シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
リン・チーリン
『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』
楽しく生きることがとても重要
『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』リン・チーリン単独インタビュー

取材・文:平野敦子 写真:秋山泰彦

日本で観客動員数400万人突破という驚異的な大ヒットを記録した『レッドクリフ Part I』の続編『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』がいよいよ公開される。映画初出演ながらも、本シリーズの鍵を握る重要な役柄である小喬を演じたリン・チーリン。中華圏で絶大な人気を誇る彼女が、本作の魅力や初めての演技、そしてその美ぼうを保つ秘けつなどについて話してくれた。

■トニー・レオンは俳優のかがみ

Q:映画初出演で超大作『レッドクリフ』シリーズのヒロインに抜てきされた感想について聞かせてください。

何といってもこれが映画初出演で、今まで演技の経験がなかったわけですから、最初は本当に緊張しました。これまでわたしは映画を観るときはほとんどそのストーリーを追いかけるだけだったのですが、この作品に出演したことをきっかけに、映画を観る目が変わりました。2時間の映画のために、何十人、何百人ものたくさんの方々の大きな力が必要なんだと初めてわかり、映画に対する尊敬の念が改めてわいてきたんです。

Q:トニー・レオンさんや金城武さんなどの大スターと共演された感想について聞かせてください。

わたしは新人として大スターのお二人と共演させていただき、本当に貴重な経験をさせていただいたと思っています。最初は彼らのような大スターと共演することに不安があったのですが、お二人とも大スターらしくないくらい気さくで、すてきな方々なのでとても安心しました。

Q:学んだことは何かありますか?

トニー・レオンさんは自分の仕事に対してとても情熱を持っていらっしゃって、常に真剣でした。これからもずっと役者としてのトニー・レオンさんをお手本にしていきたいと思っています。トニーさんのような真摯(しんし)な態度というのは、わたし自身も見習わなくてはと思う部分でもあるので……。

■リン・チーリン流美しさを保つ秘けつ

Q:絶世の美女である小喬を演じられましたが、美しさを保つ秘訣について教えてください。

運動をして適度に体を動かすことと、水をたくさん飲むこと。そしていつも楽しい心持ちでいることですね(笑)。後はあまりストレスをためず、いろいろなことに不満を持たずに楽しく生きることがとても重要だと思います。

Q:リン・チーリンさんが今一番したいと思うことはなんですか?

わたしが今一番したいと思うのは、学生時代にしていたようにリュックを背負って旅行に行くことですね(笑)。以前はよく行っていたんですが、最近はあまりプライベートで行けなくて……。仕事のついでに3日ほど足を伸ばして観光をすることがあるぐらいですね。ガイドブックを片手に、小さな通りをぶらぶらと歩いたりするだけでもとても楽しいですよね。

Q:映画の撮影中に楽しかったことはありますか?

撮影のなかばころになって、ようやく演技をするということが楽しくなり始めました(笑)。自分の出番のないときは、出演者の方々の演技を見ていることも多かったんですが、それを眺めながら、今ここで自分がこの素晴らしい方々と一緒にこの作品に参加しているんだということ自体がとても信じられないような気持ちで、「まさかこんな日が来るなんて!」という喜びでいっぱいでした。曹操役のチャン・フォンイーさんはとてもユーモアのセンスのある方で、わたしが緊張しているときはよく冗談を言ってリラックスさせてくださいました。

Q:小喬は美しく、かつ心優しく強い女性ですが、彼女に成り切るために努力したことがあれば教えてください。

演技はもちろんのこと、昔の女性独特の所作や茶道を学びました。また中国結びという工芸があるんですが、その結び方などを勉強しました。それ以外はとにかくたくさんの映画を観ましたね。多くの作品を観ることによってほかの役者さんたちの演技から学ぶことも多かったし、自分の人生経験の不足を多少はカバーすることができたと思います。直接そのことがすぐに現場で役に立つということはありませんでしたが、いろいろな面でわたしの心の中に残っているものだと思います。

■この世で一番大切なのは、やはり愛!

Q:彼女は夫に尽くすタイプですが、ご自身は尽くすタイプですか? それとも尽くされるタイプですか?

もちろんわたしも尽くすタイプですよ(笑)! もしわたしも小喬と同じ立場だったら、同じような決断をして、同じように一人で敵地に乗り込もうと思います!

Q:この映画では友情や仁義、愛などについて描かれていますが、この中でご自身が大切にされているものは何ですか?

友人との付き合いの中では誠実さと信頼、それからやはり愛情が必要ですよね。友情でも恋人との関係でも、肉親との間柄においても結局は愛が必要なんだと思います。

Q:『レッドクリフ』シリーズは日本を含むアジア圏内で大ヒットを記録しましたが、その要因は何だと思われますか?

現代のわたしたちがこの映画を観ても、十分に楽しめるような新しい三国志だからだと思います。それがアジアをはじめ、ヨーロッパなどでもこの作品が受け入れられた理由でしょうね。特に日本は三国志ファンが多い国ということもあって、興行的に大ヒットしたのはこの新しい三国志映画というものが多くの方々に受け入れられた結果だと思います。

Q:この映画でリン・チーリンさんのファンになった方も多いと思いますが、ご自分のチャームポイントはどこだと思われますか?

今までそんなことを考えたこともなかったので、自分ではよくわからないですが(笑)。これから皆さんに『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』を観ていただくわけですが、映画の撮影中も本当に自分がそのような場所にいて、小喬を演じているということがとても信じられないような心持ちだったんです。わたしは今まで台湾や中国を中心に活動してきたので、この映画を通してほかの国の方々にも知っていただいて、ファンになっていただけるというのは、とてもうれしいことだと思います。

Q:最後に『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』の魅力について教えてください。

まずこの三国志という物語自体が、たくさんの素晴らしい知恵が詰まっているストーリーだと思います。英雄たちの義きょう心や友情をうたっている映画で、特にジョン・ウー監督が描く三国志というものには、男同士の友情や義理人情の世界、そして平等の精神や愛や道徳というたくさんのメッセージがこめられているんです。だからといって小難しいことを大げさに語るのではなく、ユーモラスな部分もたくさんありますし、人間性を深く掘り下げた作品なので、時代劇という重さがあまりない点も魅力の一つだと思います。

まだ肌寒い取材当日、リン・チーリンはピンク色の袖なしのミニワンピース姿でさっそうと現れた。さすがはモデル出身だけあって、そのバツグンのスタイルと、くるくると変わる豊かな表情につい見とれてしまう。とても愛くるしい声でこの作品にかかわれたことへの喜びや、大スターたちとの共演について率直に語る様子からは彼女の聡明(そうめい)さがうかがえる。日本ではまだ知名度は高くないものの、この『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』の観賞後には、確実にリン・チーリンファンが急増することは間違いないだろう。

映画『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』は4月10日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク