

5月22日公開 / 丸ノ内ルーブル&プラゼール、他 <official site   >
 ヴァン・ヘルシング
全米初登場
1位
5/14~16順位
2位(2週)
英題: Van Helsing
監督:
スティーヴン・ソマーズ
キャスト:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール、リチャード・ロクスバーグ、デヴィット・ウェンハム

ストーリー:時は19世紀後半。数世紀に渡り世界を守り続けてきた男、ガブリエル・ヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)。モンスターハンターの彼は世界征服をたくらむ魔物を一掃するため発生源である東ヨーロッパに向かう。そこにはドラキュラ(リチャード・ロックロクスバーグ)、狼男、フランケンシュタインと伝説のモンスターたちが蘇っていた。ドラキュラに家系を断絶され、復讐を誓ったアンナ(ケイト・ベッキンセール)とともに、ヘルシングは魔物壊滅にのりだす。

全米3575館で公開され、初登場1位を獲得。週末興行成績$51.7ミリオンを叩き出した大注目作。海外でも41都市で同時公開され$55.2ミリオンを記録。初週の合計は100億を超える最高のスタートを切った。同じくユニバーサルの大ヒット作『ハムナプトラ』『ハムナプトラ2』のスティーブン・ソマーズが監督を務めており、場面を盛り上げる壮大な音楽を大御所アラン・シルベストリが手掛けている。

2004年9月4日公開 / 全国東宝洋画系 <official site  >

 マン・オン・ファイアー(原題)
全米初登場
1位
5/14~16順位
4位(4週)
英題:Man on Fire
監督:トニー・スコット
キャスト:デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、クリストファー・ウォーキン、マーク・アンソニー


ストーリー:子供誘拐事件が多発するメキシコシティ。元軍人のジョン・クリィーシィ(デンゼル・ワシントン)は、友人の依頼で9歳の女の子ピタ・ラモス(ダコタ・ファニング)の警護をしぶしぶ引き受けることになった。ませた子供のお守りなどまっぴらと思っていたジョンだが、いつしか彼はピタを可愛いがるようになっていた。だが、彼女が誘拐され死体で発見されたことにより、怒りに震えるジョンはピタ誘拐に関わるすべての連中を始末することを誓う。

冒険小説の巨匠、A.J.クィネルの同名小説を原作に、『スパイ・ゲーム』や『エネミー・オブ・アメリカ』のトニー・スコットが描く男の復讐劇。脚本は『ミスティック・リバー』、『L.A.コンフィデンシャル』のブライアン・ヘルゲランド。オスカー俳優デンゼル・ワシントンと、『アイ・アム・サム』や『アップタウン・ガールズ』などに出演し、今やハリウッドナンバー1の子役スター、ダコタ・ファニング共演のアクション・アドベンチャーで、復讐に燃えるジョンのキャラクターと演じるワシントンの熱演が高い評価を得ている。

2004年秋公開予定 <official site  >
 13・ゴーイング・オン・30(原題)
全米初登場
2位
5/14~16順位
6位(4週)
英題:13 Going on 30
監督:ゲイリー・ウィニック
キャスト:ジェニファー・ガーナー、マーク・ラファロ、アンディ・サーキス、ジュディ・グリア

ストーリー:ダサい両親にはほとほと困り、学校ではイケてる子たちに無視される日々。好きになった人には名前を覚えてもらえず、親友は近所に住む男の子のマットだけ。13歳になりたてのジェンナは「大人になれれば何でも思ったとおりに出来るのに」と強く思う。そんな彼女に奇跡が起こる。なんと30歳になっていたのだ。しかも仕事ができて友人にも恵まれた大人の女性に。ジェンナ(ジェニファー・ガーナ―)はすぐに新しい生活に夢中になる。でも、何かが足りない……そういえば、マットは?

『デアデビル』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の出演でハリウッドの注目を集める女優ジェニファー・ガーナー主演のラブコメディ。『イン・ザ・カット』のマーク・ラファロや『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役で注目を集めたアンディ・サーキスらが共演。子供が大人に、といえばトム・ハンクス主演の『ビッグ』を連想してしまうが、チャーミングでどこかノスタルジックなストーリーは、大人も子供も楽しめる作品になっている。全米各誌の評価は軒並みBといったところ。

公開未定 <official site  >

 ア・スリッピング・ダウン・ライフ(原題)
全米初登場
95位
5/14~16順位
95位(1週)
英題:A slipping-down life
監督:トニ・カレム
キャスト:リリ・テイラー、ガイ・ピアース、トム・バウアー

ストーリー:アミューズメント・パークでのつまらない仕事、内気な自分、父との暮らし、変化の無い毎日。そんなエヴィ(リリ・テイラー)の日常は、1本の深夜ラジオを聞いたことで変わり始める。ラジオから流れるドラムスティング(ガイ・ピアース)の情熱的な歌詞と歌声に魅了され、内気な彼女が彼のショー見たさにクラブへ行くほど。ある日のライブで、夢中になりすぎたエヴィはガラスの破片で額にドラムの名を彫ってしまう。この行為に目を奪われたドラムと彼のマネージャーは、彼女を次のショーに使おうとするが……。

インディーズ映画の祭典、サンダンス映画祭で1999年にプレミア上映された映画で、アメリカ人気ドラマ「ザ・ソプラノズ~哀愁のマフィア」の脚本家の1人、トニ・カレムの初監督作品。「ブリージング・レッスン」でピューリッツァー賞を受賞したアン・タイラーの同名小説を原作に、『ホーンティング』や『カーサ・エスペランサ』のリリ・テイラーが内気な女性を演じる。共演は『L.A.コンフィデンシャル』のガイ・ピアースら。
公開未定/ <official site  >

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 5月
  4. 31日
  5. 全米公開作品5月上旬