シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
『ゴジラ FINAL WARS』 ケイン・コスギ 独占インタビュー

取材・文:竹内詠味子

俳優として躍進を続けている、ケイン・コスギさん。新たな出演作は、世界でその名を轟かせる大怪獣ゴジラの、50周年作品にして最終作、『ゴジラFINAL WARS』。この大作でミュータント兵・風間を演じたケインさんに話を聞いた。

Q:ケインさんは、子供のころに『ゴジラ』シリーズを見ていましたか?

アメリカの映画チャンネルで、よく昔の映画をやっていて、「ゴジラ」は観ていました。だから、アメリカに住んでいたとき、日本のドラマは全然知らなかったけど「ゴジラ」は知っていました。今回ついに最終作でその「ゴジラ」に出演できて本当にうれしいです。

Q:風間役を演じることになったのは、どういった経緯からですか?

北村龍平監督とは、『あずみ』も『VERSUS』も観ていましたが、いつか一緒に仕事をしたいと思っていて、去年の暮れに、知り合いの紹介で監督と食事する機会がありました。「いつか一緒にできれば」と言っていたのですが、今年の始めに北村監督から「その時が来ました」とメールをもらったんです。「今度、『ゴジラ』でケインにいい役がある」と言われ、すごく嬉しかったです。

Q:ケインさんの演じる風間役について、脚本を読んでどう感じましたか?

今回の役はすごくクールで意地悪で、いつもと少し違うタイプ役です。違う役に挑戦してみたいし、少し悪い感じの役をやってみたいと思っていましたのでこの役はすごく好きですね。最初は意地悪だけど、周りの人のおかげで成長して、最後は皆のためにチームワークを発揮し、大きく変わっていく、そういう変化が好きです。

Q:松岡昌宏さん演じる尾崎真一役と対立しながら、最後には、風間はヒーローになっていきますが、その関係の変化をどう感じましたか? ヒロインの美雪をめぐる対立も感じるのですが。

風間は、尾崎をライバル視して嫌っているけど、ライバルでありながら、本当は尾崎がすごく好きなんです。自分に自信を持っていて、自分のやってきたことは正しいと信じているし、自分は誰よりも強いと思っている。でも一方で、尾崎を強い人だと認めていて、怖れも感じている。その強さに憧れているところもあるんです。撮影に入って1ヶ月くらいしたら、もしかして風間は美雪に嫉妬しているんじゃないか、と思い始めました。監督も、ケインの役は松岡くんの役が好きなんだろう、と言い出して……もちろん、人間的に、ですよ。リハーサルでは冗談で、真ちゃん、なんて呼んだりしましたけど(笑)。でも、風間と尾崎は最後までライバルであり、いい友人なんです。

Q:ミュータント兵というユニークな役柄で、ミュータントといえばハリウッドの『X-メン』ですが、参考にした映画はありますか? また、人間の役とは演じ方が違いますか?

もちろん、人間以上に高く跳んだり、人間のように簡単に倒れないけれど、気持ちは人間と変わりません。『ターミネーター』や『ロボコップ』とは違うし、ミュータントらしい動きより、松岡さんとのライバル意識を気にして演じました。北村監督の風間のイメージは『トップガン』のアイスマンで、それを聞いて、『トップガン』を何回も見ました。トム・クルーズとヴァル・キルマーのコンビネーションが、今回の映画に少し似ています。シャープな感じを作るため、2ヶ月前から役作りをして、人生で初めてダイエットしました。もともと体脂肪率が少なく、体重を落とすのが大変ですが、3週間くらい炭水化物をあまり取らず、あとは通常通りトレーニングをやって3キロほど落としました。撮影に入ったときは久々に軽い感じでしたね(笑)。

Q:VFXを駆使したシーンもあると思いますが、ケインさんは、ライブアクションとVFX、どちらがやりやすいですか?

ブルーバックでエビラと闘ったときは、どこがエビラなのかわからない!ということもありました。これまでも見えない怪獣と何度か闘ったことがあるし、そんなに難しくはなかったですが、やっぱり、実際に人とやるほうがやりやすいです。でも、ブルーバックで演じて、それをVTRでチェックするとエビラがいて、「あ、あの辺がエビラだったのか!」って判ると面白いですね。銃撃シーンのVFXは、弾が見えないしスピードも判らなくて、何回もこう、シュオ~って…(マトリックス風のアクションで)こんな風にやりました(笑)。

Q:これまでのゴジラとはテイストが違う作品ですが、どんなところに注目したらよいでしょう?

まず、ゴジラの動きが全然違うこと。北村龍平監督なので、ゴジラまでアクションがすごい。映画全体のペースが、すごく速いと思います。次々にアクションが出てきて、最初から最後までリラックスさせません。その中に色々なキャラクターがいて、それぞれのストーリーがあります。アクションも見てほしいけど、演技も見てほしいですね。格闘家のドン・フライさんも出演していて、皆さんそれぞれ個性があり、現場もいいコンビネーションでしたから、ぜひ、そこを見てほしいです。

今年30歳になったケインさん。節目の年に、この作品で大きなステップを踏み、「ますます頑張らなくちゃ」と、笑顔の奥に引き締まった表情を見せてくれた。

ケイン・コスギ公式サイト:http://www.kanekosugi.com/

『ゴジラ FINAL WARS』は12月4日より全国東宝系にて公開。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 12月
  4. 3日
  5. 『ゴジラ FINAL WARS』 ケイン・コスギ 独占インタビュー