シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

 

今週のクローズアップ / 次世代アクターを探せ!

2007年『トランスフォーマー』で一躍若手俳優のトップに躍り出たシャイア・ラブーフ。彼のような、次世代アクターを2008年公開作の中からクローズアップします。ジョニデもキアヌもいいけれど、若くて爽やかな俳優を今から要チェックしておきましょう!

シャイア・ラブーフ as インディの相棒役? 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(原題)

 2007年、若手俳優の中から一気にブレークした人といったら、シャイア・ラブーフでしょう!1986年6月11日、アメリカ・ロサンゼルス出身の現在21歳。フランス人の父と、ユダヤ系の母の間に生まれた一人っ子。2007年公開『トランスフォーマー』でコミカルな演技と必死に走りまくる姿が印象的だったシャイア。もちろん、“スティーヴン・スピルバーグの秘蔵っ子”という肩書きは絶大!


 そんな彼は、貧しい家庭で育ち、俳優を志した最初の理由も“経済的理由”だったとか。芸能界への早道はモデルかスタンダップ・コメディアンと聞いた彼は「このルックスではモデルにはなれない……」と迷わずスタンダップ・コメディアンとして10歳から地元の舞台に立ったのです。その後、ディズニーチャンネルの司会などでキャリアを積み重ね、『コンスタンティン』ではキアヌ・リーヴスの相棒役、『ボビー』『ディスタービア』『トランフォーマー』と着実にキャリアアップ。そして、2008年6月21日公開の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』ではハリソン・フォードと行動を共にする重要な役と、スピルバーグの寵愛を受け、順風満帆ってやつですね。シャイアくん、ドラッグストアに不法侵入している場合ではありませんよ!

 

エール大学を入学辞退して俳優道一筋さ!

ジェイミー・キャンベル・バウアー as アンソニー・ホープ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

 さて次の要チェックアクターは、ジェイミー・キャンベル・バウアー! 1988年、イギリス・ロンドン出身の現在19歳。長めの髪がセクシーなイギリス期待の新人です。


 2008年1月19日公開の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』で映画初出演。いきなりティム・バートン監督作、そしてジョニー・デップと共演するラッキーボーイ。劇中では、ジョニー・デップふんするスウィーニーの娘ヨハンナと恋に落ちるアンソニー・ホープを演じます。不気味さ漂う、ジョニデやヘレナ・ボナム=カーターの中で、唯一のさわやかボーイ。本人いわく「まさかこんなに早くブレークする日が来るとは思わなかった」だそうですよ。そして、ジョニデとの共演は緊張の連続だったのだとか。「もう本当にマジで頑張らなきゃって思った(汗)」と海外メディアでのインタビューでは本音をポロリ。


 そして、ハリポタシリーズ第6弾『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で登場する、若きヴォルデモート役を演じたい! と夏にオーディションを受けていたジェイミーくんでしたが、結果は同世代のイギリス人俳優フランク・ディレインが演じることになりました。頑張れ、ジェイミーくん!

 

(C) Stephen Lovekin / Getty Images
アイメークをして、なぜかビジュアル系

エディ・レッドメイン as トーマス・バビントン 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

 1982年1月6日、イギリス・ロンドン出身の現在25歳。スレンダーなそばかす王子。ちょっとクラシックな顔立ちが、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。『グッド・シェパード』でマッド・デイモン演じるエドワード・ウィルソンの息子を演じていた彼ですよ!


 彼に漂うブルジョワ的雰囲気はどこから来ているのかと思えば、イギリス一の名門イートン校を卒業後、ケンブリッジ大学で演技を学びました。これは間違いなく“いいとこの子”と見た! イートン校では英国王室ウィリアム王子と同級生だったそうです。


 2002年、ロンドンのグローブ座で舞台デビュー後、イギリスでは有望な若手俳優の1人と言われています。そして、2008年2月公開の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』ではトーマス・バビントンという裏切り者を演じるエディくん。待機作も多く、『パウダー・ブルー』(原題)ではオスカー俳優フォレスト・ウィッテカー、ジェシカ・ビールと共演。『ジ・アザー・ブーレン・ガール』(原題)では、ナタリー・ポートマンと共演。着実にハリウッドで名を広めつつある注目アクターです!

(C) Jim Spellman / WireImage
ナヨっとしてますけど、脱いだらスゴイんです

ベン・バーンズ as カスピアン王子 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』

 最後の要チェックアクターは2008年5月公開の『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』の“角笛王子”ことベン・バーンズ! 1981年8月20日、イギリス出身の現在26歳。ダークブラウンのロン毛をなびかせる183センチのプリンス! 『スターダスト』の冒頭に出てきた、あのイケメン青年です。本名はベンジャミン・バーンズ。


 俳優としてのキャリアが浅いベンくんの初出演映画は『スターダスト』。主人公の青年よりもイケメンで、「なぜ彼が主役じゃないの?」と思った方も多かったはず。そんな彼が、大抜てきされた“カスピアン王子”。さて、その経緯はというと、彼が立っていた舞台を、ナルニアのスタッフが見に来ていて(そのことをベンは知らなかったそうです)、「こりゃいい!」と、わけも分からず監督やプロデューサーに会わせられ……4日後にはカスピアン王子の役をゲット! 乗馬も剣も未経験。でもゲット。キャスティング期間、トータル約2週間半という早業。


 彼はイギリス舞台演劇界ではよく知られている俳優の1人。ロイヤル国立劇場制作の「ザ・ヒストリー・ボーイズ」での女性を狙うデーキン役は高く評判されているのです。今後もデーキン役を続投……かと思っていたらナルニア出演が決まると、デーキン役の契約を打ち切り、映画に専念することにしたのです。2010年公開予定の『ナルニア国物語/第3章』にも出演が決まっていて、今から“角笛王子”旋風が吹き荒れること間違いなしですね!

(C) Noel Vasquez / Getty Images
アイ・アム・ア・プリンス カスピアーン!

文・構成:シネマトゥデイ編集部

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 14日
  5. 次世代アクターを探せ!