シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
土屋アンナ
『パコと魔法の絵本』
見た目や話し方がどうであれ、いいやつはいい
『パコと魔法の絵本』土屋アンナ 単独インタビュー

取材・文:内田涼 写真:田中紀子

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

『下妻物語』『嫌われ松子の一生』で国内外から高い評価を受けた中島哲也監督の最新作がついに完成。たった1日しか記憶が保てない少女パコのため、忘れることのできないすてきな思い出を作ってあげようと奮闘する大人たちを描いたファンタジー『パコと魔法の絵本』だ。本作でナースにふんした土屋アンナに、中島監督作品の驚きに満ちた撮影現場の様子からこだわりの役作り、さらに息子・澄海(すかい)君とのほほ笑ましいエピソードまで話を聞いた。

■スタッフの結束が強い中島監督の現場

Q:またまた中島監督がすごい作品を作ってくれました!

そうね、わたしは好き嫌い激しいので「いいもんはいい」ってハッキリ言うタイプだけど、今度の作品は確実にいい映画ですね。普段は自分が出ている作品、観ても1回くらいなんだけど、今回は何回も観たいって思いました。

Q:1回観ただけではすべてを追い切れないほど濃厚な世界ですよね。

そうなのよ! 一瞬だけ彦摩呂が出てくるの(笑)。ワケわかんないじゃないですか。まばたきしているヒマもなく、いろんなことが起こっているから何回も何回も観ないとね。そのたびに見方も変わって、感じる部分も違うと思います、はい。

Q:これまでの中島監督作品に頻繁に出演している土屋さんの目から見て、中島監督の魅力は何だと思いますか?

パコちゃん(アヤカ・ウィルソン)も言っていたけど、あんだけ性格がクソじじいなのに、スタッフからは好かれていますよね。結束力が強いんですよ。それにとてもセンシティブな人ですね。

Q:一般的に中島監督って怖いイメージも強いんですが……。

でもわたしは中島監督がスタッフに好かれるっていうのはわかりますね。中島監督は見た目で人を判断しないタイプなんですよ。見た目がどうであれ、話し方がどうであれ「いいやつはいいじゃん」っていう。そういう部分は映画の中身や登場するキャラクターにもすごく出ているし、わたし自身もそうなんで。初めて会ったときから「あっ、かわいい監督だ」って思っていたし、似たもの同士でわかりやすいのかも。だから毎回呼んでもらえているのかな。わたしも「中島監督だから、どんな役もやっちゃおうか」って思います。

■汚いメークが見どころのナース役

Q:今回演じたのは舞台となる病院のナース役。役作りはいかがでしたか?

もうね、悪魔のナースですよ。パンクな感じで(笑)。最初にナース役だと聞いたときは「うわー、わたしにもやっと美しい役が来たのか!!」って喜んだんだけど、テストメークの段階で監督が「とにかく汚く汚く」って(笑)。本当に汚いメークで、出来上がった瞬間は「あっ、またもや暴れ役なのね」って思ったんだけど……。でも実際演じてみると、感情むき出しのキレ役というよりは、どこか周りの状況を冷めた目で見ている女の子でしたね。もちろん感情があふれるときは、もう止まらなくなっちゃうんですけど。

Q:妻夫木聡さん演じる入院患者との切ないラブストーリーも印象的でした。

みんなが夢見ているおとぎ話のような恋愛ではないけど、あの二人の関係は一番愛情があると思う。現実的には、ああいう風に恋愛が家族愛の方向に近づいていくほど、相手のことが大事になるし、きずなも強くなるんじゃないかな。わたし自身、あの関係性はいいと思います。

Q:妻夫木さんとは『どろろ』以来の共演ですね。

でもね、どっちもメークした役なんで、妻夫木はわたしのスッピンあんまり見たことないかもしれないですね。

Q:メークといえば、今回は役所広司さんら豪華なキャストが特殊メークでほとんど素顔を隠した状態でしたが、現場では誰が誰だかわかりましたか?

役所さんはわかんなかったですね。こういうおじいちゃんがいたら、カッコいいけどね。確かに皆さん、普段ここまでメークしない人たちばかりだけど、観る側にはむしろ刺激になるし、キャラクターを受け入れやすいと思う。ある意味シンプルで、わたしはこういうの好きですね!

■家族そろって楽しめるファンタジー

Q:ところでお子さんの澄海(すかい)君に絵本を読んであげることはありますか?

読んだりするんですけどねー、まだ子どもなんでこっちが一生懸命に文字を読んでも、途中でどんどんページをめくっちゃうんですよ(苦笑)。きっとお話よりも、絵本の絵そのものに興味があるんでしょうね。自分の中で、いろんな想像をしてるんですよ。わたしも昔は「スノーマン」とか文字がない絵本の方が好きでしたしね。

Q:この映画もまた想像力を刺激する内容ですね。パコちゃんのために、大人たちが思い出を作ってあげようと奮闘する姿にグッときました。

確かにパコのためにやってるんだけど、何だかんだ自分のために、そして自分の周りにいるヘンテコな大人たちのためっていう感情の方が強いです。演じていても「あっ、うちらのためにやってるんだ」ってね。

Q:最後に公開を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

本当にちっちゃいお子さんから、大人まで楽しめて感動もできる。「えっ」ていうところで笑えるし、盛りだくさんな映画だと思いますね。1回じゃなく何度でも観て、いろいろな発見がある作品だとなので、家族そろって観てもらえるといいと思います。

中島監督こだわりの美術セットも見どころの本作を振り返り「何だかんだでメルヘンなものとかすごく好きなんで、現場では無邪気になれましたね」と土屋。CGを多用した撮影に関しては「見えないもの相手だけど、そういうのを想像するのは得意なんで」と子どものようなピュアで想像力豊かな一面も明かしてくれた。そんな土屋をはじめ、夢を信じる大人たちが集まり完成させた『パコと魔法の絵本』は、ハリウッドファンタジーとは一味違う温かさに満ちた作品に仕上がった。土屋演じる堕天使的なナースも必見だ。

『パコと魔法の絵本』は9月13日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク