シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

 

今週のクローズアップ /美人が大変身のブスメーク映画に注目!!

3月13日にDVDが発売される映画『ハンサム★スーツ』。キング・オブ・ブサイクこと塚地武雅演じる大木琢郎がハンサム・スーツを着用すると、ハンサム代表・谷原章介演じる光山杏仁に大変身というストーリーだが、今回はその逆に注目!! いつもキレイな女優さんたちが映画の中でとびっきりのブスになっちゃう、そんなブスメーク映画をご紹介します。
『ペネロピ』:クリスティナ・リッチ

 まずはかわいらしいブスメークからご紹介。そのロリロリっとした魅力が何ともエロいクリスティナ・リッチが、セクシーさを封印(?)し呪いによって生まれつきブタ鼻とブタ耳を持つ女の子を好演した『ペネロピ』。リアルなブタ鼻メークは、ブスメークというよりファンタジー映画の妖精のような印象。それもクリスティナ演じるペネロピの純真無垢(むく)なキャラクターのおかげといえるでしょう。


 ちなみにクリスティナといえば、その名を一躍世界に広めたのがご存知映画『アダムス・ファミリー』のウェンズデー役。お化けのキャラクターだけに、こちらもブスメークと言えばブスメーク……!? 一方で、映画『スリーピー・ホロウ』のようなレトロな雰囲気もバッチリ似合うクリスティナ。目鼻立ちのはっきりしたお人形のようなルックスだけに、特殊メークも含めたコスプレがよく似合うってことなのでしょうか。

 

コスプレが似合っちゃうのよね~

食神』:カレン・モク

 日本でも映画『少林サッカー』などでおなじみの人気俳優であり監督のチャウ・シンチー。1996年に監督・主演を手掛けた食対決をするアクション・コメディー映画『食神』では、いまだに香港映画史上に残るブスメークのヒロインを登場させ、当時の恋人であったカレン・モクに演じさせています。カレン・モクといえば、ウォン・カーウァイ監督の映画『天使の涙』でその名を一躍広めたばかりのアイドル女優だっただけに、ほぼ全編に渡って容赦ないブスメークでの登場となったその姿に、映画公開前から大きな話題が集まりました。


 劇中では、これでもかというくらいのドアップで登場。さらに出刃包丁片手に歌ったり、すさまじい表情で肉をたたきまくったりするなど、徹底した女優魂で強烈なインパクトを残してくれていますが、コメディエンヌとしてのその素晴らしい才能のおかげか、一度映画を観るとついつい愛着がわいてしまうこと請け合いのキャラクターです。


 もちろん素顔はこんなにキュート! だからこそ、思い切ったブスメークもできるんですかね!?

 

こんなにかわいらしいのにあの変ぼうぶりったら……
MN Chan / Getty Images

『めぐりあう時間たち』:ニコール・キッドマン

 抜群のスタイルに透き通るような白い肌、そして整った顔立ちはまさにマネキンのようなニコール・キッドマン。どんな役をやったってどうにもこうにも美し過ぎてたまらない彼女ですが、そんなニコールにも有名なブスメーク作品が。それは、アカデミー賞主演女優賞を獲得した映画『めぐりあう時間たち』です。人間の顔って鼻ひとつでこんなにも変わるんですね! と思わずにはいられないくらい、付け鼻メークだけでまったく違う印象を作り出しています。


 受賞以前からその演技力を高く評価されていたニコールではありますが、元夫トム・クルーズブラッド・ピットに代表される華やかなドル箱スターほど、なかなかオスカー像を獲得できないアカデミー賞を考えると、この受賞はもしかしてブスメークのおかげ!? なんて考えてしまいます。やはり美人過ぎたりハンサム過ぎると、観る側は演技に集中できないものなのでしょうか……。

自身のお鼻は小ぶりでスッキリしたかわいらしいもの!?

『モンスター』:シャーリーズ・セロン

 ブスメークの究極といえば、やはり映画『モンスター』のシャーリーズ・セロンをおいてほかはないでしょう! 同作では体重を10キロ以上も増やし、まゆ毛を抜いた上に、撮影時には毎回1時間半から2時間もかかるという特殊メークをしていました。いつもの、ものすごくゴージャスなシャーリーズをみじんも感じさせないで挑んだその姿に、全世界が驚かされ、誰もがそこまでやるか!! と思わずにはいられなかったでしょう。


 それまで彼女のルックス通りの美人役が多かったシャーリーズが、体当たりの演技で挑んだ実在の娼婦・アイリーンは、そのルックスに見事な演技も加わり、まさしくモンスターと言える代物に。もはやブスメークを通り越したといえるかもしれません。


 もちろんその演技力は世界中の映画祭で評価され、この年のアカデミー賞でも主演女優賞を獲得しました。そして授賞式では写真の通り、見事なまでに元通りとなった、いつものゴージャスなシャーリーズが姿を現し、わたしたちをホッとさせてくれたのでした。

まさにゴージャスな授賞式でのお姿
Frank Micelotta / Getty Images

文・構成:シネマトゥデイ編集部

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 13日
  5. 美人が大変身のブスメーク映画に注目!!