シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ハプニング 7月25日前夜解禁!(一部劇場を除く)7月26日日劇3ほか全国公開
5つのハプニング! 監督・キャストが語るハプニング
恐怖と謎のマエストロ、M・ナイト・シャマラン監督が生み出す5つのハプニング!
先読みを許さない、衝撃的な作品を発表し続ける男、その名はM・ナイト・シャマラン監督。映画『シックス・センス』の衝撃から9年。その衝撃をはるかに超えるディザスター・サスペンス映画『ハプニング』がついに誕生した。ここではシャマラン監督が描いた“世界の終末”に散りばめられた5つのハプニングをご紹介しよう。心の準備はよろしいかな?
ハプニングその1. いつもと同じ朝……のはずが
ん? なんだ? ある日突然、アメリカ全土からミツバチの姿が消え、それを皮切りに不可解な事件が起こり始める。これは何かの前兆なのか……? いつもと同じ朝。小鳥はさえずり、人々は存在し、それぞれの生活サイクルを送るはずだった。何者かの悲鳴に似た叫び声が響くまでは……。
ハプニングその2. 狂いだす日常の歯車
ピタッ! 異様な光景が広がる…… 時が止まったのだろうか……。セントラルパークの来園者たちは急に立ち止まり、ピクリとも動かなくなった。何かがおかしい。わたしたちの日常に得体の知れない“脅威”が忍び寄ってきたのは明らかだ。これは一体……!
ハプニングその3. 言葉の錯乱、方向感覚の喪失、そして……
この世界で何が起きているんだ? 自らの意志で猛獣に自らの肉体をささげる男性。ベンチで談笑していた女性は自らの命を絶ってしまう。とある工事現場では、まるで糸の切れたマリオネットのように次々とビルの屋上から身投げをする従業員たち。何かが起きている!
ハプニングその4. 幽霊でも怪物でもない、原因不明の恐怖!
これからどうなってしまうのか…… これは幽霊の仕業でも怪物の仕業でもない。未知の猛毒兵器、それとも新種のウイルスなのか!? 原因は謎のまま、この異常現象はニューヨーク、フィラデルフィア、ボストンからアメリカ全域へと急速に広まっていった。政府当局さえも原因をつかめず、人々はパニックに陥っていく。果たして人類の運命は。地球の運命は……。
ハプニングその5. M・ナイト・シャマラン監督のひらめき
謎を、謎を解き明かしたい!! 映画『ハプニング』はシャマラン監督の友人が、とある交通事故の目撃者になったという実話から着想を得ている。その友人は交通事故の被害者を救助し、病院へと連れて行こうとしたそうだ。しかしその被害者に起きたある現象に“得体の知れない、直視不可能な恐怖”を感じ取ったそうだ。果たしてこの実話に本作の謎を解く鍵はあるのだろうか?



環境破壊、地球温暖化、テロリズム、新型ウイルス……。ばく然とした見えない恐怖が渦巻く21世紀。「見えないものにこそ恐怖がある」と不敵に笑うシャマラン監督は、人類に“警告”する映画を誕生させてしまった。この未曾有の恐怖に立ち向かう勇気を、あなたは持っているだろうか……?

何かが起きる……。衝撃のハプニングがあなたを襲う、驚異のブログパーツ降臨!あなたは押しますか……? それとも押しませんか…?
今こそ押すのだ!
これはウイルスではない。ハプニングなのだ!
オフィシャルサイト

このブログパーツは『ハプニング』オフィシャルサイトにて配布中
Page top
作品情報 オフィシャルサイト オフィシャルサイト 作品情報
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク