シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
サタケミキオ監督&永作博美
『同窓会』
大げさだと恥ずかしいから、ごく普通のプロポーズがいいです
『同窓会』サタケミキオ監督&永作博美 単独インタビュー

取材・文: 平野敦子 写真:秋山泰彦

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

人気テレビドラマ「花より男子2(リターンズ)」の脚本家で、劇団「東京セレソンデラックス」の主宰も務めるサタケミキオ。宅間孝行の名前で俳優としても活躍する彼が、初監督と初主演、そして脚本も手掛けた、笑いと涙とハプニング続出の大人向け青春映画がついに完成。監督の元妻を演じた永作博美と本音トーク全開で、ロケ地での撮影秘話やお互いの恋愛観などを語った。

■永作博美と鈴木砂羽の名コンビ

Q:お互いの第一印象について聞かせていただけますか。

サタケミキオ監督(以下監督):僕はただ「おぉ、永作博美だ!」と思いましたね(笑)。

永作博美(以下永作):わたしはまず「うわっ、デカい!」と思いました(笑)。楽屋の入口が狭かったので、余計に監督が大きく見えたという印象があります。

Q:撮影が進むにつれてお互いの印象は変わりましたか?

監督:キャストはみんなとても仲が良かったんですよ。永作さんと砂羽さんの2人が一緒にいるとね、両方とも言うことがとてもシュールだから独特の雰囲気があって、何だかおかしいんですよ。鈴木砂羽(さわ)さんは暴走すると結構ヤバいんですが、まぁいい言い方をすればみんなストレートだということで(笑)。

永作:みんなつい思っていることをそのまま包み隠さず口に出してしまうんですよね。ただ砂羽さんの場合はおしゃべりが大好きで、サービス精神も旺盛な方なので、つい周りを楽しませようと突っ走ってしまうみたいです。

Q:何か撮影中に楽しかったエピソードはありますか?

監督:メンバーは長崎に現地集合したんですが、結構撮影中はみんなで一緒にご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりしていたんですね。一緒に飲んでいると、なぜか共演者の飯島ぼぼぼが徐々に永作さんに近づいていくんですよ。それを永作さんのマネージャーさんではなくて、なぜか砂羽さんが「ぼぼぼ、あんた近過ぎるよ!」と言って止めていたという(笑)。砂羽さんは、なるべく永作さんの隣にぼぼぼを座らせないように仕切っていました。

Q:島原での撮影はいかがでしたか?

永作:とても気持ち良かったです。たまたま泊まったところにとても珍しい“炭酸温泉”があったんです。ジュワジュワと泡の出る温泉で、疲労回復や肌にもいいということで、女性たちは大喜びで毎日必死にお湯につかっていました(笑)。実際に美肌効果もあって、砂羽さんと2人で「肌が違うよね!」と言い合っていました。

■嫉妬(しっと)深いのはどっち?

Q:この作品では男性の嫉妬(しっと)深さがよく描かれていると思いますが、お2人は嫉妬(しっと)深い方ですか?

監督:僕はそうでもないですね。ただ恋人が街で異性と歩いているのを見かけたりすればカチンときたり、不安になったりということはあります。普通は怒ってしかるべきことですよね!? でもそのことを相手に言えないんですよね……。

永作:わたしは実際に見てみないとわからないですね。監督は実際にそんな場面を見たら、意外と隠れちゃうんじゃないですか(笑)?

監督:それで一人でドキドキしちゃって「あぁ、彼女浮気してるんだ……」と勝手に思い込んだりしてね(笑)。

Q:この映画は大人が人生をリセットして再出発する物語ですが、人生をリセットしてみたいと思ったことはありますか?

監督:僕は今自分がなりたかったものに向かって頑張っている最中なので、まだリセットはしたくないですね。もっと早い段階でいろいろなことがうまくいっていれば、きっと幸せだっただろうなと思いますが、今のこの状態に満足しているので、リセットは考えていないです。ただ僕らのような仕事をしている人間というのは、本当に人生をリセットしたいと思ったら簡単にできてしまうと思いますね。

永作:わたしもリセットはしたくないですね。今ある人生をあるがままに、しっかりと受け止めたいと思います。自分がこれまで歩んで来た人生を踏まえた上で、その結果起こり得るであろうさまざまなことをきちんと体験したいですね。ただ、いろいろな役をやっていると、さまざまな人の人生を擬似的に体験しているので、その分普通の人より多く人生を体験しているような気がしているのかもしれないですね。

■永作博美の理想のプロポーズ

Q:映画の中のすてきなプロポーズシーンは監督の実体験ですか?

監督:僕はやりませんよ、そんなこと! でも皆さんロマンチックなシチュエーションを作ったりして、いろいろと工夫されているみたいですよ。

Q:永作さんは、どのようなプロポーズをされたいですか?

永作:ごく普通でいいです! あまり大げさなことをされると恥ずかしいじゃないですか。でもまぁ、何ごとも経験ですから(笑)。

Q:初恋の相手との恋を成就させるのは大変だと思うのですが、いかがでしょうか?

監督:僕は大学時代にサッカーのサークルに入っていたんです。その中で付き合いを始めて、そのままゴールインしたというカップルが周りに結構多いんですよ。先輩もそうだし、同期も後輩もそうなんです。初恋には少し遅いと思うんですが、それはすてきなことだと思います。

永作:すてきですね。やはりそのときに「結婚しよう!」と思った通りに後に結婚したということ自体がすてきなことだなと思います。

Q:では、この作品を楽しみにされている方々に一言お願いします。

監督:全然難しい映画ではなくて、ベタな笑って泣ける話だと思います。観終わった後にきっと温かい気持ちになれると思うので、よろしかったら劇場まで足を運んでいただきたいと思います。

永作:男女も年齢も問わず、楽しめる映画だと心から思います。ぜひ劇場に観に来てください。きっと懐かしい気分になれると思います。

本作に賭ける思いを熱く語る純粋でストレートな好青年という感じのサタケ監督。そしてそのかれんな外見とは裏腹に、言葉少なにドキリとするような発言をする永作。本作では別れた夫婦を演じた2人だが、取材中はとても息の合ったボケと突っ込みで話を盛り上げてくれた。そのほか、永作と酒豪の座を競ったという鈴木や、永作接近作戦が見事失敗に終わってしまった飯島ら同年代の俳優たちが好演する、等身大の大人の悩みや苦労をダイレクトに感じ、大いに笑い、大いに涙してもらいたい!

『同窓会』は8月16日よりシネマート新宿ほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 14日
  5. 『同窓会』サタケミキオ監督&永作博美 単独インタビュー