シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
蒼井優
『百万円と苦虫女』
バイトはやってみたいんですけど、接客業はあまり向いていないかも
『百万円と苦虫女』蒼井優単独インタビュー

取材・文:福住佐知子 写真:田中紀子

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

ぴあフィルムフェスティバルグランプリ受賞作『モル』から、『月とチェリー』『赤い文化住宅の初子』、脚本作『さくらん』などで注目のタナダユキ監督の最新映画『百万円と苦虫女』が公開される。ひょんなことから事件に巻き込まれ、家を出たヒロインが見知らぬ街でいろいろな人と触れ合い、人生の大切さを学んでいくというロードムービー。この映画に主演し、ちょっとビターで憎めない鈴子を演じた蒼井優に話を聞くことができた。

■映画史上最高に地味なヒロイン

Q:脚本を読んでどんなところに魅力を感じましたか?

わたしが演じる鈴子は本当に地味な女の子で、とても好きなタイプでした。

Q:タイトルがとてもユニークですがどのように思われましたか?

最初に聞いたときは覚えにくいし、どうだろう? と思ったのですが、出来上がった作品を観て、いいタイトルだと思ってうれしくなりました。

Q:監督が「鈴子は史上最高に地味なヒロイン」とおっしゃっていますが、優しくて、しんの強い女性ですね。どのように役作りをされたのでしょう?

わたしは、わたしらしさを反映しようと思ってお芝居をしたことが無いんです。鈴子が魅力的に見えたらいいと思いながら演じていました。

Q:鈴子は人と距離を置くことで自分を守っていますが、そんな鈴子をどう思いますか?

わかる気がします。わたしはどうだろう……? あまり人と深くかかわることが少ないかもしれない……。浅く広くというタイプではなくて、自分の周りにいる人とだけ狭く深くかかわるタイプですね。人見知りが激しいんです。

■尊敬する監督や共演者について

Q:タナダユキ監督の印象を聞かせてください。

「何てかわいい人なんだろう」というのが第一印象で、映画監督っぽくなくてビックリしました(笑)。ほんとにすてきな方で、一緒にお仕事していくうちに頼もしく感じられて、今では尊敬できる方です。現場では、監督がわたしと同じ目線まで降りて来て話してくださったので、一緒に物を作らせてもらっているという感覚がすごく強くて、同士だったり、戦友だったり……そういう仲になった気がします。

Q:鈴子と弟の関係が印象的でしたが、初めて弟を持つ役柄となった感想を聞かせてください。

ちゃんと姉弟に見えるか不安でした。もともと小学生の男の子と接する機会がほとんど無くて……。待ち時間とか、ちゃんと会話が成り立つだろうか不安だったんですけど(笑)、「学校で何しているの?」って聞いたり、四葉のクローバーを一緒に公園で探したりして遊びました。

Q:共演者の森山未來(中島亮平役)さんの印象を聞かせてください。

森山未來さんの存在は知っていたんですが、こういうお芝居をする人っていう明確なイメージは無くて、ほぼ真っ白な状態でお会いしたんです。あんなにナチュラルな演技をする人だと思っていなくて、ほんとにビックリしました。

■いろいろなアルバイトに挑戦!

Q:中島から好きだと告白されて、「わたしのどこが好き?」と聞き返す鈴子の気持ちをどのように思いますか?

ああいうことを鈴子は今までしてこなかったんだと思います。人を攻めることで人との付き合いがより深くなっているというのもあるし、本当は中島くんに自分の気持ちをぶつけたくないのに、沈黙に耐えられないからしゃべり続けてしまうのか……。言いながらも後悔していく感じが切なくてたまらなくて、やっていてすごく苦しかったです。

Q:本作でいろいろなアルバイトをされていますが、どれが楽しかったですか?

どれも楽しかったんですけど、それは撮影だから楽しかったので、実際に毎日何時間もやるのは大変だろうと思います。でもバイトはやってみたいんです。わたしは接客業とかやってみたいと思っていたんですが、最近あまり向いていないとわかって(笑)、スタイリストのアシスタントさんとか、誰かを支える仕事とか、ケーキ屋さんとか……レジとか、できるのかなぁ(笑)。

■旅に持って行きたい大切なもの

Q:お金を貯めて、旅をして知らない人たちと触れ合うという鈴子の生活にあこがれは感じますか? 旅に持って行きたいものは何ですか?

台本を読んだときに、わたしもやってみたいと思ったんです(笑)。もし映画を観て実践される方がいたら、ほんとにやるとどういう感じなのか、本を出版してほしいですね。ぜひ読んでみたいです。旅をするときに持っていきたいものは、家族写真と誰かからもらった手紙かな。

Q:桃農家でお風呂に入っているあなたがとてもキュートでした。あなたにとってお風呂の時間って?

長風呂するときは台本か小説を持って入るのでその世界にどっぷり入っています(笑)。お風呂でボーっとすることはあまりないですね。

Q:最後に本作の見どころを教えてください。

多分町で鈴子に出会ったとしても彼女は地味で目立たない存在だと思うのですが、そういう人でも焦点を合わせて追っかけてみることですごく魅力的に見えたり、いとおしく思えたり……。そういうことがこの作品の隠れたメッセージでもあると思います。観た人たちが鈴子のことをいとおしく感じたり、かっこ良く思えたりしたなら、それは観た人自身にも言えることなんだということをわかっていただければと思います。

百万円を貯めては、見知らぬ町から町へと引っ越しを繰り返す鈴子。さまざまな人とのふれあいが彼女を成長させていく……。そんなヒロインを伸びやかに演じた蒼井。どんな役も自分のものにしてしまうが、役を選んで演じてはいない。役の方が彼女に近づいてくる。そして映画とともに自らも成長していくという、まさに天性の女優なのだ。彼女のナチュラルな演技と、彼女だけが持つゆったりとした不思議な雰囲気、その魅力的な笑顔や透明感が観る人を惹(ひ)きつけてやまない。

『百万円と苦虫女』は7月19日よりシネセゾン渋谷ほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 18日
  5. 『百万円と苦虫女』蒼井優単独インタビュー