シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
豊川悦司&瀧本智行監督
『犯人に告ぐ』
カメラ目線で演技するシーンはドキドキしました
『犯人に告ぐ』豊川悦司&瀧本智行監督 単独インタビュー

取材・文:福住佐知子 写真:秋山泰彦

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

幼児誘拐事件の捜査に執念を燃やす巻島刑事の活躍を、大胆な着想と緊迫感あふれるタッチで描いた人間ドラマ『犯人に告ぐ』。本作で主演した豊川悦司と瀧本智行監督に、撮影中のエピソードや作品への思いを語ってもらった。

■中年男のリアリティーを追及

Q:おふたりは『犯人に告ぐ』の原作と、どのように出会ったのでしょうか?

監督:発売当初、単行本になって出版されたときに、何となく手に取ったのが出会いでした。

豊川:僕は映画化の話があって、シナリオから先に読みました。だから原作を読んだのは、かなり後になってからですね。

Q:豊川さんは、初めての刑事役だそうですが、巻島史彦という人物像を、ビジュアルを含め、どのように分析して役作りされていったのでしょうか?

豊川:まず、何となく最初のイメージでは、中間管理職の中年男のリアリティーじゃないけれど、彼らが抱えているいろんな矛盾みたいなものをどういう表情で出そうか、そんなことを考えましたね。

Q:監督は豊川さんに抑制した演技を求められたそうですが、監督から特別な指導はあったのでしょうか?

豊川:そうですね。最初にシナリオを読んでお話させていただいたときに、キャラクターとか映画のコンセプトについてのお話を聞いていたので、現場では細かい指摘はなくて、リズムや間合いなどの具体的な演出の方が多かった気がします。

監督:豊川さんが役を捕まえていらっしゃるな、と思ったのが、豊川さんの出番としては2日、3日目くらいの、テレビ番組の中で犯人に訴えかけるシーンで、僕の中ではまだ手探りな部分があったんです。でも、あのシーンを演じている豊川さんを見て、“いける! 巻島が目の前にいる”という気分に自分がなったので、後はもう何も言うことはないという感じでしたね。

■カメラ目線にドキドキ

Q:豊川さんがテレビに向かってカメラ目線でずっと語りかけているシーンをドキドキしながら観ていたのですが、豊川さんはどんな心境で演じていたのでしょうか?

豊川:僕もドキドキしながらやっていました(笑)。カメラ目線での芝居ってほとんどないんですが、アングルを変えて何回も見続けているわけですから、結構緊張しましたね。テレビの生とか、司会をやられている方って、本当にすごいと思いましたよ。

Q:捜査中の鋭いまなざしとか鬼気迫る演技が素晴らしかったのですが、どのシーンが印象に残っていますか?

豊川:ロケーションがすごく良くって、このロケーションでこのシーンをやるのか、と思うと気持ちよく入れました。役者の配置もとても興味深かったです。2人とか5人、6人、多ければ10人単位のシーンとかがありましたから、立体的な映像が撮れて、面白い映画になるんじゃないかなって、現場にいて強く感じましたね。

Q:監督は現場ではどのように皆さんを見ていたのでしょうか?

監督:僕の考えでは、監督っていうのはキチッとした脚本をライターの方に作ってもらって、それに応じてキャスティングをする……。そこまでが演出の大きな仕事だと思っていますので、自分の思う人をひとりひとり思うようにキャスティングできたので、あとは、セリフの強弱であったり、間であったりの演出ですね。

Q:犯人と接触するシーンで雑踏の場面がありましたが、どのように撮影されたのでしょうか?

監督:冒頭の新宿のシーンは、撮影の許可が下りないので、盗み撮りという方法を取りました。普通の人たちが歩いている中で俳優さんたちになじんでもらって、遠くから望遠レンズでドキュメンタリーのように撮っていました。横浜のカウントダウンのシーンでは、12月31日に俳優さんは入れずに実際の風景だけ撮って、後で編集しました。

■男臭い現場とリアルなキャラクター

Q:豊川さんの脇を固める方も個性的な俳優さんたちが多かったのですが、共演者の方とのエピソードはありますか?

豊川:現場はホントに毎日男臭くて、柔道部の部室みたいな感じでしたよ(笑)。早く終わんないかな~と思っていました(笑)。僕、45歳なんですけれど、最近は若い俳優さんたちと仕事をすることが多くなってきたんです。でも今回、久しぶりに年上の俳優さんたちと仕事ができました。ほかの人の芝居を見るのが楽しかったです。

Q:豊川さんは最近、明るいキャラクターを演じられることが多かったですが、今回の役はいかがでしたか?

豊川:巻島の役が特に暗い役とは思いませんが、子どもが亡くなる事件がらみということで、かなりしんどいところがありました。この映画は、人間のきれいなところと醜いところがとてもリアルに描き出されているので、一級のエンターテインメント作品に仕上がっていると思います。

Q:最後に映画を観る人へのメッセージをお願いします。

監督:最近、日本ではハードボイルドタッチな映画というのが少なくなっていると思います。そのことを個人的にとても寂しく思っていて、香港映画なんかを観に行っていたんです。僕のように思っている方がたくさんいると思うんです。そういう方たちにぜひこの映画を観ていただきたいですね。

豊川:2時間弱、息をもつかせぬスピードで、どんどんドラマが進行していきます。絶対に満足していただける自信がありますので、ぜひ劇場の方にお越しください!

豊川悦司という俳優はスターとしての華があり、さらに男の色気を持ち合わせた最強の俳優だ。インタビュー部屋に現れた豊川は、最近沖縄で別の映画の撮影をしていたため真っ黒に日焼けし、ワイルドな魅力も加わっていた。今回の『犯人に告ぐ』では、巻島史彦というやり切れない心の闇を抱えた男が、挫折から再生する姿を繊細(せんさい)に演じ切っている。特に、カメラ目線で犯人に語りかけるシーンでは、豊川の鋭い眼差しに魅せられるに違いない。

『犯人に告ぐ』は10月27日より新宿シネマスクエアとうきゅうほかにて公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク