シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
石原さとみ
『貞子3D』
ホラー映画の現場は楽しくて最高
『貞子3D』石原さとみ 単独インタビュー

取材・文:平野敦子 写真:秋山泰彦

映画『月光ノ仮面』で妖艶なラブシーンにチャレンジするなど、ここのところ女優として円熟味を増している石原さとみが、今回は『貞子3D』でホラー映画に初挑戦! 石原は、これまでも映画『リング』シリーズなどで観客を震え上がらせてきた最強の貞子を相手に、戦うヒロインを体当たりで熱演してみせた。作品とはまったく違う和気あいあいとした楽しい現場の様子や、人生初の衝撃的な金縛り体験などについて振り返る。

■ホラー好きの石原さとみ

Q:今回ホラー初挑戦だそうですが、何か特別な準備はされたのでしょうか?

撮影に入る前に特別なことは何もしていないのですが、この作品自体が、内容もテイストも今までのホラー作品とは全然違いますからね。わたし自身ホラー映画はわりと好きで、『リング』や『呪怨』などのホラー作品もリアルタイムで観ていたので、それが少しはプラスになっているのかなとは思います。

Q:お気に入りのホラー映画はありますか?

お気に入りかどうかと聞かれると悩んでしまうのですが、やはりラストシーンで「面白い!」とつい口から出たのは『ソウ』ですね。自分ではたくさんホラー映画を観ている方だと思うんですが、映像の断片的なイメージは心に残っているものの、じゃあそれがどの作品かと聞かれると途端にわからなくってくるんですよね。

Q:ホラー映画では叫び声が重要なポイントになっていますが、自分の叫び声には自信がありますか?

自信もなにも……(笑)。でも、撮影中、のどが枯れたりはしなかったので、きっと大丈夫なんじゃないかと思います。

■監督から受けた細かい指示の数々

Q:撮影で大変なシーンはありましたか?

わたしが思いきり風を浴びながら叫んでいるシーンがあるのですが、監督にそのときは目を開けてくれと言われたんです。もちろん途中で目をつぶるのは構わないけど、できるだけ最後の方にしてほしいと言われました。風を浴びながら、しかも叫んでいるので口は開いているじゃないですか? 風はどんどん口に入って来るのに、叫び声も上げなければならなくて、さらに目も開けたままでいなければならないというのは、かなりハードでした。

Q:その監督の指示を一つ一つこなしていくのはやはり大変でしたか?

そうですね。芝居の部分の撮影が終わって、アクション部分に入ったときには特に苦労しました。めちゃくちゃ走ったり、階段を駆け上がったり、かと思えば今度は階段を転げ落ちたりするわけですから。

Q:階段から落ちるシーンはどのようにして撮ったのでしょう?

あれは階段の下のところに布団が敷かれていたんです。そこに飛び込んで行ったんです。あと階段落ちの一部はスタントの方がやってくださいました。でも、自分でやっているシーンもありますよ。わたしなりにかなり頑張って撮ったシーンなので、注目していただければと思います。

■人生初の金縛り体験!

Q:石原さんご自身は霊感が強い方ですか?

いいえ、まったくないですね! でも、一度だけ高校3年生のときに金縛りにあったことがあります。休んでいて、目は開いているのに、なぜか体だけが全然動かなくて……。そうしたら右足の先から、白くて髪の長い幸の薄そうな男の人が、わたしの方に向かって手を伸ばしてくるんですよ! その人にぐわっと迫られて、もうただひたすら「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……」と思いながらそこで一度寝て、起きたら何事もなかったという経験があります。

Q:めちゃくちゃ霊感あるじゃないですか!?

でも、それ一度きりですよ。後から考えてみると夢だったのかな……と思ってしまう感覚にもなるんですけどね。金縛りというのは初体験だったので、本当にびっくりしました。

Q:撮影中に何か変わったことはありませんでしたか?

もともとホラー映画の撮影現場って楽しいものなんだそうです。監督もスタッフの皆さんも和気あいあいと仕事をされていましたし、お菓子が足りないとか、何かちょっとしたことがあるとみんなで「貞子のせいだ!」と笑っていましたから。本当に楽しい現場でしたね。

■ホラー再出演を熱望!

Q:貞子は悲しい運命をたどり、マイナスのパワーを相手に向けるわけですが、石原さん流ポジティブシンキングのコツは何かありますか?

やはり人に励ましてもらうということって一番大事なんじゃないかなと思います。あとは自分の状況というものを、友達や両親など身近な人に聞いてもらうということも大切だと思います。そうやって話しながらわたし自身も頭の中を整理していくことができるわけだし、そういうときに話を聞いてくれる誰かがそばにいるということに対して感謝できると同時に安心することもできますし。

Q:今回の経験を生かして、またホラーに出演したいと思われましたか?

ホラー映画の現場って、ものすごく楽しかったので、機会があればぜひまた出演してみたいです!

ホラー初挑戦ながらも、堂々と戦うヒロインを演じてみせた石原。その言葉は自信と力にあふれ、女優としても、一人の人間としても充実した日々を送っていることがうかがえる。しとやかな外見とは裏腹に、自分の金縛り体験を身振り手振り付きで必死に説明する姿はハツラツとした魅力に満ち、彼女の中にはたくさんのチャーミングな顔が隠されていることがわかる。そんな石原の新しい一面を、スクリーンで再発見してもらいたい。

(C) 2012『貞子3D』製作委員会

映画『貞子3D』は5月12日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク