シネマトゥデイ

HOT HOT PEOPLE
まずは押さえておきたい!注目のイケメン編 超青田買い!必見のニューカマー編 ここはやっぱり外せない!定番のイケメン編
今月の特集 独断と偏見によるイケメンチェック!海外ドラマ編
海外ドラマブームも頂点の昨今。でも、どこでもよく見るのは、同じような顔ぶればかり。そこで海外ドラマ通のライターが、独断と偏見によるオススメのイケメンをご紹介。新旧合わせてチェックしちゃいます!
セレクト・文/エンタメ雑誌編集&ライター 露木恵美子
露木恵美子プロフィール テレビドラマ「ギルモア・ガールズ」「ヤング・スーパーマン」など、青春ドラマの中でイケメンを発掘することが楽しみ。例外もありますが、基本的には目のきれいな人、顔と体のバランスが取れた人が好き。最近は苦手な分野であるSF系に、注目のイケメンが続出中!なので何とか克服してリサーチの範囲を広げました。
まずは押さえておきたい!注目のイケメン編
マイロ・ヴィンティミリア 1977年7月8日生まれ マイロ・ヴィンティミリア
テレビドラマ「ギルモア・ガールズ」のちょっと気になる不良少年ジェス役で、アメリカの女子高生をドキドキさせる。苦悩に満ちたテレビドラマ「HEROES/ヒーローズ」のピーター役で、さらに知名度を上げる。最近では「HEROES/ヒーローズ」の前に撮影された映画『ロッキー・ザ・ファイナル』が公開。ロッキーの息子を演じ、注目を集めた。若くして製作会社も経営しており、知的かつやり手でもある。ミステリアスで何を考えているかわからない、見た目冷たい感じの印象を残す。
エイドリアン・グレニアー 1976年7月10日生まれ エイドリアン・グレニアー
テレビドラマ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」でのちやほやされた映画スター、ヴィンス役が妙に板に付いている。「第2のジョン・トラヴォルタ」と言われていた彼は、映画『プラダを着た悪魔』で主人公アンドレアの彼氏を演じ、その期待に一歩前進した。ヒゲがボーボーで髪の毛もモジャモジャなもっさりとした男に見えるも、それとは裏腹に彫刻のように整ったセクシーな顔立ちで、スクリーンやテレビの向こうから誘惑しているよう!
スキート・ウールリッチ 1970年1月20日生まれ スキート・ウールリッチ
デビュー当時は、クレジットなしで作品に出演。下積み生活を送った後、ホラー映画『スクリーム』でネーヴ・キャンベルの恋人を演じ名をあげる。異常な状態に置かれた街で繰り広げられるSFヒューマンテレビドラマ「ジェリコ」のジェイク役で、大きなインパクトを与えた。ちょっぴり田舎くさいが、家族や町のために熱血漢あふれる姿が印象的。鼻筋の通った整った顔で魅力も倍増。最新映画『アーマード』(原題)ではマット・ディロンと共演する。
ベイリー・チェイス 1972年5月1日生まれ ベイリー・チェイス
テレビドラマ「バフィー ~恋する十字架~」のグラハム役で注目。テレビドラマ「アグリー・ベティ」「ラスベガス」などにゲスト出演する。少し問題ありの女刑事グレイスが主人公をホリー・ハンターが演じるテレビドラマ「セイビング・グレイス」では、オクラホマの警察官を演じる。フットボールの奨学金で大学に通ったほどの立派な体格で、カウボーイハットとブーツで田舎の警察官を見事に表現。あまりにもその姿がお似合いすぎて見とれてしまう。シャツの第2ボタンまで外して、チラリと見える胸元は超セクシー!
マイケル・C・ホール 1971年2月1日生まれ マイケル・C・ホール
テレビドラマ「シックス・フィート・アンダー」で、ゲイのデイヴィッドを演じて一躍有名に。アメリカで有名な、殺人鬼が主人公のテレビドラマ、「デクスター ~警察官は殺人鬼」では、その主人公のデクスターを演じる。舞台で培った演技力を惜しみなくテレビ界で披露。顔の表情一つ変えず、冗談を言いつつ愛を告白。ハンサムでありながら何を考えているのかわからない、そんなミステリアスなデクスターのキャラクターがたまらない!スリムなボディーの持ち主とはいえないが、ぷよぷよしたお腹、お尻は、顔と演技力でお許しを……。
pagetop
超青田買い!必見のニューカマー編
トーマス・デッカー 1987年12月28日生まれ トーマス・デッカー
子役でデビューし、数々のアワードを若くして受賞。テレビドラマ「HEROES/ヒーローズ」のクレアの親友ザックとして登場してからは、勢い良くブレイク街道をまっしぐら。映画『ターミネーター』のテレビドラマ版「ターミネーター:ザ・サラ・コナー・クロニクル」(原題)で、サラ・コナーの息子を演じ、母のため、自分のため、そして友だちのために走り回る姿は、観ている側を熱くさせる。ちょっと生意気なところも魅力的!
マット・ダラス 1982年10月21日生まれ マット・ダラス
ジェームズ・ブラントのミュージックビデオ「グッバイ・マイ・ラバー」にミーシャ・バートンと出演し、濃厚なキスシーンを披露。SFミステリーテレビドラマ「Kyle(カイル) XY」では、ヘソのない少年カイルをミステリアスに演じる。劇中での不思議ちゃんぶりに最初は戸惑うが、次第に吸い込まれていく不思議な魅力の持ち主。2006、2007年のティーンチョイスアワード主演俳優賞にもノミネートされた海外ドラマの新星。実年齢よりも顔立ち年齢が10歳は若く見えて、とってもつややか~。
テイラー・キッチ 1981年4月8日生まれ テイラー・キッチ
上半身裸のお兄ちゃんが店先で出迎える「アバクロ&フィッツ」のモデル出身。アメリカのマスコミ陣に高い評価を得ている青春スポーツテレビドラマ「フライデー・ナイト・ライツ」(原題)では、問題ありの高校生ティムを演じる。ロン毛でサーファーっぽいところが、たまらなく色っぽい!何となくテレビドラマ「LOST」のジョシュ・ホロウェイに似たセクシーな顔立ちが、大ブレイクするのも時間の問題。メンズヘルス誌の表紙を飾るほどの肉体に、ヨダレも流出。
アレックス・オローリン 1975年生まれ アレックス・オローリン
テレビドラマ「ザ・シールド ~ルール無視の警察バッジ~」で、タフな犯罪捜査チームのリーダをクールに演じ注目される。現在は探偵ヴァンパイアーが大活躍のテレビドラマ「ムーンライト」(原題)で主役を演じる。月夜に目をむき出しにしてヴァンパイアに変身してしまう鬼気迫る演技は、見るものに強烈な印象を与える。映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド役の候補に挙がるも、ダニエル・クレイグに決まってしまった悲劇の(!?)イケメン。映画『奇跡のシンフォニー』が日本で6月21日に公開される注目株!
ザッカリー・レヴィ 1980年9月29日生まれ ザッカリー・レヴィ
テレビドラマ「The OC」のジョシュ・シュワルツが手掛けるスパイテレビドラマ「チャック」(原題)で、コンピューターオタクのスパイを演じる。とはいえ「The OC」の同じくオタクキャラのセスとは違って、ナヨナヨ系ではなくガッチリ系。CIAの秘密データを脳にダウンロードしてしまうほどの天才で、もみ上げがとても印象的(笑)。笑いのセンスもピカイチで、人を幸せにするビームを発している。イケメンに名前を連ねるには、ちょっぴり悩むもトータル的に合格か!?
セス・ガベル 1981年10月3日生まれ セス・ガベル
テレビドラマ「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」では、男から性転換した母親を持つ息子であり、ゲイでもある男を悩ましく演じる。『ダーティー・セクシー・マネー』(原題)で、ドナルド・サザーランド、ピーター・クラウスら名俳優たちと共演。一癖も二癖もある役で、ビッグチャンスを手に入れる。祖父母が俳優、妻はロン・ハワードの娘というサラブレッドでもある。彫刻のような顔にしっかりしたまゆ毛が、顔の表情をさらにくっきりさせる。品のあるしゃべり方や物腰の柔らかさでも魅了。
pagetop
ここはやっぱり外せない!定番のイケメン編
ジェンセン・アクレス 1978年3月1日生まれ ジェンセン・アクレス
テレビドラマ「ドーソンズ・クリーク」「ヤング・スーパーマン」では、その美男子ぶりで主演を脅かした。主役をついに手に入れたテレビドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』で、イケメン兄弟の兄ディーン役で大ブレイク。悪霊退治で泥だらけになっても美しいオーラを常に放つ。テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが頭脳で勝負なら、ジェンセンはアクションで魅せる!
ジョシュ・デュアメル 1972年11月14日生まれ ジョシュ・デュアメル
日本では映画『トランスフォーマー』で注目されたが、アメリカではテレビドラマ「ラスベガス」のカジノ監視官役でブレイク。190センチを超える長身と、セクシーで優しいまなざしに、コロっと落ちてしまう!インテリでありながらユーモアを忘れていないところにも好感度アップ。「ラスベガス」での共演をきっかけに、歌姫ファーギーことステイシー・ファーガソンと婚約。うらやましい限り。
(ジョシュ・デュアメルの独占インタビューはこちら)
ウェントワース・ミラー 1972年6月2日生まれ ウェントワース・ミラー
テレビドラマ「プリズン・ブレイク」で、兄思いのインテリな囚人を演じて大ブレイク。頭が良くて頭の形もいい。そこに顔がいいときたら、もう言うことはなし!おまけに脱いだらいい体……とマイナスなイメージが一切ない。寂しそうなまなざしや、照れを隠したような笑い。すべてがいとおしく感じられる。鑑賞するには最高の人材!
トム・ウェリング 1977年4月26日生まれ トム・ウェリング
テレビドラマ「ヤング・スーパーマン」の出演を機に、ピープル誌の「2001年ブレイクするスター」にも選出された美青年。透き通ったグリーンの瞳と甘いマスク、そして脱いだら結構すごい!がっちりと鍛えられた体の持ち主なのに、恋愛には奥手っぽいところが母性本能をくすぐる。最近ではプロデューサーとしても番組にかかわっており、その才能にもホレてしまう。
デヴィッド・ボレアナズ 1969年5月16日生まれ デヴィッド・ボレアナズ
テレビドラマ「バフィー ~恋する十字架~」のヴァンパイア、エンジェル役で大ブレイクという過去をほおむり、テレビドラマ「BONES ボーンズ」でカリスマに満ちた元スナイパーのFBI捜査官に変身。いつも上から目線の言葉遣いに冷たい印象を与えるが、相棒のブレナン博士との掛け合いにはこれが必須。眉間にシワを寄せるといい男が台無しだが、彼のほころんだ顔を見れば、最高のハンサムガイであることに気づくハズ。
(デヴィッド・ボレアナズの独占インタビューはこちら)
トーマス・ギブソン 1962年7月3日生まれ トーマス・ギブソン
テレビドラマ「ふたりは最高!ダーマ&グレッグ」の気のいいだんなグレッグとして記憶に残る彼も、今ではテレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のFBI捜査官役で、新しいイメージを確立。ビシッとスーツを着こなし、冷静沈着なエリート捜査官を風格たっぷりに演じる。ちょっと疲れた顔つきが年齢を感じさせるが、まつげがふさふさで、異常なまでに高い鼻には思わず嫉妬(しっと)してしまう!
pagetop
まずは押さえておきたい!注目のイケメン編 超青田買い!必見のニューカマー編 ここはやっぱり外せない!定番のイケメン編
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク