シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
堀北真希、高良健吾
『白夜行』
心は殺せるか、殺せないか
『白夜行』堀北真希、高良健吾 単独インタビュー

取材・文:鴇田崇 写真:吉岡希鼓斗

累計200万部を突破し、これまでに舞台化やテレビドラマ化されてきた東野圭吾の人気小説を、映画『60歳のラブレター』などの俊英・深川栄洋監督が映画化した『白夜行』。ある殺人事件をきっかけに複雑に絡み合う人間関係を、19年間にわたって事件を追い続ける刑事の視点で描く重厚な人間ドラマが繰り広げられるが、その渦中にいる男女を堀北真希と高良健吾が好演した。東野原作の人気の理由や初の悪女役の感想、お互いの印象や役へのアプローチまで、さまざまな話を聞いた。

■新生『白夜行』は、生々しいパワーが圧倒的!

Q:まったく新しい『白夜行』誕生として期待が高まりますが、ご自身ではどう受け止めましたか?

堀北真希(以下、堀北):映画に出てくるすべての登場人物に、人間の迫力みたいなものをすごく感じました。「白夜行」に対する思いはキャストの皆さん、それぞれ違ったと思うのですが、強い思いがスクリーンから出ているようでした。それが笑わせてくれるような親切なエネルギーではなくて、生々しいパワーだったことが、今回の映画版『白夜行』の魅力になっていると思います。

高良健吾(以下、高良):僕は、ほかの人の心情や様子を知る必要がない役柄だと思っていたので、撮影中は自分のシーンに集中していたんです。だから、本編を観たときに、船越(英一郎)さん演じる笹垣の愛を感じて泣きました。一人での撮影が多かったせいか、完成した映画を観て受けた印象が、それまでのイメージと全然違いました。

Q:原作は大変な人気作ですよね。今回全身全霊で力を注いでみて、人気の秘密はわかりましたか?

高良:「白夜行」は絶対的に救いのないストーリーの中に、いちずな愛やサスペンスなどさまざまな要素が織り込まれているからだと思います。でも、去年公開された映画『告白』や『悪人』にお客さんが入ったのは、案外こういう色合いの作品が求められているからだと思うんです。

堀北:東野さんの作品の中には、サイエンス的な要素が入っているものが少なくないと思うんです。人間ドラマとして終わるのかと思っていたら、最後はすごく科学的なトリックが待っていたり。「白夜行」は、その中でも別格のジャンルのような気がしていて、人の感情が渦巻いている物語だと思います。

■緻密(ちみつ)な計算が必要だった役づくりとは!?

Q:堀北さんにとって初の悪女役も話題ですが、直接的なシーンがない分、工夫が必要でしたか?

堀北:はい。難しかったです。雪穂には罪悪感がないという設定をわたしはしていたので、いい人で終わってしまう危険があって、そうなると根本的に違う話になってしまう。すべてが明らかになったときに初めて、「雪穂は怖い!」と思ってもらわないといけないから、その表現は難しかったですね。雪穂の怖さは特別な怖さであるというのが「白夜行」の魅力。それをお客さんにどうやって伝えようかと、今回は自分の中でかなり計算しながら演じていたと思います。

Q:高良さんは、雪穂を陰で支える亮司という男を演じるため、どんなアプローチをしましたか?

高良:最初は、亮司が人間としては死んでいるように見せるために、気持ちを押し殺して淡々と演じようとしていました。でも、深川監督と話し合い、もっと温かみを持って、悩ましい、処世術にたけた人間にしようということになりました。あとは、ずっと異様な雰囲気でいるというよりは、この人の前にいるときはこういう感じ、この人の前ではこんなふうに見えるようにと演じるようにしました。例えば、典子(粟田麗)とのシーンでは本気で典子を愛しているように見えるように。学生時代も普通の学生を演じるのが特に大変な作業だったと思います。常に人をだましているような感覚がすごく気持ち悪かったです。

■堀北の第一印象はミステリアス!?

Q:本編ではほぼ絡まないという共演でしたが、撮影終了後に話したいこともあったのでは?

堀北:高良さんが現場でとても苦しい思いをしていたと聞いたので、「大丈夫?」って声を掛けたかったです(笑)。作品に入るとわたしも役に集中してしまうので、撮影終了後に役から抜け出せなかったらかわいそうだなって思っていました。

高良:僕は、堀北さんは普段何をしているのかとか、どんなときが楽しいのかなどと考えていました。ミステリアスな印象が強かったですし、今でも強いので……。

堀北:それはわたしも思いました。自分と年齢が近くて同じお仕事をしている人だと、何をして遊ぶのだろうかとか、すごく気になったりします。学生同士の友達なら皆で集まって楽しんでいる姿などが見えるけれど、同じお仕事をしていると生活のリズムも忙しくて一定じゃないので。

高良:本当にミステリアスなんですよ(笑)。

堀北:え~っ! どうしてそう見えるのかな。

Q:一般的に同世代の場合、オフカメラの間に演技や仕事の話に花が咲くと聞きますが。

高良:いえ、そういうのはまったくないです。

堀北:わたしもそういう話はしないかなあ。

高良:僕は人に何かをしてほしい、こうあってほしいという気持ちがあまりないんです。全員違っていいって思います。

堀北:お芝居の話をするときって、共通の言葉がないと思うんです。言葉で伝わるものではなかったりするから。深川監督も同じ考えだったと思います。本番中は、わたしなりのお芝居で伝えたいことを示していました。

Q:高良さんは、深川監督のささやくような演出に悩まされ、助けられていたそうですね。

高良:監督が言われていたことは、10挙げて10こなす人もいれば、1か2かしか挙げないのに、10できる人もいるということでした。僕の場合は、典子とのシーンでは細かく指示されましたが、基本的には「お前は孤独だ」とか、一言での演出が多かったです。

■演技で心は殺せるのか!?  芝居への向き合い方に変化

Q:コピーに「殺したのは、心」とありますが、まさしく心を殺しながら演じられたのでしょうか?

高良:いえ、自分の心は殺さなかったです。僕には私生活がとても大事で、仕事が忙しいと生活のすべてが作業になってしまうんですね。そうじゃなくて、飯を食ってうまいと思うべきだし、風呂に入って気持ちいいと思ったほうがいいに決まっていると思う。その方がリアルじゃないですか。だから、自分の心は殺せない。なるべくうそはつきたくないといつも思っていますね。

堀北:わたしは、殺せますね。この役に徹すると決めていたから、自分の感情はすべて心の下に押し殺して演じていました。だから集中しなければいけないシーンばかりで、撮影中の細かいことは、ふわふわしていてよく覚えていないのが正直な感想なんです。

Q:そんな『白夜行』に参加されて、俳優としてのご自身は、今後どう変わっていくと思いますか?

堀北:この作品に出会う前は、人の求めていることに応えたいという気持ちが強くて、監督や周りの人の期待に応えたいと思っていました。でもこの作品に関してはとても自分の欲が入ったというか、自分がしたいことを入れさせていただきました。それは「白夜行」という原作の存在があり、撮影に入る前に読み返していたからだとも思うのですが、自分の強い思いを表したいと思ったので、納得がいかないことには納得がいかないと言いましたし、そういう仕事への向き合い方もあるんだなと思いました。自分にもできるんだなということが新しい発見でしたね。

高良:僕が芝居を始めてから常に一貫して思っていて、言っていることは、当たり前のことができればいいなと、それだけなんです。そこはシンプルです。確実に状況は変わってきていると思いますが、変わらないことをすごく意識しています。

本格的な共演作ながら、劇中でほぼ顔を合わせないという特殊なシチュエーションを経験した堀北と高良。同年代の俳優同士、お互いを気遣っていたという心境を明かしたが、独力で努力を重ね、それを報告し合う戦友のような関係が印象的だった。偉大な原作を映像化する過酷な現場を経た2人だが、確実に何かが彼らの体内に残った作品であることは間違いない。それだけに観る者の心を打つ作品になった『白夜行』。鑑賞後に激論を交わすのも一興だ。

(C) 2011 映画「白夜行」製作委員会

映画『白夜行』は1月29日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク