シネマトゥデイ

勝地涼
『幸福な食卓』
男の人は女の人に転がされているほうがいいと思う
『幸福な食卓』勝地涼 単独インタビュー

取材・文:鴇田崇 写真:シネマトゥデイ

女性を中心に幅広い読者層から圧倒的な支持を受けている、気鋭の作家・瀬尾まいこの「幸福な食卓」が映画化された。ある事件をきっかけに崩壊の道をたどった家族の再生への道のりを描く本作で、『亡国のイージス』で強烈な存在感を見せた勝地涼が、これまでの硬派なイメージとは一転して、さわやかでポジティブ志向の若者を好演。作品についての感想やテーマなどさまざまな話を聞いた。

■普通に一観客として観ていて泣いた

Q:『幸福な食卓』の原作あるいは脚本を読まれた感想はいかがでしたか?

『幸福な食卓』の内容はかなり繊細だったので、『幸福な食卓』っていう題名のわりには、出だしは「あれ?」っていう感じでしたね(笑)。でも、読み終わったあとに温かい気分になりました。

Q:そのとき、勝地さんが演じられた大浦勉学(おおうらべんがく)という役は決まっていたのですか?

はい。自分が演じた大浦勉学は明るいし前向きで、(北乃)きいちゃんが演じた佐和子も前向きで周りの人を明るくする女の子だったので、観ているお客さんに「大浦勉学って本当にいいやつだね、憎めないやつだね」って思ってもらえないと、何も響かないだろうと思いました。

Q:佐和子役の北乃きいさんとの初共演の感想はいかがでしたか?

彼女にとっては初めての映画で、すごく緊張しているって言ってたんですけど、本当に堂々としていて、すごいと思いました。演技でもセリフに佐和子の思いを込めて演じてくれたので、佐和子と勉学でいる関係がだんだん気持ちよくなって、楽しくなっていきましたね。僕は緊張すると自分のセリフでいっぱいいっぱいになったりするんですけど、(きいちゃんは)「何なんだこの余裕は?」というぐらい落ち着いていました。

Q:物語の中心となる中原家と離れて、勝地さんはほとんど別撮りだったわけですが、完成版をご覧になった感想は?

自分が出ていないシーンは、とても楽しみにしていました。物語は家族の再生だったりするので、普通に一観客として観て泣いちゃいましたね(笑)。やっぱり家族っていいなぁと。

■大浦勉学は純粋にいいやつ

Q:『亡国のイージス』『この胸いっぱいの愛を』など硬派な役が続いていましたが、今回はちょっと違いますね。

そうですね。女の子との恋愛するような物語は本当に少なくて、どちらかというと戦争ドラマとか心に何かを抱えているキャラクターや虐待されるというような役が多かったので、今回のようなヒロインが悩んで、それを包み込む役は新鮮でした。大変でしたけど、楽しかったですね。「佐和子にこう思われるためにはどういう演技をしないといけないんだろう?」とかいろいろ考えながら演じました。たとえば、彼女のセリフに「大浦くんっていいよね」っていうのがあるんですけど、どうしたら本当にそう思ってもらえるのかなぁと考えていました。

Q:佐和子の家族である中原家にはそれぞれ悩みがありますが、大浦勉学にはどんな悩みがあると思いますか?

「勉学には悩みはない」と思って演じていました。勉学は常に前向きだし、そもそも悩みを悩みとも思ってないというか、「おれんち、家族が崩壊しているんだ」とか言いながらね(笑)。とにかく、何事にも前向きなキャラクターですね。

Q:大浦勉学は10代なのにとても大人っぽいですよね。恋愛も含めて、何でも分かっているような感じですね。

ある意味純粋で、ある意味大人びているんですよね。でも、それを一生懸命考えているからこそ、彼がほほ笑ましくなるっていうか、彼のやることひとつひとつに“彼だから”って納得してもらえるというか(笑)。映画を観ていただければ、彼の人柄がしだいに分かっていくと思います。ああ、なるほどねって(笑)。

Q:同性からみて、勝地さんは大浦勉学という男にどんな魅力を感じましたか?

まぁ、若いからこそ、あそこまでとことんできるんでしょうけど、逆に今はそういう人が少なくなっているかもしれないですね。打算的だったり、こう思われたら嫌だなって思いながら言葉を選んでいたりとか、こういう風に思ってもらいたいなとか、ちょっと裏を考えてしまうような恋愛の仕方だったり、人との関係だったりが多そうじゃないですか。大浦勉学はその反対の位置にいるような人間なので、ああ、いいなって純粋に思えました。

■男の人は女の人に転がされているほうがいい

Q:勝地さんは男として、どういう生き方がカッコいいと思いますか?

どうですかねー(笑)。いろいろと気を使って生きるのも大変だと思うし、逆に自分の考えとか頑固すぎてもいけないと思います。これだっていうものに真っ直ぐ突っ走って行けたほうがいいのかもしれません。それを女の人が「はいはい」って見守ってくれるような。男の人が偉そうにしているわけでもなく、女の人も支えているだけというわけでもない感じがいいですね。男の人は女の人に転がされているほうがいいと思います。その意味では自分が演じた大浦勉学もすごく純粋だし頑固でもなく、佐和子と勉学の関係はまさに自分の思っている“カッコいい生き方”でしたね。

Q:勝地さんにとって俳優のお仕事は突っ走って行ける対象ですか?

このままやっていくべきなのか、やっていく上でどうすればいいのか、いろいろ悩んだ時期もありました。20歳は人生っていうか男としてもこれからだし、自分の持っている力を全力で出そうと思って突っ走って行けますもんね。

Q:演じるにあたって、勝地さんはどのように役を掘り下げていますか?

台本を読んで役の気持ちを考えたり、自分なりにイメージを膨らませたりしますね。自分にいろいろな人生経験があれば、もっと幅が増えるのかもしれません。だからベテランの俳優さんはどんなこと考えながら台本を読んでいるのか、聞いてみたいですね。

■何となく時間を共有できる関係性こそ最高

Q:俳優というお仕事をやられていて、どんな役が演じていて一番楽しいと感じますか?

そうですね……。どの役も演じていて楽しいんですけど、大浦勉学みたいに悩んでいる人のそばにいる人っていうのも楽しかったですし、ほかの作品で悩んでいる人の役も楽しかったです。でも、普通の男の子の役が一番難しかったですね。これからもいろいろな役をやりたいです。自分からかけ離れた役は楽しいでしょうね。たとえば、殺人犯とか(笑)。日常では味わえないストーカー役とか(笑)。

Q:今回の『幸福な食卓』で勝地さんが演じられた大浦勉学のどんなところを観て欲しいですか?

愛すべきキャラ、愛されるキャラ、憎めないやつって思ってもらいたかったので、それを感じていただけたらと思います。テーマは“家族の再生”なので、佐和子に大切なことを気付かせてあげたりとか……自分ひとりじゃなく、キャストやスタッフの皆さんと一緒に作った映画なので、全体を観て欲しいですね(笑)。

Q:最後に、勝地さんにとっての“幸福な食卓”とは、どんな状態を指すのでしょうか?

自分が小学生のころは家族と一緒にご飯を食べたりする時間がありましたけど、だんだんそういうのがなくなってきたと思います。みんな忙しいし。だから、たまに会えるその時間だけでも、大切にしたいですね。それだけじゃなく、「元気?」の一言だったり、メールでもいいし、家族を思う気持ちを忘れずにいたいです。「食卓でメシを一緒に食べる」っていう形式的なことだけでなくて、何となく時間を共有できる関係が最高だと思うんです。それは家族だけなく、友達関係でも。『幸福な食卓』では、そのあたりも感じていただければうれしいです。

数々の超大作や話題作で共演者を食うほどの存在感をアピールしてきた勝地涼。インタビュー現場に現われた彼は映画で観る勝地涼そのものの魅力を放っていた。それは仕事に対するストレートな姿勢からきていると改めて感じた。しっかりした考え方、話し方で作品のこと、仕事のこと、自分のことを語る彼を見ていると、今後間違いなく日本映画界を背負う俳優に成長するだろうと確信した取材だった。

『幸福な食卓』は1月27日より東劇ほかにて公開。

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク