シネマトゥデイ

 

今週のクローズアップ ビヨンセ・ノウルズ

 週末に公開される話題の映画の中から、気になる人物をご紹介します。今週は、2月17日公開の『Dreamgirls』から、あのダイアナ・ロスをモデルにした女性歌手ディーナを演じた、ご存知、世界の歌姫、そしてゴージャス・セレブ代表のビヨンセをクローズアップします。まさに世界中の女性達からの憧れの的、デスティニーズ・チャイルド、そしてソロ・シンガーとしても大成功を収めているビヨンセ嬢から、夢を掴むためのコツを学んじゃいましょう!
その1:Active
歌うばかりが仕事じゃないのよ! 何にでも挑戦するべし!

 シンガーとしてはグラミー賞も獲得するほど大スターのビヨンセ。でも、その圧倒的な歌唱力だけでここまで上りつめたわけではありません。デスティニーズ・チャイルド時代からも作詞作曲にプロデュース業までみずからこなしていたビヨンセ。
最新アルバム『B’Day』の制作時には、音楽に対する情熱から大物プロデューサーたちをスタジオに缶詰にし、あおりにあおりまくったというコワーイ伝説を残した彼女はまさにパワーウーマン。


またファッション・リーダーとしての地位も確立している彼女は、ついにママのティナと一緒にファッション・ブランドも立ち上げて、瞬く間に立派なビジネス・ウーマンとなりました。さらには、幼なじみのケリー・ローランドとハリケーン・カトリーナの被災基金“サヴァイヴァー財団”を設立するなど、とにかく思い立ったらすぐに、いろんなビジネスに果敢に挑む彼女。夢実現にむけてまっしぐらな行動力が夢への第一歩かもしれません!

 
<どっからでも、かかってきなさいっ!>
James Devaney/WireImage.com
その2:Love
恋も仕事もしっかりゲット! ダーリンの愛をエネルギーに変えるべし!

 ビヨンセのダーリンと言えば、ヒップホップ界の“キング”ことジェイ・Z。ビヨンセにとっても初のゴシップとなった彼との交際も、今では家族公認どころか世界中が公認の仲。とはいっても、公の場に2人で現れるくらいであまり多くを語らないのがビヨンセ流。交際当初はとにもかくにもジェイ・Zがビヨンセにメロメロでツアー先にまで来てしまったなどは様々なうわさが飛び回りましたが、プライベートに関してはインタビューでもさらっとかわしてしまったり、なかなか真相はつかめず・・・。それでもぽろりとこぼれる“アーティストとして尊敬している”なあんてセリフが、2人のアツアツぶりを象徴してます。


愛し、愛されているダーリンと一緒に、数々の大ヒットを世に生み出しているビヨンセ。愛するカレのためならやる気もいつもの2倍、3倍となって、もっと大きな夢もつかめるかも!

 
カレの友だち、とも仲良くしなきゃね!(写真右:リュダクリス)
Jeffrey Mayer/WireImage.com
その3:Family & Friends 家族・そしてやっぱり大切な仲間を持つべし!

 ビヨンセの家族と言えば、ママは昔からデスチャの衣装を手掛けるなど経て、先にも述べた通り一緒にブランドを設立。そしてパパは、昔からずーっと彼女たちのマネージャーとして活躍しているお方で、初代デスチャ・メンバーをクビにした張本人といううわさもある鬼マネージャー(?)。


そんなパパのお眼鏡にもかなったビヨンセのお友達と言えば、もちろん彼女とスターダムに昇りつめたデスティニーズ・チャイルドのお仲間。小学生でグループを結成し、その後何度かメンバー・チェンジがありつつも最後まで共にしたケリー・ローランドとは文句なしの無二の親友! そして新メンバーのミッシェルもまた、家族のような関係だとか。そんなビヨンセがお友達に選ぶ条件とは、“とにかくスマートな人たち”そして、“自分を向上させたいと思わせる人たち”だそう。しっかりと自分を持っている彼女だけに、周りにいる人たちも健全でハイ・クオリティな方々でなきゃってことみたい。夢を掴むためには、こうした支えてくれる人達のクオリティも重要ってことですね!

3人で歌ってるときが一番幸せ!
Steve Granitz/WireImage.com
その4:Confidence(自信) 自信を持って立ち向かっていくべし!

 超ゴージャスなルックスの持ち主であるビヨンセですが、この『ドリーム・ガールズ』では何と9キロものダイエットに成功! が、“ダイエット前のスタイルの方が自分らしいし落ち着く”と今やすっかり体重を戻したそう。


シングル「Ring the Alarm」のPV撮影では大きなアザを作って体当たり勝負と、何に対しても自分に誇りをもって貫いていくその懸命さが、夢をつかむための最重要ポイントなのかも。“大切なのは自分らしくあること”、“次は何をやってくれるのかと期待されるアーティストになりたい”と宣言出来るのも、その確固たる自信から生まれた発言なのでしょう! でも、そんなビヨンセにも“将来的には家庭と子供を持ちたい”という普通の女の子発言も。とは言え、その前には“オスカーやトニー賞を獲って・・・”と付いてしまうあたり、夢に向かって突進していく“ドリームガール”そのままの生き方をしているようです!

<超ゴージャスなビヨ様です!>
文:浅野ミレイヤ麗 構成:シネマトゥデイ編集部

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク