シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
妻夫木聡、安藤政信、石井克人監督
『スマグラー おまえの未来を運べ』
夢を見ることは大切だと思う
『スマグラー おまえの未来を運べ』妻夫木聡、安藤政信、石井克人監督 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:吉岡希鼓斗

映画『鮫肌男と桃尻女』で日本の映画界に衝撃を与えた石井克人監督が、ファン待望の新作『スマグラー おまえの未来を運べ』を完成させた。人気漫画家・真鍋昌平の原作を映画化した本作は、無気力なフリーターの砧涼介が、借金返済のために危険な運送屋(スマグラー)の一員となったことから、人生最大のピンチを迎える様子を描くアクション・エンターテインメント。主人公の砧を熱演した妻夫木聡、砧の運命に大きくかかわるチャイニーズマフィアの背骨を演じた安藤政信、そして石井監督の三人が、撮影のウラ話を明かした。

■石井監督からのオファーに即決!

Q:石井監督の新作というだけで興奮してしまう人も多いと思いますが、妻夫木さんと安藤さんは、最初にお話を聞いたときどう感じましたか?

妻夫木聡(以下、妻夫木):かなりテンションが上がりましたね。電話でマネージャーから「石井さんの作品だよ」と言われた瞬間に「やる!」と答えました。普段は脚本を読んでから決めることが多いのですが、今回はすぐに引き受けました。

石井克人監督(以下、石井監督):僕はもともと、妻夫木さんとやりたいなという気持ちがあったんですよ。

妻夫木:ありがとうございます。

安藤政信(以下、安藤):僕も昔から石井さんの大ファンだったので、お話をいただいたときは本当にうれしかったです。僕にとっては4年ぶりの日本映画なのですが、石井さんが背骨というステキな役を与えてくれたので、全力で応えたいと思いました。

石井監督:安藤さんは、昔、一度だけ会ったことがあるんですけど、そのときはちょっとやさぐれているような印象で(笑)。それをふと思い出して、背骨をやってもらったら面白いんじゃないかと考えたんです。

Q:ユーモアとシリアスとのバランスが絶妙でしたが、その加減は計算しながら演じていたんですか?

妻夫木:監督にその都度相談していました。今回演じた砧は、登場人物の中で一番フラットな立場だったし、周りが皆濃いキャラだけに、僕まで濃くなってしまうと面白くなくなってしまうような気がして……。なるべくほかの役者さんにつられないようにしていました。コミカルなシーンをコミカルに演じても、面白くないと思うんですよ。

石井監督:うん、真剣にやっているからこそ面白いのだと思います。

妻夫木:我修院(達也)さんなんて、ただ立っているだけでも真剣にやっているから面白いんですよね。イカを食べているだけであんなに笑える人なんて、なかなかいないですよ。

■アクションシーンは斬新なアイデアが満載!

Q:ハイスピードカメラを使ったアクションシーンも見どころですが、血のりをあまり使わずにアクションを撮るというのは、最初から意図していたことなんですか?

石井監督:そうですね。血のりをたくさん使うとR指定になってしまうし、血がちょっとしか出ないほうがオシャレな映像になりそうだなと思ったので、その代わりに水を多用しました。スローの動きをわかりやすくするためにも、ヨダレや汗を飛ばすのが一番いいかなと思って。

妻夫木:スピーディーな動きをあえてスローで表現するのが新鮮でしたね。あと、パンチが当たったときの衝撃を、空気を当てることで表現するというのも面白かった。血しぶきで表すのは簡単なのかもしれないけど、そうではなく、空気の衝撃波や唾液(だえき)で臨場感を出していたんですよね。でも、演じているときはマヌケなんですよ。口に水を含んで、「せ~の!」でダラーとこぼす、みたいな感じで(笑)。

石井監督:そうそう、撮影自体は意外と地味なんです。

安藤:完成した映像はすごく美しかったですよね! 何度も観たくなります。どのアクションシーンも時間をかけて丁寧に撮っていただいたので、僕もやっていて気持ちが入りました。

Q:安藤さんは、殺し屋の背骨を演じるために、かなり体を鍛えたそうですね。

安藤:撮影の1か月前から筋力トレーニングをして体を作りました。実は、僕よりもパーソナルトレーナーさんが入り込んでいたんですよ。トレーニングの初日から、いきなり「殺し屋の目になっていない!」って言われてビックリしました。

妻夫木:すごい! まるで助監督さんみたい。

石井監督:いいねえ。素晴らしい!

安藤:でも、さすがにスポーツジムの中で殺し屋の目になることはできなかった。正直、あまりにもトレーニングが厳しくて、心が折れそうになりました(笑)。

■妻夫木と安藤が、夜空を見上げて語り合ったこととは?

Q:妻夫木さんと安藤さんは、映画『69 sixty nine』以来の再共演ですが、久々にお会いして月日の流れを感じたことはありましたか?

妻夫木:安藤さんは、いくつになってもいい意味で変わらないです。「やりたいものだけをやる!」というスタンスがいいですよね。安藤さんって、あまり多くを望まない方のような気がするんです。人間って、どうしても欲が出ちゃうものなのに、その欲に逆らって生きているようなところがすごいと思うし、ご一緒していて勉強になるところがあります。

安藤:僕としては、欲に逆らっているわけじゃないんですけどね(笑)。妻夫木くんは今、俳優としてトップの位置を走っているじゃないですか。『69 sixty nine』で共演したときは、二人で夜空を見上げながら、「僕たちが日本映画を変えていこうぜ!」って話していたんですけど、僕だけが置いてきぼりを食らってしまったというか……。

妻夫木:そんなこと話してないですよ! それに、自分が日本映画に出なかっただけじゃないですか(笑)。

安藤:そうだっけ。でも、妻夫木くんは、俳優としてすごく大きな存在になっていることを実感しました。

Q:そんなお二人を、監督はどう見ていらっしゃったんですか?

石井監督:二人には「助けてもらった」という気持ちが強いです。妻夫木さんはすごくしっかりしていて、現場でもいろいろと提案してくれましたし、安藤さんは短期間できっちり役づくりをしてきてくれて、こちらがビックリするほどでした。この二人は日本の宝だと思います。

■何かを想像することはすごく大事

Q:本作から、「人間の強い思いは現実化する」というメッセージを感じたのですが、皆さんは、強く思ったことは実現すると信じていますか?

安藤:僕は、自分が思っていることはかなっているような気がします。海外の監督でも、会いたいと思っていた方とは会えたりしますし。だから、思ったことは形になるし、想像することってすごく大事なんじゃないかなと思います。

石井監督:僕の仕事は、まず思うことがスタートなんですよね。仕事に関しては、こんな作品が作りたいと思ったことは、ちゃんと現実になっていますけど、実生活ではなかなかそうもいかないなあ。

妻夫木:空を飛びたいとか、「明らかに無理!」と思うことは別ですけど、現実にあり得ることなら、信じればかなうことがあると思っています。夢を見ることは大切だと思うし、自分も常に夢を持っていたいですね。

Q:この映画を観て、夢の大切さを実感する若者も多いと思います。

妻夫木:そう感じてくれたらうれしいです。ただ、何かを求めて映画を観るというよりは、「なんか面白そう!」という軽いノリで観ていただいて、見終わった後に、「自分も頑張ってみようかなー」くらいの気持ちになってもらいたいですね。

気心の知れた旧友でもある妻夫木と安藤。常ににこやかで穏やかな石井監督。三人の醸し出すフレンドリーな空気が、現場を心地よくさせた。「キャストもスタッフもみんな石井さんが大好きで、とにかく楽しい現場だった」と妻夫木が語るように、監督の才能と人柄にほれ込んだ人々が心から楽しんで作り上げた本作は、かの名作『鮫肌男と桃尻女』をもしのぐ出来栄え。最高のバイオレンスと抜群のコメディーセンス。そして、しびれるようなカタルシス。これぞ石井ワールドの真骨頂だ。

映画『スマグラー おまえの未来を運べ』は10月22日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク