シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ラジカル鈴木のネットをにぎわすあの人! ~シネマトゥデイ検索ランキングより~ 第20回 石原さとみ

石原さとみ

こんなに色っぽかった!?

 2012年初の「ネットをにぎわすあの人」。今回のランキング第1位は、1月21日に亡くなった世界的なグラフィック兼ファッションデザイナーの石岡瑛子さん。マイルス・デイビスのアルバム「Tutu」のジャケットや、アカデミー賞衣装デザイン賞に輝いた『ドラキュラ』(1992年)の豪華絢爛(けんらん)な衣装が思い出されます。フランシス・フォード・コッポラジョージ・ルーカスとの交流が深かったそうで、日本を代表するクリエイターのうちの一人でした。

 さて今回フィーチャーするのは、5位にランクインした石原さとみちゃん!『月光ノ仮面』が現在公開中で、5月には主演を務めた話題作『貞子3D』の公開も控えている、まさに「今が旬!」の女優さんです。

 『月光ノ仮面』、これ最高に面白い! 監督・脚本・主演は板尾創路、共演に浅野忠信。板尾の監督第2作ですが、この人才能ありますな~。傷つき記憶をなくした男とその恋人、そして彼と戦場で一緒だった謎の男が、落語を通じて交流し合うという、実はハートフルなお話。清楚(せいそ)で献身的な恋人にふんしたのがさとみちゃんで、時代は終戦直後。ほとんどが着物姿で出演していました。凛(りん)として、色っぽい! 大人になったからか、彼女の色気に終始ドキッとしちゃいました。

 以前、僕の中で印象に残っていたのは、この連載の第2回で描かせていただいた、真木よう子の出演作『フライング☆ラビッツ』(2008年)で、主人公を演じていたさとみちゃんの姿。渡辺有菜滝沢沙織鹿谷弥生白石美帆という周りの女優さんに比べ、ボーイッシュなイメージが強かったです。CAの制服でも、バスケのユニフォームを着ても、まだ初々しさがあってかわいらしかったですね。

 けれど、「なう」の色っぽさには目を見張るものがあります。同性にも人気がありそうだし、絶妙なバランスにいるなあ、と感じます。その辺りを彼女の芸歴と共に検証していきましょう。

第2回 真木よう子はこちら!


25才にして多彩な芸歴 シネマトゥデイ人物アクセスランキング2012年2月

 さとみちゃんは1986年12月24日クリスマスイブ生まれ。現在25歳ですが、もう芸能界のキャリアは10年以上という立派なベテランなんです。2002年には、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」でグランプリを受賞して、女優に。「ピュア」という言葉は、まさにデビュー当時の彼女にピッタリですなあ。

 2003年、NHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」の4人姉妹の末っ子役で、一躍有名に。まゆも太く、あか抜けない雰囲気は、現在のさとみちゃんとはかなりのギャップで、今見るとなかなかすごいなあ、と。ちなみにお姉さん役には紺野まひる上原多香子上野樹里と超華やか!

 のちに映画、ドラマ、CMなど活動の場をどんどん広げていきますが、舞台の経験も豊富なんですね。かの故・つかこうへい作・演出作品「幕末純情伝」(2008年)で、実は女だったという設定の、主役・沖田総司役。男役の真琴つばさとの濡れ場あり、肌の露出度の高いドレスでのダンスシーンありと、見どころ満載。

 また、もう一人の「演劇の巨人」、故・井上ひさしの舞台「組曲虐殺」(2009年)にも出演して、主人公の妻としてなかなか難しい役どころを演じ抜きました。

 劇団☆新感線に客演の経験もあるんですね~! 「港町純情オセロ」(2011年)で橋本じゅん大東俊介粟根まこと松本まりからと共演。制作発表会見を、僕も何度か行ったことのある、昭和の雰囲気漂う銀座のキャバレー「白いばら」でやったというのはご愛嬌(あいきょう)です。テンションの高い演出で定評のあるこの劇団、さとみちゃんも大いにセクシーな衣装で踊って演技して、お客さんを笑わせていました。橋本ふんするヤクザとイチャイチャするシーンは、毎回全部がアドリブだったんだそう! それまたもう結構刺激的で……、いつからそんな演技できるようになったの?

長澤まさみ

実はいろんな方面での活躍も!

 実はラジオ・パーソナリティーになることが、芸能界へ入る最初の夢だったというさとみちゃん。2005年から5年間にわたり週1回、自らの番組を持っていたそうです。僕は残念ながら聴いたことはありませんでしたが、最初の夢をしっかり実現したのは素晴らしいことですね。

 2004年には、彼女自身が大ファンというゆずのプロモーション・ビデオ「桜木町」に出演。ジャケットにもその姿が写っています。また、昨年発売された写真集が、「moi」。これまたイイ! 演出を極力抑えた撮影で、伸び伸びとしたさとみちゃんの、自然体の姿が見られます。一緒に旅行しているような錯角に陥りそうです。また、ここには彼女が初めて書いたエッセイも載っているので、ブログ同様、より素の彼女個人に接近できる感じですよ。ファンにはマスト・アイテムでしょう。


悪女なさとみが見たいっ!

 近年の出演作で驚きだったのが、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』の悪女役!  そう、僕はこういう演技が見たかったんだあ~! ホリプロが創業50周年記念で製作した本作。藤原竜也綾瀬はるか阿部力平山あや石井正則武田真治片平なぎさ北大路欣也という超豪華キャストが勢ぞろい。さとみちゃんはトラウマを持つ、子持ちウェブデザイナーという設定。子持ちという設定がまた新鮮ですよね。本作では大金を手にするためにゲームに参加した人々が、生き残りを懸けて戦うわけなんですが、さとみちゃんがほかのキャストを襲うシーンにはゾクッとしたものです。記者会見では「新境地の演技が楽しいなと思いました」と、クールにほほ笑みながら言っていましたっけ。こういうクールな悪女をどんどんやってほしいと思うワケです。絶対似合いますよ!


さらなる色っぽさ全開に期待大!

 これから控えている映画は、『貞子3D』と、阿部寛と共演する『カラスの親指』。また舞台版「ロミオ&ジュリエット」が4月から6月にかけて出演予定。相手役は佐藤健、演出は本場イギリスのジョナサン・マンビィと、本格的なステージになることは間違いなし。

 そういえば昨年、「クリスマスを一緒に過ごしたい芸能人、女性タレントは?」という某アンケートで、第3位にさとみちゃんがランクイン。イブは彼女の誕生日だし一緒に過ごせたら楽しいでしょうね~。あか抜けない、ボーイッシュだったころとは違って、めくるめく夜を期待できそうだ……という妄想。これからさらなる女優としての活躍、そして女性としての成長を期待しております! ではまた次回!

ラジカル鈴木プロフィール イラストレーター・アーティスト。人物、女性をモチーフにしたポップ&キュートな作風を得意とし、各種媒体へイラスト提供。代表作は、読売新聞社・国立科学博物館主催の「大顔展」の宣伝ビジュアル。現在は雑誌や新聞で映画レビューや旅行ルポ、ダイエット記などを執筆しており文筆家としても活躍。著書に「男の食いしんぼダイエット」、「ラジカル式 にんにく本」がある。 著書 「男の食いしんぼダイエット」発売中!著書 「ラジカル式 にんにく本」発売中! 男のくいしんぼダイエット ラジカル式 にんにく本 オフィシャルサイト まぐまぐスペシャル にんにくメルマガ発行 第一弾 第二弾 第三弾
pagetop
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 27日
  5. 第20回 石原さとみ~ラジカル鈴木~