シネマトゥデイ

井上和香、西川貴教
『コラソン de メロン』
好きな人のことだけを考えている女性はある意味“女の鏡”
『コラソン de メロン』井上和香、西川貴教 単独インタビュー

取材・文:鴇田崇 写真:田中紀子

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

『タナカヒロシのすべて』『うた魂(たま)♪』などノンジャンルな作風で知られる田中誠監督の最新作『コラソン de メロン』。お互いに映画初主演となる井上和香、西川貴教の初共演も話題で、西川演じるヒモ男と、井上演じるリストラされた元OLの仲良しな日常を描いた、ユーモラスなラブストーリーにも共感が集まりそうだ。そんな注目作『コラソン de メロン』に出演した感想や恋愛観など、さまざまな話を2人に聞いた。

■あこがれの人との共演にどきどき

Q:脚本を最初に読まれたときの感想はいかがでしたか?

西川:シュールな物語なんですが、監督がそれぞれのキャラクターに愛情をかけている感じが伝わってきました。また映画への出演自体が初めてですし、ドラマもそれほど出演したことがなかったので、ミュージシャンが生半可な気持ちでやっちゃいかん! と常々思っていたのですが、今回監督からも熱烈に口説かれまして、やらせていただくことを決めました。その役がヒモかよ! っていうのもありつつ(笑)、井上さんと共演させていただくっていうこともあって、とにかく素直な気持ちで演じました。

井上:ちゃんと映画に出演するのは初めてでしたが、テレビドラマのイメージがあったので、それに比べると映画って意外にセリフが少ないんだと思いました(笑)。表情などで気持ちを表現することが多くて、だからこそ映画は難しいと思いました。セリフをしゃべっている方が気持ちを説明できますからね。

Q:共演された感想は?

井上:西川さんのファンだったので、とても光栄です! 本当に、本当に高校生のころファンだったので……。

西川:言えば言うほどウソっぽく聞こえるけど(笑)。

井上:本当にファンなんです! お会いできてうれしかったんですよ(笑)。ですが、共演させていただく際にはその気持ちは抑えて演じました。西川さんはとても優しくて、現場はとっても楽しかったです。アーティストとは思えないぐらいのトークも聞けたので、本当にうれしかったです(笑)。

西川:井上さんも本格的な映画の現場は初めてっておっしゃってくれたので、気持ちとしては安心しました。実は僕、相当委縮していたんですよ。引き受けたものの、大丈夫かなって(笑)。単純なことですが、カチンコが鳴って、一拍おいてから演技を始めるなんて誰も教えてくれない(笑)。ちゃんと説明してほしいっていうのもあったんですが、反対に大規模な映画の撮影現場で恥をかくよりは、すごくコンパクトな現場だったので、間違ったって素直に恥をかけました。

■彼氏がヒモなのはあり? なし?

Q:劇中の泉とヒロミのような恋愛関係は、ありですか? なしですか?

井上:う~ん(笑)。なしです!

西川:いやー、僕もなしですね(笑)。ただ、僕が演じたヒロミは、泉ちゃんの純粋さ、けなげさというものをわかってはいるんだけど、表現の仕方が下手なだけだと思うので、気持ちのつながりはすごくいい関係だと思いました。

井上:ヒロミはヒモなので、泉に対して気持ちがあるのかないのか最初はわからなかったんです。生活させてもらうためだけに、一緒にいるんじゃないかって(笑)。ただ徐々にヒロミにも感情が出てくると、ちゃんと泉のことを思っていることがわかるんです。それはうらやましいカップルの関係ですよね。でも、女性として泉にはなりたくないです(笑)。

Q:田中誠監督はコミカルな作風のイメージがありますが、どんな演出をされる方なのでしょうか?

西川:普通は撮った直後にプレビューとかしそうなものじゃないですか。一切ないんです(笑)。小さなカメラ、小さなモニターを見て、「はいOK!」みたいな(笑)。

井上:チェックがまったくなかったんですよ(笑)。どんな映像をどんな角度から、どんな風に撮っているのかがまったくわからなかったですね。

■演技という自己表現について

Q:お二人にとって演技をするということはどういうことですか?

井上:すごく楽しいです。自分とは違う人格になれるというのが面白いですし、いろんな人の感情や自分とは考え方が違う人の役をやってみると人の考え方がわかって、いい勉強になりました。

西川:いかに自分を伝えるか、自分をアピールするかっていうことを普段から仕事でやっているので、役を自分に入れるというよりは役に自分をどれだけ沿わせるというか、役が自分にいかに乗り変わっていくかを考えました。後は、生のステージと映像の違いというのが大きかったので、何でも経験しないとわからないと思いました。

Q:最後に、『コラソン de メロン』をどんな人たちに観てほしいですか?

井上:わたしは特に女性に観てほしいと思いますね。ヒモの男性を好きになるのは、良くないとは思いますけど(笑)、泉の好きな人に対しての思いは、同じ女性として見習いたいと思いました。たとえヒロミが仮病だとうすうす気づいていたとしても、あれだけサポートして必死に走り回って彼のことだけを考えていられるのは、女性としては鏡だと思います。一つのアドバイスじゃないですけど、そういう感じで観てもらえればうれしいです。

西川:ぜひカップルでご覧いただきたいですね。女性はわかりやすい言葉や行動を欲しがるものですが、男ってそういうことがうまくできなかったりするものですよね。実はいつも一緒にいるってことは、“そういうことなんだ”って、間接的に彼女や奥さんたちに伝えられる映画だと思います。観終わったあとに“どう思う?”なんて、話をしてもらえたらと思います。

まるで映画本編のワンシーンから抜け出たような、仲の良さを見せてくれた井上と西川。ノリツッコミで楽しそうに話す掛け合いに、カップルを演じた2人というより、夫婦漫才を見ているような気にさせられた。それだけ息がピッタリということの裏返しだが、そんな2人の空気のような関係が見られる『コラソン de メロン』は必見。「ある意味、理想のカップル!」と語った2人の織り成す等身大の恋愛模様にご期待ください。

『コラソンdeメロン』5月31日よりシアターN渋谷ほかにて全国公開中

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク