シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
米倉涼子
『交渉人 THE MOVIE』
バカにされない自分でありたい
映画『交渉人 THE MOVIE』米倉涼子 単独インタビュー

取材・文:内田涼 写真:高野広美

知力と美ぼうを武器に、あらゆる犯罪に戦いを挑む警視庁捜査一課のネゴシエーター・宇佐木玲子の活躍を描いたテレビドラマ「交渉人~THE NEGOTIATOR~」が、映画『交渉人 THE MOVIE』としてスクリーンに復活した。映画版ならではのスケール感に加えて、豪華キャストによる新キャラクターの登場も見せ場の本作で、堂々たる主演女優ぶりを発揮した米倉涼子が作品への思いはもちろん、「強い女性」というイメージとは一線を画す素顔を披露してくれた。

■現場で自然に取り戻した宇佐木玲子の感覚

Q:今回の映画化に際して、米倉さんご自身はすんなり宇佐木玲子に戻ることはできましたか?

現場に行くとすーっと玲子に戻れましたね。最初に撮ったのは独房にいる死刑囚の真里谷(城田優)に会いに行くシーンだったんですが、撮影しながら、わたし自身「待ちに待った」という実感を覚えました。全国一斉公開される大作の主演というのは初めての経験なので、プレッシャーもありましたけど。

Q:テレビドラマ版と今回の映画版で、宇佐木玲子像に何か違いはありますか?

それは何にも違わないですね、本当にドラマ版と同じなんです。やはり今までドラマを応援してくださったファンの皆さんに「交渉人ってこうじゃなかったよね」って言われるのが一番残念ですし。

Q:作品のスケール感という点では、やはり映画版の方が規模は大きいですよね。

確かにそうですね。ドラマはテレビ朝日さんのスタジオで撮影していたんですが、今回の撮影は角川大映スタジオでした。自然と「映画を撮りに来ているんだな」って感覚になりましたね。スタジオには飛行機の巨大なセットが置かれていたり、大掛かりだなって。ドラマ以上に豪華なキャストの方々(反町隆史、成宮寛貴、柳葉敏郎ら)とお会いできたのも映画ならではかな。皆さん、主役級の方々が勢ぞろいされていますし。

■玲子を演じる上で大切にしていること

Q:米倉さんが宇佐木玲子という女性を演じる上で、意識している点を教えてください。

共演者の皆さんが大先輩ばかりなので、それだけで気が引き締まりますね。おのずと「バカにされない自分でありたい」という思いがわいてきますし、そういう部分は宇佐木玲子という女性像を作り上げる上で大切だった気がします。彼女自身、男社会で生きるわけですから。「お前、女なのに男らしいな」って言われるような存在でいたいなと。

Q:今回の映画版はハイジャックされた飛行機内が舞台ですね。

今までは地上での交渉劇ばかりだったので、玲子本人が上空10,000メートルでハイジャック犯と戦うという設定が新鮮ですし、面白いなと思いますね。飛行機って完ぺきな密室なので、そこで何ができるのか考えなくちゃいけないですし。

Q:劇中には、キャビンアテンダントの制服に身を包むシーンもありますね。

着る前は「すごく似合う~」とか「全然似合わない!」とか周りのスタッフさんが盛り上がると思っていたんですけど、実際着てみると案外、みんな普通のリアクションで「あら、さみしい~」って(笑)。本当はもっとイジってほしかったんですけどね。

Q:それだけ自然に着こなしていた、ということでは?

そういうことにしておきます(笑)。

■女優としての武器は「自信のなさ」

Q:今回の映画版は、女優として10周年を迎えた米倉さんにとって大きな挑戦となりました。この10年間を振り返って、どのようなお気持ちですか?

まず女優として10年間、お仕事させていただいたことにとても感謝しています。大事な方々とお仕事ができましたし、わたし自身、大好きな作品がたくさんあるんですね。そう考えるとこの10年間は、とっても幸せだったなぁって。これからも自分が堂々と好きといえる作品に出会いたいと思っています。

Q:米倉さんは、玲子みたいにプライベートにまで仕事を持ち込んでしまうことってあるんですか?

わたしは一切ないですね。日常生活で役柄を引きずったり、持ちこんだりはしないですよ。だから玲子みたいな生き方は……実際、ああだったらイヤだなぁ(笑)。何事にも悔いを残さないように生きる姿はカッコいいと思いますけどね。

Q:今後、チャレンジしたいことは?

今は舞台(6月に再演されるブロードウェイミュージカル「CHICAGO」)のことで頭がいっぱいで、先のことは考えられないんですよ。映画の方も、お客様が劇場に来てくれるのか心配で心配で。結果を待つ身、怖いですよぉ。

Q:玲子は知力と美ぼうを武器に悪と戦いますが、米倉さんにとってご自分の「武器」って何ですか?

うーん……「自分に自信がない」ってことかもしれないですね。よく周りのスタッフからも、「お前は自信がなさ過ぎる」って言われるんですけど(笑)。でもわたしとしては、自信がないほうが頑張れる、っていうこともあるんですよ! だからあえて武器として、自信のなさを挙げたいですね。

常に堂々たる存在感で、美しいヒロインを演じ続ける米倉から飛び出した「自信がない」という意外な言葉。しかしそんな繊細な内面と、自らに努力を課す姿勢があるからこそ、女優として10周年を迎えた今、さらなる輝きを放っているのは言うまでもない。ドラマ以上に迫力あふれるアクションにも果敢に挑み、交渉人・宇佐木玲子という女性をさらにバージョンアップさせた米倉の今後の活躍に大いに期待したい。

ヘア&メイク:石川亜矢

スタイリスト:寳田マリ/オランジェ

ベスト・パンツ・ジャケット:ベータ/ファイブフォックス カスタマーサービス

映画『交渉人 THE MOVIE』は2月11日(木・祝)より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク