シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
石原さとみ
『シナモン the movie』
あったかくて優しくてみんなから愛されるアンナさんにあこがれます!
『シナモン the movie』石原さとみ 単独インタビュー

取材・文:平野敦子 写真:亀岡周一

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

サンリオの人気キャラクター“シナモロール”が劇場版アニメーション『シナモン the movie』として映画になった。若手女優の中でも確かな演技力を持つ石原さとみが今回は声優に挑戦。試行錯誤を繰り返しながら、この作品ではただ1人の人間である心優しい“アンナさん”の声を作り上げていった苦労話や、かわいらしいキャラクターたちへの熱い思いを元気いっぱいに語ってくれた。

■最初は“シナモン”役だと勘違い

Q:まずはこの映画のお話を受けたときの感想を聞かせていただけますか?

声優のお仕事は久しぶりだなぁ~ということと、『シナモン the movie』という映画なので、最初はやはりシナモン役なのかな? と思って、犬の声をどうやって作ろうかなと思ったんです。でも、そんな心配をする必要もなく、人間の役だったので良かったです(笑)。

Q:大人気の“シナモロール”初の映画化ということでプレッシャーは感じましたか?

皆さんがそれぞれ抱いているアンナさんというキャラクターの声ってあると思うんですね。なるべくそれに近いように、あまり石原さとみが前面に出ないように、優しくてあったかくてみんなから愛されるようなアンナさんを演じられればいいと思って挑みました。

Q:唯一の人間のキャラクターということで、何か苦労されたことはありますか?

収録は一人一人だったので、逆にみんながどういう感じなのかが分からなくて、声優さんの仕事って難しいと感じました。それにまだ収録日には映像が出来上がっていなかったので、映像を見ながら収録するのではなく、1枚の白い紙に静止画がスライドされるような感じで収録をしたので、とても難しくて(苦笑)。細かい芝居がついているわけでもなく、表情が急に変わることもあったので、何度もテストして本番に挑みました。

Q:失敗は多かったのでしょうか?

最初からもっと声を張ってどーんといければ良かったんですが、なかなかそうはいかずに徐々にテンションが上がっていったので、一番いい状態の声を出すまでにちょっと長くかかってしまったのが失敗かな……。でも、調子をつかんでからは、スピードも上がって、スムーズに進んだので良かったと思います。

Q:陣内智則さんも石原さんと同じようなことをおっしゃっていましたよ。

本当ですか! 公開アフレコをやらせていただいたときに陣内さんはすごく声が出ていて、わたしは「あ、陣内さんはもうチャウダーだ!」と思って、それをご本人にも伝えました。実際に完成した映画の中で、アンナさんとチャウダーの掛け合いがどんなふうになっているのか、とても楽しみです。

■お菓子の家にあこがれる

Q:子どもにとって夢のようなお菓子やパンでできた森が出てきますが、石原さん自身は行ってみたいと思われましたか?

お菓子の家なんて、とてもあこがれます!! 本当に夢のようですよね。わたしは子どものころ、アニメで見た場所を指差して「ここに行きたい!」とか、絵本を読んで「これどこにあるの?」とかお母さんによく聞いていたそうです(笑)。

Q:普段料理をしたり、お菓子を作ったりされるのでしょうか?

たまにします。中学生のころはバレンタインデーにマドレーヌを作ったり、仕事を始めてからは現場にお菓子を作って持って行ったり、時間に余裕があるときにはお弁当を作ったりもします。どちらかというと健康のためにやっているという部分が強いかもしれませんね(笑)。

Q:かわいいキャラクターがたくさん登場しますよね?

このお話に出てくるキャラクターは誰も悪い子がいなくて、愛があって、かわいらしいと思います。応援したくなるキャラクターばかりなので、本当にステキな作品だなと感じました。

■見どころは“叫ぶ”シーン

Q:アクションシーンを声で表現するのは大変だったと思うのですが。

本当に大変でしたね。その必死さがうまく出ていればなぁ……と思ったんですが(笑)。自分で動きをつけたり、表情をつけたりしてやりました。たくさんお水を飲みながら、叫んで、水を飲んで……とその繰り返しでした(笑)。息を荒くして走っているシーンは意外と長くて、本当にヘトヘトになりながらやっていたんですが、スクリーンの中のアンナさんはとても元気で「すごいな、アンナさん」と思っていました(笑)。

Q:楽しかった思い出はありますか?

今まで役柄でも、プライベートでも子どもたちをまとめたりする“お姉さん的存在”を演じたことがなかったので、そういう意味ではアンナさん役は新鮮でした。

Q:アンナさんをどう思いますか?

姉御肌とまではいかないんですが、アンナさんはあったかくて優しくてみんなから愛されるお姉さんで、わたしから見るとすごくかっこいいな……と思います。あこがれる女性像なので、アンナさんのことが好きです。

Q:シナモンは犬ですが、石原さんは犬派ですか、猫派ですか?

わたしはミニチュアダックスフントを飼っているので断然犬派です! 生まれて初めて犬を飼ったので、とても思い入れが強いですね。でも、猫も好きですよ。

Q:では、最後に『シナモン the movie』を楽しみにしているファンの方々にメッセージをお願いします。

友だちを大切にすること、好きな人のために一生懸命頑張ること、勇気を出すこと、あきらめないこと……。子どもたちに伝えたいメッセージがたくさん詰まった、本当にすてきな作品だと思います。映像も本当にかわいらしく、ストーリーも分かりやすくさわやかで、きっとたくさんの人の心に響くと思います。ぜひご家族で、あるいは大切な人と一緒に観てください。劇場でお待ちしています!

健康のために料理をしたり、初めて飼った犬を大切に育てたりする石原の姿はほほ笑ましく、シナモンとその仲間たちから慕われるアンナさんのイメージと重なる。好奇心いっぱいの大きな瞳を輝かせながら質問に答える様子には、アニメや絵本の世界を信じて疑わなかった彼女の幼いころの姿がだぶって見えた。彼女が心温まる作品のイメージを壊さないよう細心の注意を払い、ちょっとした息づかいにもこだわったという“シナモロール”の世界を、ぜひともスクリーンで楽しんでもらいたい。

『シナモン the movie』は12月22日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 20日
  5. 『シナモン the movie』石原さとみ 単独インタビュー