シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

FLiXムービーサイトでは、ハリウッドスターのゴシップやニュースを1日に5本から7本(土日休み)配信している。そんなにたくさん読み切れない、または読み逃してしまった人のために、特にアクセス数の多かったニュースを関連の話題ごとにまとめて紹介する。今回は5月のニュース。
全米では6月4日に3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が公開され、初登場1位でスタートし初週興収90億を突破。日本では大勢のファンが6月26日の公開を待ち望む中、キャスト続投で早くも4作目の撮影が始まっている大人気シリーズ。映画4作目に登場するハリーの恋の相手役も決まり、5月23日にニューヨークで行われたプレミアは大盛況と、その人気はとどまるところを知らない。今作はいままでに無いダークさが漂う作風とあちこちで言われており、原作シリーズの中でも評価の高い3作目なだけに期待が高まる。
2004/05/13 ハリポタの気になる彼女が決定
シリーズ4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で、ダニエル・ラドクリフ演じるハリーの恋のお相手、チョウ・チャン役が決定した。およそ4000人の候補者の中からこの大役を射止めたのは、16歳のケイティ・レオン。レオンの父親は「素晴らしい機会を与えられて、家族みんなが喜んでいる」と語っている。撮影では、ハリーとのキスシーンもあるようだ。
2004/05/27 ハリポタ新作、プレミアで大盛況
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のワールドプレミアが、23日にニューヨークで行われた。熱狂的なファンは、上映12時間前から列を作り始めたほど。赤絨毯に出演者が登場すると、嵐のような歓声が巻き起こった。14歳になったハリー役のダニエル・ラドクリフは、ファンの声援に「すごい!」と驚きを隠せない様子。すっかり青年らしくなったルパート・グリントも「最高だよ」と笑顔を見せた。プレミアには、ティム・ロビンスとスーザン・サランドン夫妻も子供たちを連れて来場した。[5月24日 ニューヨーク]
2004/05/31 ダニエル・ラドクリフ、ハリーに死の予感?
『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが、J・K・ローリングの原作の最後にはハリーに死が訪れるのでは?と考えている。「こんなことを言うと嫌がられるだろうけど、もしかしたらハリーは死んじゃうんじゃないかって、いつも疑っているんだ」と言うラドクリフ。ローリング氏はハリーの運命について何も語っていないが、シリーズが進むにつれ、ハリーと宿敵ヴォルデモートの距離は縮んでいる。ラドクリフは、「ハリーとヴォルデモートは同じ核を持っている。ヴォルデモートが死ぬ時は、ハリーが死ぬ時でもあると思う」と語った。[5月28日 ロンドン]
リアルタイムで話が展開していくアメリカの人気TVドラマ「24-TWENTY FOUR-」。その人気はアメリカだけにとどまらず、世界14か国で大ヒットしており、日本でも多くの人がビデオやDVDを購入、またはレンタルで楽しんでいる。秋から放送される第4シーズンでは、主演のキーファ・サザーランドが演じるジャックの娘、キム役で出演しているエリシア・クースバート始め、今までのレギュラーの多くがゲスト出演のみになるという驚きの発表もされた。
2004/04/28 「24-TWENTY FOUR-」第4シーズン決定
リアルタイムでストーリーが展開する人気ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の第4シーズンが製作されることが発表された。以前、主役のキーファー・サザーランドが「番組を盛り上げるためにジャックが死んでしまうのもありなんじゃないかな」という発言と、現在アメリカで放送中の第3シーズンが手に汗握る展開になっているだけに、ビクビクしていたファンもいただろう。とりあえずはホッとできるとともに、来シーズンという楽しみも増えたわけだ。
2004/05/14 キーファー・サザーランド、離婚を申請
「24-TWENTY FOUR-」の第4シーズンが確定したばかりのキーファー・サザーランドが離婚を申請したことが明らかになった。サザーランドは妻のエリザベス・ケリー・ウィンと1996年に結婚したが、1999年以来別居していた。離婚の申請理由はお決まりの“和解しがたい不和”。
2004/05/20 キーファー・サザーランド、歴史映画へ出演
「24-TWENTY FOUR-」のキーファー・サザーランドが『リヴァー・クイーン』(原題)へ出演することが決まった。同作は、19世紀のニュージーランドで原住民マオリ族とヨーロッパからの白人移民との間で起きたマオリ戦争を描く歴史映画で、『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』のサマンサ・モートンと『コラテラル・ダメージ』のクリフ・カーティスも共演する。監督は『心の地図』のヴィンセント・ウォードがあたる。
2004/05/31 「24-TWENTY FOUR-」からレギュラー落ちが続々
第4シーズンが確定したキーファー・サザーランド主演の人気ドラマ「24-TWENTY FOUR-」から多くのレギュラーが外されることが発表された。第4シーズンからゲスト出演のみとなる人々は、トニーを演じているカルロス・バーナードの他、レイコ・エイルスワース、ジェームス・バッジ・デールら。また、キム・バウアーを演じているエリシャ・カスバートも映画活動に力を入れるため、来シーズンはゲスト出演のみになることが発表された。
大ヒット作には続編の企画が一度は持ち上がる、というのはよく聞く話。特にコメディやアクションものならなおのこと。1作目が面白ければ面白いほど、2作目への期待も大きい。反対に続編がこける、というのもこれまたよく聞く話。さて、今回はどんな続編やキャストが決定されたのだろうか。
2004/04/23 キャリー=アン・モス、『M:I-3』へ出演決定
『マトリックス』シリーズのトリニティ役で華麗なアクションを披露して観客を魅了したキャリー=アン・モス。その彼女が今度は大ヒット映画『ミッション:インポッシブル』のシリーズ三作目へ出演することが決まった。主人公のイーサン・ハント役には引き続きトム・クルーズが扮し、監督は『ナーク』の新鋭監督ジョー・カーナハンがあたる。続編のストーリーなど詳細は明らかにされていないが、撮影は8月からガーナ共和国とドイツのベルリンで行われる予定だ。
2004/05/06 ケネス・ブラナー、『M:I-3』へ出演決定
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のロックハート先生役でファンを楽しませたケネス・ブラナーが、大ヒット映画『ミッション:インポッシブル』のシリーズ三作目へ出演することが決まった。ブラナーの役柄や続編のストーリーなど詳細は明らかにされていないが、噂ではブラナーは悪役を演じるのではないかと言われている。すでにトム・クルーズとキャリー=アン・モスの出演が決まっていて、監督は『ナーク』の新鋭監督ジョー・カーナハンがあたり、脚本は『グリーンマイル』のフランク・ダラボンが手掛ける。
2004/05/14 スカーレット・ヨハンソン、『M:I-3』へ出演
『ロスト・イン・トランスレーション』『真珠の耳飾りの少女 』と二本の出演作で日本でも人気急上昇中のスカーレット・ヨハンソンが、大ヒット映画『ミッション:インポッシブル』のシリーズの三作目へ出演することが決まった。ヨハンソンが扮するのはトム・クルーズ扮する主人公イーサン・ハントの敵役で、この他キャリー=アン・モスとケネス・ブラナー、『コールド・マウンテン』のアイリーン・アトキンス、TVドラマ「ジャック&ジル」のジャスティン・カークも共演する。監督は『ナーク』の新鋭監督ジョー・カーナハンがあたり、脚本は『グリーンマイル』のフランク・ダラボンが手掛ける。撮影は今夏から開始され、2005年5月頃の全米公開を予定している。
2004/03/19 レジーナ・キング、『デンジャラス・ビューティー』続編へ出演?
『チャーリーと14人のキッズ』のレジーナ・キングが、『デンジャラス・ビューティー』の続編、『ミス・コンジーニアリティ2』(原題)へ出演するかもしれない。出演が決まればキングはサンドラ・ブロック扮するグレイシーの同僚FBI捜査官サマンサ役を演じ、二人がラスベガスで起こった事件を解決していく展開となる。前作でベテラン司会者スタン役を演じたウィリアム・シャトナーとミス・ロードアイランド役を演じたヘザー・バーンズも引き続き出演し、監督は『サンタクローズ』のジョン・パスキンがあたる。
2004/04/06 ウィレム・デフォー、『トリプルX』の続編へ出演
ウィレム・デフォーが、大ヒット映画『トリプルX』の続編、『XXX:ステート・オブ・ザ・ユニオン』(原題)へ出演することが決まった。続編のストーリーは、アイス・キューブ扮するNSA(国家安全保障局)に新しいエージェントとして採用されたダリウス・ストーンがワシントンD.C.を舞台に活躍する展開となり、前作から引き続きサミュエル・L・ジャクソンがNSAのエージェント、アウグスト・ギボンズ役で出演する。デフォーは国防長官である陸軍元帥ジョージ・デッカートに扮し、監督は『007/ダイ・アナザー・デイ』のリー・タマホリがあたり、撮影は今夏から開始される予定だ。
2004/05/18 スコット・スピードマン、『トリプルX』の続編へ出演
『アンダーワールド』のスコット・スピードマンが、大ヒット映画『トリプルX』の続編、『XXX:ステート・オブ・ザ・ユニオン』(原題)へ出演することが決まった。続編のストーリーは、アイス・キューブ扮するNSA(国家安全保障局)に新しいエージェントとして採用されたダリウス・ストーンがワシントンD.C.を舞台に活躍する展開となり、スピードマンが扮するのはダリウスと共に行動するNSAエージェントのカイル役だ。前作から引き続きサミュエル・L・ジャクソンがNSAのエージェントのアウグスト・ギボンズに扮し、ウィレム・デフォーが国防長官である陸軍元帥ジョージ・デッカート役で共演する。監督は『007/ダイ・アナザー・デイ』のリー・タマホリがあたり、撮影は今夏から開始される予定だ。
2004/05/18 ジム・キャリー、『ブルース・オールマイティ』続編へ?
ユニヴァーサル映画は、ジム・キャリー主演のコメディ『ブルース・オールマイティ』の続編を企画している。この作品は、「パッション・オブ・ザ・アーク」(原題)というタイトルのシナリオを元に作られるよう。『ブルース・オールマイティ』は世界でおよそ4億8千500万ドルの興収を上げたヒット作で、キャリーも2千万ドルの収入を得た。普段、続編作品へはあまり興味を示さないキャリーも、この続編企画には惹かれているようだ。
フジテレビの人気ドラマ「白い巨塔」や、山口百恵のヒット曲を人気アーティストが歌いアルバム発売など、ここ数年日本ではリメイクブームが巻き起こっているが、何もそれは日本だけではない。巨匠スティーブン・スピルバーグが韓国の大ヒットホラー作品のリメイク権を高額で買い取ったり、タイのホラー映画『THE EYE』のリメイク権をトム・クルーズが取得と、ハリウッドでもまさにリメイクブームなのだ。海外作品のリメイクだけではなく、ハリウッド作品のリメイクも多々予定されている。その中でも注目は、超大作『ロード・オブ・ザ・リング』後にピーター・ジャクソンが取り組んだ『キングコング』だろう。
2004/03/25 『猟奇的な彼女』リメイク版の監督決定
『ベッカムに恋して』の大ヒットで世界的に注目を浴びたグリンダ・チャーダ監督が『サシー・ガール』(原題)でメガホンを取ることが決まった。同作は、日本でもヒットしたクァク・ジョエン監督の『猟奇的な彼女』をドリームワークスとマーヴェリック・フィルムズがハリウッド・リメイクするもので、キュートなルックスとは正反対に凶暴なまでに正義感が強い猟奇的な彼女と気弱な彼のハートフルなラブ・コメディをチャーダがどのようにリメイクするか期待されている。
2004/04/01 ジャック・ブラック、『キングコング』へ出演
『愛しのローズマリー』のジャック・ブラックが、ピーター・ジャクソン監督による『キングコング』のリメイク作品へ出演することが決まった。ブラックが扮するのは映画プロデューサーのカール・デンハムで、1933年のオリジナル版でロバート・アームストロングが扮した役柄だ。すでにヒロインのアン・ダロウ役にはナオミ・ワッツが決まっていて、この他『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド、イアン・マッケランとゴラム役のアンディ・サーキスの出演が予定されている。脚本はジャクソンと脚本家フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンの共同で手掛けられ、2005年クリスマスシーズンの全米公開を予定している。
2004/04/08 エイドリアン・ブロディが『キングコング』へ出演?
エイドリアン・ブロディが、ピーター・ジャクソン監督による『キングコング』のリメイク作品へ出演するかもしれない。出演が決まればブロディはヒロインと恋仲になるジャック・ドリスコル役に扮する。すでにヒロインのアン・ダロウ役にはナオミ・ワッツが決まっていて、この他映画プロデューサーのカール・デンハム役にジャック・ブラックが扮し、『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド、イアン・マッケランとゴラム役のアンディ・サーキスの出演が予定されている。
2004/04/27 バリー・ソネンフェルド、リメイク映画を監督
『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督が、ドリームワークスのリメイク映画でメガホンを取ることが決まった。リメイクされるのは1972年のニール・サイモン脚本作品『ふたり自身』で、ハネムーン先で理想の女性と出会った男を主人公に描くロマンティック・コメディだ。脚本は『ロード・トリップ』のスコット・アームストロングと『フォーチュン・クッキー』のレスリー・ディクソンが手掛ける。
2004/06/04 『ポーキーズ』リメイク決定
1982年のお色気コメディ『ポーキーズ』がリメイクされることが明らかになった。シリーズ3作まで作られた同作は、寝ても覚めてもセックスのことしか頭にない男の子たちのちょっと過激な日々を描く青春コメディで、シリーズ1作目の『ポーキーズ』は400万ドルの製作費に対して全米で1億550万ドル以上の興行収入を記録している。リメイク版は人気DJハワード・スターンとラリー・レヴィンソンが製作総指揮にあたり、オリジナルと同じく多くのヒット曲に乗せて物語が展開する予定だ。
ジャパニーズ・ホラーのハリウッド・リメイクが次々と決定され、日本映画の呪怨(英題『Ju-On:The Grudge』)が公開中のアメリカ。アジア映画の中でも特に、ホラー作品のブームが高まる全米だが、何もリメイク・ホラーばかりにかかわっているわけではない。(ホラーというよりも)サイコ・スリラーや超自然現象を交えたヒッチコック風スリラーと、さまざまなジャンルのスリラー作品に出演の決まったスターたちが続々と報告されている。
2004/04/26 ハリソン・フォード、スリラーへ出演
ハリソン・フォードがワーナー・ブラザースの『ザ・ロング・エレメント』(原題)へ出演することが決まった。フォードが扮するのは世界銀行の警備主任で、物語は誘拐された家族を取り戻すために強盗の手助けをすることになった警備主任と犯人側との緊迫したやり取りを描くスリラーだ。脚本はジョー・フォルテが手掛ける。
2004/04/27 クライヴ・オーウェン、スリラーへ出演
『すべては愛のために』のクライヴ・オーウェンが、ミラマックスの『ディレイルド』(原題)へ出演することが決まった。同作はジェームズ・シーガルの同名ベストセラー小説の映画化で、広告会社の重役が朝電車に乗り遅れたことから起こる予測不可能な事態を描くスリラーだ。監督は本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたスウェーデンのミカエル・ハフストロムがメガホンを取り、脚本は『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』のスチュアート・ビーティーが手掛ける。
2004/05/12 ジョディ・フォスター、スリラーへ出演
ジョディ・フォスターが、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとイマジン・エンターテイメントの『フライト・プラン』(原題)で主演を務めることが決まった。物語は、フォスターが扮する夫を亡くした主人公がアメリカへ帰国しようと搭乗した飛行機の中で彼女の娘が謎の失踪をするというスリラーだ。監督はドイツ出身のロベルト・シュヴェントクがあたる。
2004/05/18 ショーン・ビーンとマリア・ベロ、サイコ・スリラーへ出演
『ロード・オブ・ザ・リング』のショーン・ビーンと『コヨーテ・アグリー』のマリア・ベロが、インディ映画『ザ・ダーク』(原題)へ出演することが決まった。同作はサイモン・マギンのベストセラー小説の映画化で、ビーンとベロ扮する娘を溺死で亡くした夫婦が再出発をするために田舎町へ移り住んだが、そこで亡くなったはずの娘と異常なまでに似た少女と出会うサイコ・スリラーだ。監督はTV界出身のジョン・フォーセットがあたり、撮影はロンドンとマン島で6月から行われる予定だ。
2004/05/21 デミ・ムーア、次回作決定
デミ・ムーアが、新作スリラー『ハーフ・ライト』(原題)へ出演することが決まった。同作でムーアが扮するのは売れっ子ミステリー作家の女性で、物語は彼女の息子が溺死したときから徐々に彼女の人生の歯車が狂っていく様を描く、超自然現象を交えたヒッチコック風スリラーだ。監督はオーストラリア出身のクレイグ・ローゼンバーグがあたり、撮影は8月からイギリスとアイルランドで行われる予定だ。
2004/05/31 ハリソン・フォード、ジェームズ・キャメロン製作映画へ出演
ハリソン・フォードが、ジェームズ・キャメロン製作映画『ゴッドスピード』(原題)へ出演することが決まった。同作は国際宇宙ステーションを舞台にしたスリラーで、そこに住む人全ての生命を危うくする危機が起きるという緊迫した物語展開となる。脚本は『マーキュリー・ライジング』のライン・ダグラス・ピアソンが手掛ける
2004/06/03 リース・ウィザースプーン、超自然スリラーを製作・主演か?
次々と製作、主演映画を決めているリース・ウィザースプーン。その彼女が超自然スリラー『レコニング』(原題)で製作と主演を務めるかもしれない。同作はジェフ・ロングの来月全米で刊行予定の小説を映画化するもので、ニューヨークタイムズの女性フォトジャーナリストがカンボジアで亡くなった戦士の遺骨を探す過程で超常現象と出会う物語だ。脚本は『レッド・ドラゴン』のテッド・タリーが手掛ける。
「24-TWENTY FOUR-」第4シーズンのように、多くのレギュラー出演者ゲスト化のニュースはファンをがっかりさせるが、ゲスト出演があるだけまだいいだろう。中には降板したためその作品で姿を観れなかったり、最悪製作中止に追い込まれる場合もあるのだから。「セックス・アンド・ザ・シティ」がいい例。降板は残念なニュースだが、新しいキャストやスタッフによって素晴らしい作品になるよう期待するばかりだ。
2004/04/01 ジェリー・オーバック、「ロー・アンド・オーダー」を降板
アメリカの人気刑事ドラマ「ロー・アンド・オーダー」(原題)で12年間にわたってブリスコー刑事を演じてきたジェリー・オーバックが降板することが決まった。オーバックは、キャストの入れ替えが多いことで知られる同番組の中で最も古株だった。どのようなストーリーでブリスコー刑事がいなくなるかは明らかにされていないが、4つ目のスピンオフとなる「ロー・アンド・オーダー:トライアル・バイ・ジューリー」(原題)の方で出演する可能性もあるという。
2004/05/27 キム・キャトラル降板で映画版「SATC」が製作中止
映画化される予定だった「セックス・アンド・ザ・シティ」が、キム・キャトラルの降板によって製作中止に追い込まれた。降板理由はスケジュールが合わないとのこと。主役の4人は、映画版の台本などできあがるまでの一定期間は仕事を入れないことになっていたが、その期間を過ぎても待つように言われたため、キャトラルがしびれを切らしたようだ。キャトラルのスポークスマンはスケジュールが合えば喜んで出演するとコメントをしているが、サラ・ジェシカ・パーカーとの不仲説も再浮上している。製作を延期ではなく中止にしたのは、製作会社がキャトラルの態度に屈しないことを主張するためだとも言われている。
2004/06/04 マイケル・ウィンターボトム監督、新作を降板
すでに新作のサッカー映画『ゴール!』(原題)のためにスペインでの試合と英国ニューカッスル・ユナイテッドの試合の模様を撮影していたマイケル・ウィンターボトム監督が、急遽降板することが明らかになった。降板理由は製作上の意見の相違で、現在代わりの監督は決まっていない。『ゴール!』は、ロサンゼルス出身のヒスパニック系サッカー選手が世界的サッカー選手としてスターダムにのし上がるまでを描く物語で、主人公のサッカー選手には『天国の口、終りの楽園。』のディエゴ・ルナが扮し、ステラン・スカルスゲールドがコーチ役で共演する。映画は『キル・ビル』のローレンス・ベンダー製作総指揮により三部作として製作され、第三部は2006年ワールドカップ・ドイツ大会に合わせて公開される見込みだ。
かつては共演者キラーとして多くの恋愛話を提供してくれたブラピだったが、00年にジェニファー・アニストンと結婚して以来すっかり落ち着いていまい、キャリア面でも勢いがなくなっていた。が、今年久しぶりの大作『トロイ』が公開されるとあって、プロモーションやらゴシップネタなど、ブラピ情報が数多くメディアで取りあげられるようになった。日本にも3度目の来日をはたし、体調が悪いながらも懸命にファンサービスをする姿に、ファンならずとも心を動かされる人も多かっただろう。この勢いに乗って、ブラピ復活か?!
2004/04/08 ブラッド・ピット、英ラジオシリーズのナレーションに
イギリスのBBCラジオで、シンガー・ソングライター、ニック・ドレイクのドキュメンタリーが放送されることになり、この番組のナレーションをブラッド・ピットが務めることになった。ニック・ドレイクは伝説のフォークシンガーと呼ばれ人気を博したが、麻薬の過剰摂取により、1974年に死亡。その死後も、多くのミュージシャンに影響を与えた。ピットは「5年くらい前に彼の音楽を知り、大ファンになったんだ。この企画の話をもらった時、ぜひスケジュール調整して参加したいと思った」と語っている。このラジオ番組は、5月22日から放送される予定。 [4月7日 ロンドン]
2004/04/21 ブラッド・ピット、欠席の多さで賞を獲得
MTVの人気番組「TRL」が発表した第2回TRL賞で、ビラッド・ピットが賞を受賞した。その名も“TRLに一度も出演したことがない大物スター賞”だという。ピットは衛星では何回も番組に出ているが、再三の出演交渉にも関わらず、タイムズ・スクエアにあるスタジオに直接出向いたことがなかった。この賞の受賞を聞いたピットは大笑いした後、5月3日にタイムズ・スクエアのスタジオに行くことを約束した。
2004/04/23 ブラッド・ピット、「禁煙してよかった」
新作『トロイ』でギリシャの英雄アキレスを演じるブラッド・ピットが、役作りのためにタバコを止めざるをえなかったという。筋肉をつけるため、毎日過酷なトレーニングに明け暮れ、タバコはもってのほか。「最初は禁断症状がひどくて、人を殺してでも吸いたい気分だった。まあ、その怒りも役作りに生かせたよ。でも、今となっては禁煙をして心底よかったと思う」とインタビューで語った。
2004/05/14 ブラッド・ピット、『トロイ』のワールド・プレミアへ
ブラッド・ピットが、新作『トロイ』のワールド・プレミアでベルリンを訪れた。会場には、10メートルに及ぶ木馬が作られ、ピットは赤絨毯の上でサインをしたりカメラにポーズを向けたり、熱心にファン・サービスを行った。ピットは「ベルリンに来るのは初めてだ。とてもエキサイティングだよ」と興奮を語った。
2004/05/17 ブラッド・ピット来日中に胃炎でダウン
『トロイ』のプロモーションで来日中のブラッド・ピットが日本時間5月17日に開かれた東京での記者会見開始予定時間に2時間遅れて登場した。理由は風邪からくる胃炎でダウン。ドクターストップがかかり会見出席もあやぶまれた。開始予定時間を1時間半をすぎた時点でエリック・バナをはじめ、ブラッド・ピット以外のキャストとスタッフが先に会見を開始したが、ブラッド・ピットはなかなか現れなかった。フォトセッションの時間になり報道陣が登場をあきらめた頃、ブラッド・ピットが登場。にこやかに微笑むもやはり元気がなかった。その後、彼が単独で記者会見を15分間行い、カメラマンに自らポーズをとるナイスガイぶりを見せた。六本木グランドハイアットに集まった報道陣の数は約1000人。体調不良をおしての報道陣へのサービスぶりに会場から拍手もおこっていた。
『マトリックス』シリーズで人類の救世主を演じたキアヌ・リーヴスは妹や彼の家政婦にとっても救世主的存在なのだとか。また、『パッション』のジム・カヴィーゼルも私利私欲のためより、自らの役のイメージを守るというキリスト顔負けの聖者ぶりを見せた。極めつけは『ビバリーヒルズ青春白書』シリーズのルーク・ペリー。ロンドンで舞台に出演中に起きた事故に冷静に対処し、文字通りヒーローとなった。
2004/05/07 キアヌ・リーヴス、白血病の妹のために家を購入
キアヌ・リーヴスが白血病の妹キムのためにイタリアのカプリ島に家を買ったという。これは、パリで病気の治療を受けている彼女が行き来しやすくするためだそうだ。また、リーヴスは、妹と一緒に住んでいたロサンゼルスの家を出て新しい家に住んでいるが、以前の家はそのままにしてあるらしい。理由は、それまで世話をしてくれたシングルマザーのメイドの職が無くなってしまうから。何もせずにリーヴスからお金を受け取れないと言う彼女のために、空き家の管理をしてもらうということにしたそうだ。
2004/05/19 ルーク・ペリー、ロンドンでヒーローに
ロンドンのウエスト・エンドで『恋人たちの予感』の舞台に出演しているルーク・ペリーが事故に冷静に対処し、ヒーローとなった。事故は舞台の上演中に起きたという。劇場の屋根が突然崩れ始め、観客はパニックに。ペリーは、直接影響を受けていない人から席を立って外にでるよう指示し、スタッフも外に誘導した後、怪我をした人に声をかけて安心させた。約10名が病院に運ばれ、1人が入院したが重傷者はいないという。「ルークが冷静に指示をだしてくれたおかげ」とインタビューされたファンはコメントした。
2004/06/01 ジム・カヴィーゼル、仕事はあくまで純粋に?
『パッション』でイエス・キリストを演じたジム・カヴィーゼルが、高額ギャラのテレビCMシリーズへの出演を断った。この企画は新しい洋服販売のCMで、『パッション』でカヴィーゼルが演じた役のイメージを取り入れたもの。カヴィーゼルはオファーに惹かれはしたものの、「純粋さを保つことを選んだ」そう。「ユーモアがあるのは判るが、映画を見て特別なものを感じてくれた観客を、困惑させるかもしれないからね」と語った。
身体、特に容姿が資本のスターたちにとって、顔の怪我は致命的だ。ケヴィン・スペイシーのような軽傷ならまだいいが、メアリーのような交通事故やユアンのような正体不明の害虫の被害には、本人は勿論ファンの心労も計り知れない。また、スターに精神面でのストレスを与えるストーカーという存在も問題だ。ハル・ベリーのストーカーには拘束命令が出されたばかりだが、行き過ぎた行動はさぞ迷惑なことだろう。
2004/04/22 ケヴィン・スペイシー、携帯を盗まれケガ
オスカー俳優のケヴィン・スペイシーがロンドンで携帯を盗まれ、追いかけようとしてケガをした。スペイシーが土曜日の朝にロンドン公園で犬を散歩させていたところ、携帯電話があるなら母親に電話をしたいと男性が頼んできたという。スペイシー自らが電話をかけ、女性が出たところで男に電話を渡した途端、持ち逃げされたらしい。すぐに追いかけようとしたが、犬につまずいて転び、頭を打ってしまったという。ケガは軽傷とのこと。
2004/05/24 メアリー=ケイト・オルセン、自動車事故
『ニューヨーク・ミニット』(原題)が公開されたばかりのメアリ=ケイト・オルセンが高速道路で自動車事故に巻き込まれたことが明らかになった。オルセンは、自分で黒のレンジ・ローバーを運転中、道路工事の脇を通り抜ける際にスピードを落としたところ、後ろから追突されてしまった。追突した相手はオルセンのボディーガード。周りにはパパラッチの車もいたというが、事故原因とは関係がないという。
2004/05/24 ユアン・マクレガー、虫に刺されて顔が肥大
友人とバイクで世界を周っているユアン・マクレガーが、テントで寝泊りをした際に何らかの虫に刺されて顔が腫れ上がってしまった。同行しているスタッフはカザフスタンで病院に行くように勧めたが、マクレガーはそのまま東トルキスタンまでバイクを走らせたという。東トルキスタンで医者の診断を受けたところ、害のある虫によるものではないことがわかり、二人はバイクにまたがって旅を再開した。
2004/06/01 ハル・ベリーのストーカー男に拘束命令
ハル・ベリーと彼女のマネージャーに、脅迫などのストーキング行為を働いた罪で告発されている元海軍特殊部隊員に対し、拘束命令が出た。グレッグ・ブロウサードは、自分がベリーと結婚する運命にあると信じ込み、ベリーのマネージャーを彼女の父親と思い込んでストーキングを続けていた。ロサンゼルスの高等裁判所に提出された文書で、ベリーは「私にとって他人であるブロウサード氏は、想像上の関係を作り上げ、その脅迫は身の安全を脅かした」と語った。
好きなスターについてはどんなことでも知りたいというのがファン心理というものだ。しかし中には知らなければ良かったことや、近すぎたため迷惑に感じることもあるようだ。例えば、大女優カトリーヌ・ドヌーヴが出版したエッセイ本を読むと、彼女がいかに厚みの無い人間であるかわかってしまう内容になっている。また、ブルース・ウィリスやキャサリン・ゼタ=ジョンズとマイケル・ダグラスは隣人には向かないようだ。そうなると、スターには近づき過ぎないことも大切らしい。
2004/05/06 素顔のカトリーヌ・ドヌーヴはつまらない?
カトリーヌ・ドヌーヴが女優の仕事を始めてから約40年間にわたって書き続けた日記が本として出版される。「イン・ザ・シャドー・オブ・マイセルフ」(原題)というタイトルの本には、毎日の出来事の他、『幸せはパリで』、『インドシナ』、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』などの撮影中の思いなどが書かれている。しかし、評論家のコメントは厳しく、伝説が粉々に崩れたと批評している。「今日は何を買った、今日は喉が痛いなど、つまらない限りだ。あれではマリリン・モンローの方が知的に思える」とコメントしている。
2004/05/26 ブルース・ウィリスの裸は近所迷惑
ブルース・ウィリスの裸が近所迷惑になっているらしい。マリブに住んでいるウィリスは、しょっちゅう裸で自宅近くの海岸を歩いているらしく、隣人などがやめるようにと忠告したという。噂では、ウィリスのポストにかなりキツイ内容の手紙が何通か入っていたとのこと。
2004/05/27 トム・クルーズ、全身の毛を剃る?
トム・クルーズがハリウッドで流行中のボディ・シェイビングをしていると噂が立っている。ボディ・シェイビングとは、全身の体毛をきれいに剃り落としてツルツルにすること。サウナでクルーズと一緒になったという人物は、「髪の毛以外の毛が一切なかった」と言うが、クルーズのスポークスマンはこれを全面的に否定。「トムはそんな流行に流される人物ではない」とコメントしている。
2004/06/03 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、新居に防弾ガラス
キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラスが、新築しているウェールズの家に新たに防弾ガラスを取り付けた。その費用は総額635万ドルだという。この家には子供たちのための広いペントハウスもある他、アメリカから輸入したホットタブや広いバルコニーも設置されているという。しかし、近隣の評判は良くないようだ。「周囲の家に比べ、あまりにも派手で目障り。金にものを言わせて建てることに何の抵抗もない人たち」と近所に住む人は苦々しくコメントしている。
2004/06/04 バーブラ・ストライサンド、訴訟が意外な結果に
バーブラ・ストライサンドが、アマチュア写真家のケネス・アデルマン氏に対し、プライバシーの侵害を訴えていた訴訟で、思わぬ結果を招いてしまった。ストライサンドは、マリブビーチにある自宅の航空写真をウェブサイトに掲載され、アデルマン氏に対し1千万ドルの賠償金を求めていた。ところが結果は、ストライサンドに対し、アデルマン氏の訴訟費17万ドルを支払うよう命じる判決。アデルマン氏は、「このサイトはストライサンドについてのサイトではない。カリフォルニアの海岸についてのサイトで、たまたま彼女が、そのわずかな一部を所有していたに過ぎない」と語った。
最近オスカー女優の出産が相次いでいる。88年『偶然の旅行者』のジーナ・デイヴィス、98年『恋愛小説家』のヘレン・ハント、99年『恋に落ちたシェークスピア』のグウィネス・パルトロー、00年『ポロック』のマーシャ・ゲイ=ハーデン、ケイト・ブランシェットに関してはノミネートのみではあるが、その実力は皆の知るところだろう。演技派として充実したキャリアを気付いてきた彼女たちが、子供を産み育てることにも果敢に挑戦する姿は、現代の若い女性たちのあこがれでもあるだろう。
2004/04/28 ケイト・ブランシェットに男の子誕生
オスカーノミネート女優のケイト・ブランシェットがロンドンで男の子を出産した。名前はローマン・ロバートと名付けられた。ブランシェットは脚本家のアンドリュー・アップトンと1997年に結婚。2人の間には2歳になる長男、ダシエル・ジョンもいる。[ロサンゼルス 4月26日]
2004/05/06 マーシャ・ゲイ・ハーデンに双子誕生
マーシャ・ゲイ・ハーデンに双子の赤ちゃんが生まれた。男の子はハドソン、女の子はジュリエッタ・ディーと名付けられたという。ハーデンと夫の間に既に3人の子供がおり、双子の登場で一気に家族が増えたことになる。スポークスマンによると母子共に健康で、家族は睡眠不足に陥っているものの、みんな元気だという。
2004/05/17 グウィネス・パルトロウ、女の子を出産
グウィネス・パルトロウがロンドンで女の子を出産した。約4400グラムの元気な赤ちゃんは、アップル・ブライス・アリスン・マーティンと名付けられたという。父親となったクリス・マーティンはスポークスマンを通じ、「ものすごく幸せな気分。病院で世話をしてくれたすべての人に感謝をしたい」とのコメントを発表した。パルトロウは出産前のインタビューで、母ブライス・ダナーがしたように、女優を休業して子育てに専念するかのような発言をしており、今後の行動が注目されている。[ロサンゼルス 5月15日]
2004/05/19 ジーナ・ディヴィス、双子で喜びも2倍
47歳になるジーナ・ディヴィスが双子の男の子を出産した。二人はそれぞれキアン・ウィリアムとカイース・スティーヴンと名付けられたという。ディヴィスと夫の間には3歳になる娘がおり、一度に二人の弟ができたことに大喜びしていると発表された。ディヴィスはしばらくの間、母親業に専念するらしいが復帰の予定は明らかになっていない。
2004/05/24 ヘレン・ハント、女の子を出産
ヘレン・ハントがロサンゼルスの病院で女の子を出産した。父親は2001年から交際しているプロデューサーのマシュー・カーナハン。赤ちゃんの体重は約2700グラムで、マケナ=レイ・ゴードン・カーナハンと名づけられたという。マケナ=レイはハワイのマウイ島にある町の名前から、ミドルネームのゴードンは、ハントの父でテレビディレクターのゴードン・ハントから取ったと発表された。
2004/06/02 ジュリア・ロバーツ、双子を妊娠
長い間、子供を欲しがっていたジュリア・ロバーツが双子を妊娠していることが明らかになった。スポークスマンによると、ロバーツは体外受精によって男の子と女の子を妊娠しているとのこと。最近になって煙草をやめたり、ヨガを始めたことから妊娠の噂はあったが、先週まで全否定されていた。出産は来年の初め頃になるという。ロバーツは来週からイタリアで『オーシャンズ12』の撮影に入る予定。
ハリウッドスターといえども、離婚、婚約解消、などの破局はついて周る。その理由も人それぞれで、おしどり夫婦と言われていたジョン・ステイモス夫婦は妻が子供を欲しがらなかったため、オスカー女優ハル・ベリーの場合は夫のセックス中毒が治らなかったのが原因とも言われている。一方ロバート・ダウ二ーJrに関しては、すでに婚約者がいるというから離婚が成立してすっきりといったところか。その他婚約を解消させられたスターや、10代にも関わらず恋より仕事を選んだセレブなどいろいろだ。
2004/04/14 ジョン・ステイモス、離婚へ
「フルハウス」のジョン・ステイモスと『X-MEN』のレベッカ・ローミン・ステイモスが5年半の結婚生活に終止符を打った。「二人で話し合って別れることにした。二人にとって精神的にも大変な時なのでマスコミは我々のプライバシーを尊重してほしい」とスポークスマンを通じてコメントが出された。あるタブロイド誌によると、別れる原因となったのはステイモスが子供を欲しがっていたのに対し、ローミン・ステイモスが産む気がなかったためと報じている。
2004/04/28 ハル・ベリー、離婚を申請
ハル・ベリーが夫のエリック・ベネと別居をしてから半年が経ち、ベリーが正式な離婚申請をしたことが明らかになった。結婚後ベネの数々の浮気が発覚し、2人でカウンセリングに通って結婚生活を守ろうとしたが失敗に終わったようだ。また、ベネは妻が大スターになっていくのに対し、自分の仕事が順調にいかないのをもどかしく思っていたとも報道されている。
2004/04/30 ロバート・ダウニーJr.離婚成立
ロバート・ダウニーJr.と別居中の妻、デブラ・ファルコナーの離婚が成立した。これによって、ダウニーJr.は、婚約者であるスーザン・レヴィンとの結婚が可能になった。ファルコナーとは僅か42日間の交際を経て1992年に結婚。2人の間には10歳になる息子のインディオがいる。[ロサンゼルス 4月27日]
2004/05/13 アシュレイ・オルセン、恋人と破局
アシュレイ・オルセンが、3年間交際をしてきたマット・キャプランと別れたことが明らかになった。キャプランはコロンビア大学のフットボール選手で身長が約188cm。交際だけでなく、約157cmのオルセンとの身長差も話題となり、並んで歩いている写真などがマスコミによく取り上げられていた。スポークスマンによるとケンカ別れではなく、今でも良い友達関係であるという。
2004/05/26 ヒラリー・ダフ、恋人と破局
ヒラリー・ダフが恋人のジョーダン・マスターソンと別れたことが明らかになった。二人とも忙しすぎることが破局の理由だという。「ジョーディは私にとって特別な人で、今でもいい友達よ。タイミングが悪かっただけ。今は何よりも仕事を優先しなければいけない時だと思う」とダフは語った。
2004/05/28 ブリタニー・マーフィ、婚約を解消
ブリタニー・マーフィとジェフ・クワティネッツが婚約を解消したことが明らかになった。元カノのミシェル・デュポンをまだ愛しているという理由からクワティネッツが婚約を解消したらしい。デュポンは現在エイドリアン・ブロディと交際している。
2004/04/30 ニコラス・ケイジ、19歳のウェイトレスと結婚へ
ニコラス・ケイジが『あなたに降る夢』さながらの交際を始め、プロポーズまでしていることが明らかになった。相手の女性は19歳のアリス・キムで、ケイジが友人と食事にいったロサンゼルスの寿司レストランでウェイトレスとして働いていたという。彼女にほれ込んだケイジは、3月のオスカーに彼女を招待し、先日、豪華なダイヤとエメラルドの婚約指輪を贈ったらしい。「アリスは夢かもしれないと思って毎日自分をつねっているわ」と友人は語っている。
2004/05/10 ジェイソン・プリーストリー、恋人にプロポーズ
ジェイソン・プリーストリーがメイクアップ・アーチストの恋人ナオミ・ロードにプロポーズをしたことが明らかになった。スポークスマンによると二人の交際は数年前から始まっており、プリーストリーが大事故を起こした時もロードがずっと支えていたという。結婚式の日取りなど、その他の詳細は発表されていない。プリーストリーにとっては2度目の結婚となる。
2004/05/12 アラン・キング、死去
コメディアンで俳優のアラン・キングが、9日、肺がんのためマンハッタンの病院で息を引きとった。享年76歳。キングは長年、ナイトクラブやテレビでコメディアンとしてキャリアを積み、1950年代の人気テレビ番組「エド・サリバン・ショー」には93回の出演を果たした。後年にはブロードウェイの舞台や映画で性格俳優として活躍した。[5月10日 ニューヨーク]
2004/05/12 ケイト・ベッキンセール、ロスで挙式
新作『ヴァン・ヘルシング』が公開されたばかりのケイト・ベッキンセールが婚約者のレン・ワイスマン監督と結婚式を挙げた。ベッキンセールのウェディングドレスはヴェラ・ウォンによるもので、式はロサンゼルスのベルエアホテルで行われた。親戚や友人などを少人数招いた内輪だけのパーティには『アンダーワールド』で共演したスコット・スピードマンも出席したという。[ロサンゼルス 5月10日]
2004/05/19 トニー・ランドール、死去
「おかしなカップル」でエミー賞を獲得したトニー・ランドールが84歳で亡くなった。スポークスマンによると、長い間わずらっていた病気の合併症が原因だという。詳しい病名は明らかにされていない。ランドールは77歳で初めて子供を授かり、7歳の娘と5歳の息子がいる。最近では、レニー・ゼルウィガーの『恋は邪魔者』に出演していた。
2004/05/28 アリソン・ジャニー、婚約
「ザ・ホワイトハウス」でCJ・クレッグ報道官を演じているアリソン・ジャニーが、交際中の俳優リチャード・ジェニックと婚約した。サンフランシスコで休暇を過ごしていた際、ジェニックがプロポーズをしたという。式の日取りなどは明らかになっていない。
2004/06/01 ミラ・ソルヴィーノ、夏には結婚
36歳のミラ・ソルヴィーノが、ウェイターをしながら俳優活動をしている22歳のクリス・バッカスと夏に結婚式を挙げることが明らかになった。二人は昨年の9月に婚約をしたという。式の場所は南カリフォルニア、またはイタリアのカプリ島との噂があり、ウェディングドレスはジョルジオ・アルマーニがデザインするとも言われている。また、既に妊娠しているとの憶測もあるが、ソルヴィーノのスポークスマンはこれを否定している。
2004/06/02 スコット・ウルフ、結婚
「サンフランシスコの空の下」のスコット・ウルフが交際中のケリー・リンプと結婚式を挙げた。リンプはMTVの「The Real World」の元キャストメンバー。二人はニューヨークに住む友人の紹介で出会ったという。アフリカで新婚旅行を楽しんだ後、カリフォルニアのサンタモニカに新居を構える予定。 
2004/06/02 「バビロン5」のリチャード・ビッグスの死に悲しみの声
1994年から1998年まで放送された「バビロン5」でドクター・フランクリンを演じたリチャード・ビッグスが44歳の若さで亡くなったことを受け、世界中のファンがビッグスのホームページに追悼の書き込みをしている。ホームページによると、死因は動脈瘤または血栓と発表されており、ベッドから起き上がったとたんに倒れたらしい。ビッグスは「バビロン5」のテレビ映画にも出演していた他、「ER緊急救命室」や「NYPDブルー」などのゲスト出演でも知られている。
2004/06/04 デニス・クエイド、婚約
『デイ・アフター・トゥモロー』のデニス・クエイドが交際中のキンバリー・バフィントンと婚約したことが明らかになった。二人は1年前、クエイドのバンドがテキサスで演奏したときに知り合ったという。クエイドにとっては3度目の結婚となる。1度目の結婚は女優のP.J.ソールズと5年で終わっており、10年続いたメグ・ライアンとの間には12歳になる息子のジャックがいる。
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 6月
  4. 9日
  5. ハリウッド・ニュース・ダイジェスト5月