シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

 

今週のクローズアップ /シャーリーズ・セロン

今週末に公開の映画『ハンコック』で、ヒロインを演じるシャーリーズ・セロン。実は、かなり過酷な道のりを歩んできた彼女の人生そのものにクローズアップしてみました!
母が父親を、目の前で射殺!~ 不幸な子ども時代

  シャーリーズ・セロンは、1975年8月7日にフランス系の父親と、ドイツ系の母親との間に生まれました。一人っ子のシャーリーズは、小さな頃からダンスをしたり、歌を歌うのが大好きな子どもだったそう。


 ブロンドの髪に真っ青な瞳のシャーリーズは、アメリカの女優と間違われることも多いのですが、実は彼女は南アフリカ出身の南アフリカ人。母国語もアフリカ語で、英語はテレビを見ながら覚えたといいます。そのため女優になってからも映画のみならず、地方ごとのアクセントなどに四苦八苦しているそうで、「アクセントは大変!」とインタビューでもしばしば発言しているほどです。


 アフリカで育ったシャーリーズの子ども時代は、決して幸せなものではありませんでした。父親はアルコール依存症で、お酒を飲むとたびたび家族に暴力を振るっていたのです。そしてある夜、泥酔して帰ってきた父親が暴れ、シャーリーズの母親は娘と自分の命を守るために銃の弾き金を引きました。母親は正当防衛で不起訴となりましたが、シャーリーズの心には大きな傷となって残ったのでした。

 

(c)Frazer Harrison/ Getty Images
母とつかんだ栄光です!

~ダンサーを夢見て、世界へ……~ 夢を追いかけた青春時代

 16歳のときに、モデルコンテストで優勝したシャーリーズは南アフリカを離れることを決意します。ヨーロッパへと渡った彼女は、ミラノやパリでモデルとしての活動を続けますが、子どものころからあこがれていたバレリーナを目指してニューヨークに渡米しました。バレエ学校に通いながら、夢を追いかけたシャーリーズでしたが、ヒザを故障して、無念にもバレリーナへの道はあっけなく閉ざされてしまいました。


 夢をなくして落ち込んだシャーリーズの背中を押したのは、ほかでもないシャーリーズの母親でした。彼女は、シャーリーズにロサンゼルス行きの片道切符を渡し、女優を目指してもう一度頑張ってみるように伝えたのです。


 母親から手渡されたロサンゼルスへの片道切符を持ち、ハリウッドに移住した彼女でしたが、彼女を待ち受けていたのは、仕事のない絶望的な日々。しかしそんなある日、小切手を現金化しようと銀行に行った彼女が、銀行員に断られて大激怒。受付で怒鳴り散らしているところを、エージェントにスカウトされたのです。そして、ついにに女優シャーリーズが誕生しました!

 

(c)Frazer Harrison /  Getty Images
いろいろ苦労したのよ

~体重15キロ増で、オスカーを受賞!~ 華やかなスターとなる

 エージェントにスカウトされたシャーリーズは、すぐにスクリーン・デビューを果たします。最初の出演作は、映画『2 days トゥー・デイズ』。セクシーなブロンドの妻を演じ注目を浴びたシャーリーズでしたが、その作品をきっかけにオファーが来るのはセクシーなブロンドの役柄ばかりでした。ステレオタイプな役柄ばかりでうんざりしていたとき。ついに彼女に運命の役柄がやって来たのです。


 彼女が大ブレイクを起こしたのは、2003年。映画『モンスター』で実在した殺人鬼のアイリーン・ウォーノスを、何と体重を10キロ以上増やして熱演。このロバート・デ・ニーロもびっくりな役作りで、シャーリーズはこの年、ベルリン国際映画祭の銀熊賞、ゴールデン・グローブ主演女優賞(ドラマ部門)、そしてアカデミー賞主演女優賞を獲得。その後もジャンルを問わず、さまざまな映画で素晴らしい演技を見せるシャーリーズは、一躍ハリウッドの演技派女優として名乗りをあげたのでした。

(c)Frank Micelotta / Getty Images
スターの誕生です!

~シャーリーズの美しさに、ウィル・スミスもメロメロ! 映画『ハンコック』!

 今週公開の映画『ハンコック』に出演しているシャーリーズ。相変わらずの美ぼうと、最高のプロポーションで、ウィル・スミスのハートをメロメロに!? 映画『イーオン・フラッグス』以来のアクション大作への出演となったシャーリーズですが、映画でもかなりの大活躍を見せてくれています!


 これまで、社会派の作品のほうが多かったシャーリーズですが、本作の役柄には強く引かれ、「ぜひやってみたい!」とオファーを快諾したそうです。ウィルは、「シャーリーズのような演技派として有名な女性が、エンターテインメント作品に出演してくれるということは、すごく意味のあること」とインタビューでも話しているほど、シャーリーズの才能にベタ惚れ。映画の中でも、すばらしいコンビっぷり(?)を見せてくれています。


 映画『ハンコック』は、アルコール好きで力加減のできない嫌われ者のヒーロー、ハンコックが暴走するヒーロー・アクション。市民に迷惑がられる日々から一転、愛される真のヒーローを目指していくハンコックの奮闘を描いています! シャーリーズは、謎のヒロインを好演! 乞うご期待です!

謎の女……です!

文・構成:シネマトゥデイ編集部

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 31日
  5. 映画『ハンコック』シャーリーズ・セロン