シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
谷村美月&香椎由宇
『ボックス!』
男の子っていいなあって思うところがたくさんある
『ボックス!』谷村美月&香椎由宇 単独インタビュー

取材・文:シネマトゥデイ 写真:高野広美

今もっとも注目を集める若手俳優、市原隼人が主演を務め、大阪を舞台に、ボクシングに情熱を燃やす二人の高校生のアツい友情を描いた映画『ボックス!』。男ばかりのボクシング部に花を添える存在が、マネージャーの丸野役の谷村美月と顧問の教師役を演じる香椎由宇だ。汗が飛び散る現場で、男たちのコブシとコブシの戦いを間近で見て来た二人の女優に、本作の魅力を語ってもらった。

■殴り合いだけじゃない温かい作品に仕上がった

Q:作品の仕上がりを観ていかがでしたか?

谷村:思い入れがすごく強い作品なので、一つ一つ思い出がよみがえってくる感じで、わたし自身客観的に観ることがまだできないんです。

香椎:作り手の愛情がたっぷりと詰まった映画なんです。わたしもまだ客観的にはちゃんと観られていないんですけど、痛々しいだけじゃなく、温かい映画に仕上がっていると思いました。

Q:同世代の役者さんが集まった中で、香椎さんだけ教師というちょっと違う立場だったと思うんですが……。

香椎:あんなに融通のきかない先生嫌ですよね(笑)。最初は、生徒たちの輪の中に入れなくて寂しかったんです。でも撮影がほとんど順番通り進んでいったので、初めはあまりわかっていなかったボクシングのことも、だんだんわかってきました。ちゃんと相手を尊敬し合って、100パーセントの力を出し合って殴り合うからこそ友情が生まれるんですよね。

Q:谷村さんは、市原さんが演じる鏑矢に、マルブタとかひどいあだ名で呼ばれていましたが、あんなふうに呼ばれるのは初めてだったんじゃないですか?

谷村:そうですね(笑)。でもあだ名で呼ばれる役柄って初めてだったので、なんだか新鮮でうれしかったです。

Q:「ブーブー」って言うのがかわいかったです。

谷村:最初、その「ブーブー」って、映画だしリアルを追求しなきゃいけないって思って、鼻で鳴らす、本気のブーブーを練習していたんです。

香椎:「どうしよう……、できないです!」って相談してきたんですよ(笑)。

谷村:でも監督は、普通に口で「ブーブー」って言っていいよって言ってくれたんで、ちょっとほっとしました。

■女子高出身の二人ならではのカルチャーショック!

Q:マルブタちゃんの、鏑矢に対する真っすぐな気持ちが観ているこっちもうらやましくなってしまいました。

谷村:わたしもマルブタと同じ関西人なんですけど、彼女みたいに正直に気持ちを伝えることはできないです。

香椎:すてきですよね。わたしは女子高出身だったので、ああいう好きな男の子に対する気持ちそのものが新鮮でした。

谷村:あ、わたしも女子高だったんでわかります! 恋するチャンスなんてありませんでした(笑)。

Q:現場で、ボクシング部という男子の集団に入っていくのは、結構勇気が必要だったと思うんですが、部員たちとはどうやって距離を縮めていったんですか?

香椎:わたしは教師役だったので、最初は本当に映画そのものです。皆さんボクシング一直線で、わたしが現場に行っても「何?」って感じだったんです。それが、カブのセコンドについて、初めてちょっと仲間に入れた気持ちになれましたね(笑)。「飲み物どうぞ!」みたいな(笑)。だから、わたしはずっと先生目線で「みんな頑張ってるね!」って気持ちでいました。

谷村:男の子たちは、撮影前に練習をしていたから、撮影に入った時点でチーム感ができ上がっていたんです。そこにマネージャーとして、どんと入っていくのは、結構勇気が必要でした。普段は自分から話し掛けない方なんですけど、今回はかなり頑張りました。もう必死にモチベーションを上げて、話すようにしていました(笑)。

■ボクシングはただの殴り合いじゃない!

Q:試合のシーンを実際に観た感想は? 大迫力でしたよね!

谷村:わたしは残念ながら途中までしか観られなかったんですが、みんなが一生懸命頑張っているところはたくさん観てきたので、本当にすごいなって感動しました。

香椎:本当にすごかったですね。何度も急所に入って、市原さんがすごく苦しそうな顔をするんです。「ああ、倒れちゃう」って思っていても気合で立っているのが伝わってくるんですよね。こっちの姿をカメラが映していないときでも、涙が出そうになっちゃうくらい、感動しました。でもちゃんと見なきゃと思って、必死に見ていました。

Q:そういう姿を見ると、本気で応援したくなっちゃいますよね。

香椎:そうなんですよ。だから、カメラが回る前でも試合シーンの前は、みんなリングに上がる人に、心の底から「頑張って!」って伝えていました。

谷村:市原くんがすごくみんなを引っ張っている感じがありましたね。映画と同じで、みんなが信頼し合っていました。

Q:この映画に参加してから、ボクシングの見方は変わりましたか?

谷村:ボクシングって最初は関心がないスポーツだったんです。でもコブシとコブシのぶつかり合いを、単純に殴り合いだと思ってはだめだって思ったんです。今ではボクシングのテレビ中継があると、つい見ちゃうようになりましたね。

香椎:ほんとそうだよね。クライマックスのボクシングシーンは、2分間のラウンドを丸々ワンカットで撮っているんですね。そのラウンドが終わって、稲村とカブが、「次のラウンド頑張ろう!」って抱き合っているのを見たときに、ボクシングをただの殴り合いだと思っていたことを本当に申し訳なく思いました。女性が見たら、絶対ボクシングの見方が変わるんじゃないかと思いますね。

■男子特有のアツい友情がうらやましい!

Q:この映画に描かれている男子の友情も、本当にアツかったですよね。

香椎&谷村:(声をそろえて)うらやましい!

谷村:ああいうのは女子にはあまりないですよね。女子って、もっと女子同士の付き合いみたいなのがあったりして、めんどくさかったりするじゃないですか。男子特有のアツい感じが、すごくうらやましかったですね。

香椎:けんか一つとっても、1回本気でぶつかり合えば友達! みたいな感覚が、男の子っていいなって思いました。現場でも、役者さんたちがぶつかり合っているのを見て、すごくうらやましかった。撮影中に思ったことはみんなはっきり言うし、それでいいものを作ろうって、一つのゴールにみんなで向かっていました。男の子ってすごくストレートにやるんだなって、ちょっとうらやましかったです。

Q:市原さんと高良さんのコンビはいかがでしたか?

谷村:不思議な二人ですよね。役柄とかぶるところもたくさんあったと思います。市原さんは自分の情熱をどんどん表に出していくタイプで、高良さんは内に秘めたアツさがある感じ……。

香椎:高良君は、ユウキみたいにナヨナヨした部分はあまりないんですけど、一人で考えこむんですよね。一人で悩んでいるところに、市原さんが来て、「話そうよ!」って言っているのを見ました。

Q:最後に、お二人が女子目線で本作を観たときの、胸キュンポイントを教えてください!

谷村:丸野目線で言うと、やっぱりカブ君がふと見せる、カブ君らしくない表情かな。表向きはすごくやんちゃなのに、たまにつらそうな顔をしたり、しゅんとしたり、悲しげな顔を見せるんです。そういうところに、キュンとくると思います!

香椎:やっぱりカブとユウキが直接戦った後に、カブがある決意をするんですけど、そのシーンはとてもキュンってしました。ほかにも男の子っていいなあって思うシーンがたくさんあると思います。

口ではクールに「男の子たちばかりの部室は、いい意味で暑苦しいです」と言いながらも、表情は愛情たっぷりの香椎は、まさに映画の中の先生そのもの! そして、うれしそうに部員役の役者たちとの交流を語る谷村も、マネージャー丸野として部員への愛にあふれていた。二人のインタビューからわかったのは、彼女たちが、ボクシングを頑張る市原や高良の姿に胸を打たれ、この作品を心から愛しているということ。もともとボクシングには興味のなかった二人もおススメする本作で、男性はもちろんのこと、女性もぜひ胸キュンしてもらいたい!

【香椎由宇】メイク:宮田靖士、スタイリスト:関志保美
【谷村美月】メイク:松嶋慶太、スタイリスト:松尾正美

(C) 2010 BOX! Production Committee

映画『ボックス!』は5月22日より全国東宝系にて公開中

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 24日
  5. 『ボックス!』谷村美月&香椎由宇 単独インタビュー