シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『深紅』内山理名、水川あさみ単独インタビュー

取材・文・写真:FLiXムービーサイト

野沢尚原作の『深紅』が、内山理名と水川あさみの2人の共演によって映画化された。ともにテレビ「美少女H」で共演していた2人だったが、それから5年以上経ち、再び共演となった本作では、内山も水川も女優としての大きな成長をみせた。取材に現れた、内山理名は、一言一言慎重に考えながら、水川あさみは、けらけらとよく笑いながら仲良くインタビューに応じてくれた。

■過去に「美少女H」で共演

Q:お二人は「美少女H」というドラマで同期ということでしたが、そのときから、この映画が決まるまでかなり歳月が経ちました。共演することが決まっていかがでしたか?

内山:わたしは先に原作を読んでいたんですけど、水川さんだったらミホを上手に演じられるんじゃないかな……って、思ったよ(水川に笑いかけながら)

水川:えー。今、眼が泳いでたよー(笑)。ほんとに?

内山:ほんとに! なんか本人を前にして言ったの初めてだったから恥ずかしかっただけ。「美少女H」のときって、みんなで頑張って女優になろう! という雰囲気があったんですけど、お互い女優業をやってきて、こうやって映画が一緒にできたことはほんとうに、うれしかったんです。

水川:わたしもまさか共演できることになるなんて思ってなかった。

Q:初めてお会いになられたときは、まだお互い十代でしたが、今はお2人とも、とても素敵な女性になられて、またお互いの印象は変わりましたか?

内山:水川さんとは「美少女H」以来ずっと会ってなかったんですが、テレビではよく見ていて、とても気になる存在だったんです。水川さん自身の性格は、いい意味で変わってないところもたくさんあると思いますが、雰囲気がすごく大人っぽくなったと感じました。

水川:わたしも、内山さんは、「美少女 H」の時に着ていたオーバーオールのイメージが強かったんで(笑)……大人の女性になったなって思いました。

■夫の暴力に絶える女

Q:とても切ない物語を演じながら、ほんとうに悲しいなって感じたシーンはありますか?

水川:いっぱいありますね。もちろん最後のシーンもそうですが、ミホに関して言えば、夫に暴力を振るわれていて、その彼を殺すことを決意するまでの心情の変化は、とても悲しいと思います。

Q:内山さんは心に重い傷を背負ってPTSDという病気と闘いながら生きる女性を演じられました。家族を殺した犯人の娘と憎しみを隠しながら仲良くなっていく過程を演じるのはとても大変だったと思いますが、難しかった点はどこですか?

内山:そうですね。自分の本当の気持ちを隠しつづけるという演技が一番難しかったです。今でも、出来上がった作品を観て、ここはこうすればよかったな……とかよく考えてしまいます。親が惨殺されたことを隠して、「普通」に生きる。この「普通」が難しくて。「普通」ってなんだろう……と、すごく悩んで、答えを見つけることが大変でした。

■気分転換はマッサージで!

Q:シリアスな役を演じていると、暗い気持ちになってしまわれることもあったかと思いますが、撮影中の気分転換はどのようにしていましたか?

水川:マッサージに行ってました!

内山:偶然同じ所に行ってたんですよ!

水川:お店の人に「昨日、内山さん来ましたよー(笑)」って……。

内山:「水川さん来ましたよー」って(笑)。それから、2人で同じように深い演技に挑戦していたので、お互い話しあったり、相談しあったりしたこともストレス解消になったんじゃないかなって思います。

■女同士のキスシーン

Q:お二人のキスシーンもありましたが、それだけ仲がいいとあんまり抵抗は無かったですか?

内山:うーん。なんか不思議な感じでした。

水川:わたし一回間違えて、唇外しちゃって(笑)。

内山:でも、難しかったと思うんですよ。わたしは水川さんがキスしてくるのを待ってるだけでよかったんですけど、水川さんは自分からしなきゃいけなくて。

Q:内山さんは塚本高史さんとのキスシーンもありましたがどっちが緊張しましたか?

内山:塚本さんとのシーンは、撮影に入って2日目ぐらいだったんで周りのスタッフの方たちもけっこうバタバタしていて……わたしもいっぱいいっぱいだったので(笑)緊張っていうのはあまりありませんでした。ただ、水川さんとのキスシーンは、撮影も最後のほうで感情も入りやすかったのでとても自然に出来ました。

Q:キスの相手が同性ということで、なにか気をつけたことはありましたか?

水川:あめとかなめていました(笑)。

内山:女性同士だともう逆に気を使っちゃって(笑)。

水川:考えることとかたぶん似てるし。口臭を気にしました(笑)。

■頭に焼きつくチェーンソーの音

Q:実際の事件のシーンと、2人のその後は、撮影自体も別々に撮られていたと思うんですが、完成後の映画を見てどうおもわれましたか?

水川:2人のシーンは、話し合いながら実際の事件に関して想像しながらやっていたんです。

原作がすごく壮絶だったのでここまでやらないだろうなって、思っていたんですが、実際見てみたら結構……すごくて。自分の映画なのに観るのが、つらかったですね。わたしは妹と一緒に見ていたんですけど、チェーンソーの音が頭に焼きついて離れませんでした。

Q:これから映画を見る方にメッセージをどうぞ

内山:野沢さんのファンにはもちろん、若い女の子2人の友情の話でもあるので、若い方たちに、友達と一緒にみてもらいたい映画です。暑い夏が終わった後、この『深紅』でまた暑くなってください(笑)。静かな感動が待っている映画なのでぜひ観てください。

水川:小さな希望の光が差す映画です。たくさんの方に見に来ていただきたいと思います。

映画では、家族を惨殺された娘と、犯人の娘というシリアスな役柄を演じていた2人であったが、インタビューでキスシーンの話になるとキャーキャーおしゃべりに花を咲かせている様子を見て、映画とのあまりのギャップに驚かされてしまった。しかし、逆にそのギャップこそが2人の持つ演技力の証明のように感じられた。

『深紅』は9月17日より渋谷シネ・アミューズほかにて公開。

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 9月
  4. 9日
  5. 『深紅』内山理名、水川あさみ単独インタビュー