シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イケメン調査隊 ショーン・ドウ vol.43

チャン・イーモウの秘蔵っ子! 切れ長の瞳が涼やかなアジアの二枚目 ショーン・ドウ

<インタビュー>

Q:チャン・イーモウ監督に見いだされての映画デビューとなりましたが、今のお気持ちは?
まさか自分がイーモウ監督の映画で主役を演じられるなんて思ってもいなかったので、出演が決まったときは飛び上がるほどうれしかったです。中国で映画が公開されてからは、僕の人生も大きく変わりましたし、いくつもの扉が開いたような気がしています。これからいろんな作品に出演すると思いますが、『サンザシの樹の下で』は一生忘れられない作品になりましたね。

Q:今回演じたスンは、優しくて正義感あふれる青年ですが、自分と似ているところはありますか?
イーモウ監督は、僕が監督の抱いていたスンのイメージに似ていたから、オーディションで選んでくれたのだと思います。でも、それはあくまでも雰囲気であって、役の性格や気持ちは監督の演出を受けてつくっていったものです。スンという男性は、世の女性たちにとって理想の恋人像なんですよね。彼は、愛する人に対して見返りを求めずに、全身全霊で守ろうとする。相手を心から愛することができれば、それだけで幸せを感じられる人なんです。実際の僕は、残念ながらスンのような男じゃありません(笑)。もちろん、「あんな男になれればいいな」とは思いますけどね。

Q:ヒロイン・ジンチュウ(チョウ・ドンユィ)との初々しい純愛エピソードが印象的ですが、一番胸がキュンとしたシーンといえば?
ジンチュウのお母さんの前で「25歳になるまで会わない」と約束したスンが、「最後にジンチュウの足の包帯を巻き直させてほしい」と頼むシーンです。彼女の包帯を巻き直しているときの、スンの別れを惜しむ心情がとても切なかったです。あと、川を挟んで向かい合ったスンとジンチュウが、その場で相手を抱きしめるマネをするシーンがありますが、スンは、「今度こそ本当に最後だ……」という気持ちでいたので、本当に胸がいっぱいになってしまいました。

Q:撮影時の面白エピソードを教えてください。
先ほどお話した、川を挟んで2人が向かい合う感動的なシーンでのことですが、相手役のドンユィはショートパンツ姿だったので、足に蚊が何匹もまとわりつていたらしいんです。だから、上半身は思いを込めて抱きしめているマネをしているのに、下半身はかゆくて激しく足をこすり合わせていたんですよ(笑)。それがすごく面白かったです!

<一問一答>

Q:チャームポイントはどこだと思いますか?
んー、どこかなあ……どこがいいですかね?

Q:笑顔がステキです!
じゃあ、笑顔ということで(笑)。あ、ちょっと待って! やっぱり目かな。この細い目です(笑)。

Q:好きな女の子のタイプは?
明るくて活発で、節度を守れる人。あと、親を大切にする人が好きです。

Q:好きな女の子のしぐさは?
そんな質問されたのは初めてですよ(照れ笑い)。そうですねえ……本を読んでいる女性が何げなく片方の髪の毛を耳に掛けるところかな。グッときちゃいますね。

Q:初恋の思い出は?
この短い時間では話しきれないです(笑)。

Q:女性には自分からアプローチするタイプ?
もちろん! 僕は積極的にアプローチしますよ(キッパリ)!

Q:来日中に行ってみたいところは?
ラーメンが大好きなので、また食べに行きたいです。昨日も食べたんですけど、「日本では音をたててラーメンを食べないとダメ」と言われたので、がんばってズズっとやってみました。すごくおいしかったです!

Q:スタイルをキープするためのコツは?
スポーツをすることと、ジムで鍛えることです。

Q:得意なスポーツは?
ホッケーとラグビー。カナダにいるときずっとやっていました。

Q:もし俳優になっていなかったら、どんな職業を選んでいたと思いますか?
ヘアスタイリストかな。カナダでは3年半くらいヘアスタイリストとして仕事をしていたんです。今日のセットも自分でやったんですよ! あとは、陶芸家にもあこがれますね。

Q:将来はどんな俳優を目指していますか?
いい意味で、社会に対して影響を与える俳優になりたいです。

 
取材・文:斉藤由紀子 写真:高野広美

作品情報

サンザシの樹の下で

映画『サンザシの樹の下で』は7月9日より新宿ピカデリーほか全国順次公開
作品情報はこちら
オフィシャルサイト
コピーライト:
(C) 2010, Beijing New Picture Film Co, Ltd and Film Partner (2010) International, Inc. All Rights Reserved.

ショーン・ドウ

生年月日  :1988年12月15日
出 身    :中国・西安
身 長    :182cm
血液型    :O型
趣味・特技 :ホッケー ラグビー

芸歴:
カナダの「バンクーバー・サンシャイン・ボーイズ・コンテスト」で優勝し、2008年に北京電影学院に進学。テレビCMや舞台で活躍した後、チャン・イーモウ監督に見いだされ、本作で映画デビュー。イーモウ監督の次回作『金陵十三釵』にも出演が決定している。

<映画>
■2010年
サンザシの樹の下で
『秋之白華』
■2012年
『金陵十三釵 / Nanjing Heroes』

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 第43回『サンザシの樹の下で』ショーン・ドウ