シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

 

今週のクローズアップ ザック・エフロン

週末に公開される話題の映画の中から、気になる人物をご紹介します。今週は、10月20日公開『ヘアスプレー』のザック・エフロンをクローズアップします。ディズニーチャンネルのテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』で一躍トップアイドルになったザック! アメリカンギャルもメロメロのキュートな笑顔に隠された、ザックの男版シンデレラストーリーです!

超キュートな全米のアイドル! ザック・エフロン誕生!

 今アメリカ中のティーン雑誌のカバーを飾っている、ザック・エフロンは、1987年にカリフォルニアで生まれました。両親は、とっても厳しくて、小学校のころは学校から帰ると、宿題を済ませて、ご飯を食べ……それからやっと大好きなTVゲームがやれるという生活だったそう。そんなザックは小さい頃から、歌うことが大好きだったそうで、毎日のように、家のバスルームや、リビングで歌っていました。11歳になったある日、家族でドライブ中、ラジオから流れてくるサード・アイ・ブラインドの「ジャンパー」に合わせて、ザックが歌っていると、突然両親に、「ピアノのレッスンでも受けてみたら?」と勧められました。しかし11歳の男の子の彼は「はあ!? そんなバカみたいなことしたくないよ!」と返事をしたそうで……。


 その会話はすぐに終わりましたが、両親はその時、ザックが持つ才能に気付いていました。そんな両親の勧めによって、彼はピアノのレッスンを受け始め、スーパースターの道を一歩踏み出したのでした。

 

John Sciulli/WireImage.com
スターになるぞっ!

ミュージカルに目覚めた、10代! だけどダンスには自信がないんです……!

 ピアノを習い始めるとすぐに、ミュージカル劇団に所属したザックは、舞台の楽しさに夢中になります。とはいえ、本人としては“舞台に立つ”ことが楽しかったというわけではなく、「舞台に立っている、ほんの30分よりも、舞台裏で走り回ってるほうが楽しかったんだよ!」と舞台裏で共演者の子どもたちとはしゃぎまわることが楽しかったみたいです。いくつもオーディションを受けて、小さな役柄から、少しずつステップアップして、役がどんどん大きくなっていくと負けずキライな性格も効を奏して、ショービジネスが楽しくなってきたのだそうです。そして、何とおおよそ90もの舞台に立ったザックは、いつの間にか、“スター”を目指すようになったのです!


 10代のときに積み重ねた、舞台の経験から“第2のジョン・トラヴォルタ!”なんて言われるほど!来日したときのインタビューでも「ぼく、踊りは全然得意じゃないから!」と話していたザック。歌はとっても自信があるそうですが、ダンスには自信がないとか……。あんなに歌って踊れるのに! と突っ込まれると、「あれは、ダンスが上手に見えるように撮ってるだけだよぉ」なんて照れていたのでした。

 

Jemal Countess/WireImage.com
ほんとは、いや~!!

そして人気が大爆発! 「ハイスクール・ミュージカル」で大ブレイク!

 15歳のとき、『ミラクル ラン』(原題)という映画で自閉症の男の子を演じたザックは、その年のヤング・アーティスト・パフォーマンス賞にノミネートされましたが、ブレークしたわけではありませんでした。そんな彼に、大チャンスが訪れたのは3年後。運命のテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』と出会ったのです! ディズニーチャンネルで放映された『ハイスクール・ミュージカル』は、2006年に放映されて以来、大・大・大反響を呼び、テレビ界の伝説となるほどのヒットを巻き起こしました。『ハイスクール・ミュージカル』は、バスケットボール部のキャプテンが、転校生の女の子と恋に落ちて、ミュージカルに挑戦する! なんてとってもベターなストーリーですが、歌いまくり! 踊りまくりの楽しいノリに、アメリカ中の子どもたちが大興奮! サントラ盤は、怒とうの勢いでバカ売れし、何と全米ツアーまで行なわれるほどの人気で、主役のザックは一夜にして、雑誌のカバーを飾る大スターとなったのでした。


 ちなみに、ザックはこの「ハイスクール・ミュージカル」で、大切なガールフレンドとも出会いました。ザックの彼女は、ガブリエラを演じたヴァネッサ・アン・ハジェンズ。悲しいコトに、彼女のヌード写真が流出してしまうというスキャンダルがあり、深く傷ついたザックですが、そんなことで別れるような小さい男じゃありません! 愛を貫くザックをみんなで応援しましょう!

Steve Granitz/WireImage.com
HSMのキャストとは、いつでも仲良しさっ!

『ヘア・スプレー』で演じるリンクは、はじけまくりの男の子!

 今や、アメリカ中の女の子たちが恋しているザックが、「ハイスクール・ミュージカル」に続いて出演したのは、ミュージカル『ヘア・スプレー』! カルト映画の監督で有名な、ジョン・ウォーターズ監督が作った1988年公開のミュージカル作品を楽しく、さらにポップにリニューアルした本作は、『ハイスクール・ミュージカル』に負けないくらい楽しい作品になっています。本作でザックが演じるのは、主人公の女の子が大好きなテレビ番組「コーニー・コリンズショー」の人気者リンク。トレードマークのサラサラヘアーを、リーゼントでガッチリ固めたザックが、ブラウン管の中でパチッとウインクすると、女の子たちが「ギャ~~~~~~~~~~~~~~~!」って悲鳴をあげちゃう。 そんなところは、どこにいっても黄色い大歓声で迎えられるザックと、まるで同じですね。中でも、ザックがノリノリで歌いまくるナンバー“LADY’S CHOICE”は、思わず踊りだしたくなっちゃう楽しい曲! リメイク用に新しく追加されたオリジナル曲なので、劇場に行ったらぜひぜひチェックしてみてください!


 本作でも、プレスリー並みに踊りまくったザックですが、インタビューでそのことをほめられると、またまた「いや……、ほんとに下手っぴだから……」と照れてしまったザック。「ボクがかっこよく見えるように、監督が撮ってくれただけだよ!」なんて言っていますが、2009年には伝説のダンス映画『フットルース』のリメイクにも主演が囁かれているザック! あなたは、正真正銘の“歌って踊れるスター”です!


TM & (C) MVII New Line Productions,Inc.All Rights Reserved.
ノリノリだぜ! BABY!

文・構成:シネマトゥデイ編集部

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク