シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
永作博美&松山ケンイチ
『人のセックスを笑うな』
演じている間は、自分だけのものになるので、僕の“宝物”って感じでした
『人のセックスを笑うな』永作博美&松山ケンイチ 単独インタビュー

取材・文:南樹里 写真:田中紀子

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

映画『犬猫』の井口奈己監督が、山崎ナオコーラによる同名小説を、言語芸術の行間を表現した、と言ってもいい映画を仕上げた。ストレートに愛することの素晴らしさと切なさとこっけいさを描いた、純度100パーセントの恋愛ドラマだ。魅力的なヒロインの美術講師ユリ役には、演技派の永作博美。そしてその年上のヒロインに翻弄(ほんろう)される美術学校正のみるめ役に松山ケンイチ。劇中で見せるあまりに自然なカップルの姿は、本当に恋に落ちているのでは? と思わせるほどリアル! そんな熱々のカップルを演じた主演の二人に話を聞いた。

■松山は永作にベタぼれ!

Q:完成作をご覧になっていかがでしたか?

松山:自分が一生懸命に演じた分、自分が一番楽しめる作品になっていましたね。もしかしたらこの作品は僕のためにある作品ではないかと思うぐらいに、自分が幸せになれる作品になっていました。

永作:不思議な映画でした。今まで観たことのないものになっていて……正直とまどいました。それぐらい威力ありありの魅力的な映画になっていました。

Q:共演されてお互いにどのような印象を持ちましたか?

永作:松山さんの出演されている作品を拝見していて、本当に素直にお芝居をされている方だという印象がありました。今回一緒にお仕事させていただいて、大きなうねりを持ってきちんとすき間を埋めていく感じの役者さんだと思いましたね。分からないことを本気で悩んで、本当に翻弄(ほんろう)されていたので、真摯(しんし)にお芝居されているんだって思いました。

松山:僕は、ただただ幸せでした。現場で一番安心できたのが、本当にカメラの前。それがずうっと続いて、カメラの前にいることが現実なのかなって思ったぐらいです。そう思えたのは、ユリさん(永作の役名)のおかげです。ユリさんに対してすごく恋愛感情を持ちましたし、今でも会った瞬間にすごく幸せな気分になれました。まだまだ自分の中に“みるめ”(松山の役名)がいるんだな、ってちょっとあせっています(照笑)。

Q:“ユリ”というキュートな女性を演じられていかがでしたか?

永作:演じるときは、役の存在が観客の皆さんに届けばいいなあと思いながら演じていました。脚本を読んだ段階から境界線がなくて分からない人って感じていたのですが、演じた後でも、やっぱりつかみどころのない人でした(笑)! でもそれが本当に新鮮で、わたしもユリと一緒にふわふわした気持ちになれて気持ちが良かったです。

Q:本作では“みるめ”というより“松山ケンイチ”色がでていた感じがしました。

松山:“無知”はすばらしく強い! というのがみるめの役柄でした(笑)。これまでは演じる役柄にどれだけ近づけられるか? をすごく意識してきたんです。だけど監督からは「自然に」と指示されたので、役を自分のすごく近いところに寄せました。撮影現場では、いつの間にか僕自身の引き出しを使わざるを得なかった感じでしたね。その結果、今までやらせていただいたどんな役よりも自分に近い役、“磯貝みるめ”は、まあ僕自身と言っても過言ではないです。

■恋愛は頭で考えずに突き進むもの

Q:“ユリ”から見た“みるめ”、“みるめ”から見た“ユリ”など、双方の魅力を教えてください。

永作:みるめ君の魅力は、本当に素直に正直に生きているところです。年を取ると失ってしまう、若さゆえの葛藤(かっとう)と苦悩を持っているのが最大の魅力でしょうね。

松山:永作さんの魅力は、笑顔がすっごくすてき! かなり近距離でお芝居していて、近くなれば、なるほど笑顔がいいんです! 演じている間は、自分だけのものになるので、僕の“宝物”って感じでした。

Q:年下との恋愛は可能だと思いますか?

永作:年下との恋愛は、頭で考えると「いやいや、それは……」と否定的になります。今回の役柄を経験したことで考えてみれば、好きになる感情には、それ以外ないんだなあって思いました。だから実際そうなったら、あまり頭で考えないで突き進むことがあるかもしれないですね。

Q:異性にされると弱いしぐさを教えてください。

松山:劇中に出てくるしぐさでいうと、バツグンなのがストーブのシーンです。みるめがストーブに火をつけていると、後ろでユリさんは靴下を脱いでいるんです。もうアレで、コロッとやられました。完ペキに落とされましたね(笑)。

Q:本作で“チャレンジ”と思えたところは?

永作:この『人のセックスを笑うな』ってタイトルが挑戦的ですよね(笑)。

松山:自分自身の言葉を出すことですね(笑)。青森弁を話すつもりはまったくなかったんですけど、なまってしまっている! 「本当にこれで大丈夫なのかな?」って思っていたら、監督はそれでいいって言ってくれました。まあ、そうせざるを得なかったのですけど。

■情熱的になることの気持ち良さを味わってほしい

Q:アトリエでのシーンで、みるめを脱がせる際のユリの発する「おー、イエス!」の言い回しに妙に惹(ひ)かれたのですが、あれはアドリブですか?

永作:あれは……松山君が服を脱ぐことを、本当に嫌がっていたんです。ためらっていたし、恥ずかしかったと思います。大勢の前ですからね。周りからは「ユリのオニ!」とか言われちゃって(笑)。なので、ユリがちょっと上に立って、テンションを上げていかなきゃ! ってことからのアドリブなんです。

Q:最後に、『人のセックスを笑うな』をご覧になる方へメッセージをお願いします。

永作:観てもらえたら、それで幸せです。人を好きになるとか、すごく一生懸命になる姿を描いています。この作品を観て、情熱的になることの気持ち良さや楽しさを味わっていただけたらうれしいです。

松山:『人のセックスを笑うな』のタイトル通りと感じています。もしも笑うんだったら、自分がそういう恋愛をできるようになってから笑え! って思うんです。だから、不倫がどうとかではなく、まずは真剣に恋をしてみたらどうですか? ってことをこの作品は言っているのだと思います。この作品には本当の恋が描かれているので、それを堪能してください。

インタビュー中、松山が永作を見つめるまなざしは、撮影が終わっているにもかかわらず、まさに“みるめ”そのもの。そんな雰囲気からも、当時の2人がいかに相性抜群で共演していたかがうかがえた。そんな2人が体当たりで演じた本作は、恋愛に憶病になっている人の背中をソッと押してくれる温かさの詰まった映画に仕上がっている。恋愛温度を上げたい人におすすめの作品だ。

『人のセックスを笑うな』は1月19日よりシネセゾン渋谷ほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク