シネマトゥデイ

今週のクローズアップ 映画『トラウマシーン目撃!ホラー映画史に残るその瞬間』

 アメリカの作家スティーヴン・キングの処女作をブライアン・デ・パルマ監督が映画化した傑作ホラー『キャリー』。学校でいじめられ家庭で母親から疎まれる、念動力を持つ少女キャリーが、プロムのステージで豚の血を浴びせられ、惨劇を巻き起こす場面は、現在も語り継がれる名シーンの一つだ。

 その名作が、1976年のアメリカ公開から30年以上を経て『キック・アス』クロエ・グレース・モレッツ主演で再映画化。公開を記念して、ホラー映画の忘れられない名シーンや観客にトラウマを植え付けたであろう場面をネタバレ上等でピックアップ!


血まみれシーンが復活! (C)2013 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

 

『キャリー』ブルーレイ発売中 4,935円(税込み) 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
(C)2013 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント オフィシャルサイト

これぞ王道!名作ホラーの恐怖シーン

泡風呂からかぎ爪!映画『エルム街の悪夢』(1984)

 人々を夢の中で苦しめる、右手に鋼鉄の爪を付けた殺人鬼フレディ・クルーガー(ロバート・イングランド)の恐怖を描いた人気シリーズ。何といっても有名なのは、シリーズ1作目におけるヒロイン、ナンシーの入浴シーンだ。

 泡風呂につかるナンシーの股から鋼鉄の爪がヌッと出現。誰も避けられない「睡眠」により日常に狂気が侵入する恐怖、誰もが無防備な入浴中に襲われる恐怖、そしてそこはかとないエロスが合わさった名場面で、日本でも知らぬ者は少ないであろうシーンとなった。この場面は2010年のリメイク版でも、しっかりと再現されている。ちなみに本シリーズでは、死体袋に入れられた少女の幻影や、ゴキブリに変身させられる少女など、フレディが見せるさまざまな悪夢も見どころとなっている。


(C) New Line Cinema / photofest / Zeta images

 
誰もが知る殺人鬼フレディ! 【初回限定生産】エルム街の悪夢 コレクターズ・ボック(4枚組)税込み9,800 円 ワーナー・ホーム・ビデオ
(C) 2010 New Line Productions, Inc. All rights reserved.

ケヴィン・ベーコン死亡!映画『13日の金曜日』(1980)

 クリスタル湖のキャンプ場を舞台に、若者たちがひたすら惨殺されるスプラッター映画の代表作。『ゾンビ』を手掛けた特殊メイクの大御所トム・サヴィーニが手腕を振るう殺人シーンが見どころで、中でも若かりし頃のケヴィン・ベーコンが、ベッドの下から突き出た矢で喉を貫かれるシーンが印象的。ベッドに開けた穴から首を出し、その下に作り物の体を付けているだけなのだが、当時はケヴィンが本当に殺されたと思った観客もいたというほどリアルだった。ちなみに刺された傷口から飛び出る血には動物の血を使用。空気でホースから押し出される仕掛けが本番で故障し、カメラが回る間、トムはひたすら口から血を吹き出していたとインタビューで証言している。

 さらに有名なのがラストシーン。全てが終わり湖上のボートに寝そべるヒロインを、突如湖から現れたジェイソン少年が水中に引きずり込む! ジェイソンではなく母親が犯人だったと明らかになってからの衝撃シーンには、多くの観客がのけぞった。


この後も映画の中では受難続きなケヴィン
(C) New Line Cinema / photofest / Zeta images

この後、衝撃の展開が!
Kobal/PARAMOUNT/The Kobal Collection/WireImage.com

首がグリン!『エクソシスト』

 実際の事件を基に、少女に取り憑(つ)いた悪魔と神父との戦いを描いた作品。1973年に全米で公開されるや一大オカルトブームを巻き起し、社会現象にまで発展した。ウィリアム・ピーター・ブラッティの原作をウィリアム・フリードキンが映画化。オカルト映画でありながら、フリードキン監督の手堅い演出と俳優陣の名演により、格調高い作品になっている。

 とはいえ見どころは、悪魔に取り憑(つ)かれた少女リーガン(リンダ・ブレア)によるショックシーン。かわいらしい少女の顔が醜く変貌した姿だけでもインパクト十分だが、その首がグリン! と180度回転する場面は、さんざんパロディーにされた現在でもかなりショッキング。CGのない時代特有の、アナログな手法による表現が、余計生々しさを増すトラウマシーンとなっている。


ワーナー・ブラザース90周年記念【初回限定生産】エクソシスト 製作40 周年記念エディション(3 枚組)税込み 4,980 円 ワーナー・ホーム・ビデオ
ワーナー・ブラザース90周年記念【初回限定生産】エクソシスト 製作40 周年記念エディション(3 枚組)税込み 4,980 円 ワーナー・ホーム・ビデオ
映画『エクソシスト』プレミア版初収録映像公開!
「ウィリアム・ピーター・ブラッティ、始まりの地へ」より01
「ウィリアム・ピーター・ブラッティ、始まりの地へ」より02
「悪魔との対話:エクソシズムの真実」より
もはやホラーじゃない?常軌を逸した恐怖シーン

今日は墓場でストリップ!映画『バタリアン』

 ゾンビ映画の本家『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』で描かれた出来事が現実だったという設定の、続編的な一作。軍の生物兵器がバラ巻かれてしまったことから起こる、地方都市における大騒動が描かれる。本作のゾンビはとにかく元気いっぱい。ダッシュで人間にタックルをかまし、頭がなくなっても動くなどめちゃくちゃ。「タールマン」「オバンバ」など勝手に日本で名付けられた個性的なゾンビも登場し、それに右往左往する人間側もヘタレばかりと、笑いを誘う場面満載のホラーコメディーとなっている。

 それでも、ゾンビになることを悟った老人が焼却炉に身を投じる場面など、子ども心に大きなトラウマを残すようなシーンもたくさん。日本語吹き替え版で「脳みそ~」を連呼して人間に迫るゾンビの姿も、トラウマを植え付けるには十分だ。しかし何といっても名シーンとして挙げたいのは墓場の場面。パニックに巻き込まれる不良グループの女の子が、なぜか墓場でストリップ! 謎のシチュエーションの中で披露されるおっぱいは、多くの少年たちの心に大きなものを残したに違いない。


DVD発売中 3,990円(税込み) 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント オフィシャルサイト
(C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

美女の体をなめまわす生首!映画『ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり』

 医学生ハーバート・ウエスト(ジェフリー・コムズ)が開発した死体蘇生薬によって起こるパニックを描いた作品。その研究を盗もうとしたヒル教授を殺害したハーバートは、彼の首を切断して実験に使用、復活した教授も負けじと自分の体を操って、安置所の遺体を復活させまくり、事態は収拾不可能な状況に陥っていく。強烈なスプラッター描写とブラックユーモアが見事に融合し、これが映画監督デビュー作のスチュアート・ゴードンが、ノリノリで作ったことがうかがえる快作。

 名シーンに挙げたいのは、首だけのヒル教授が、目を付けていた学長の娘を手術台で犯そうとする場面。裸にむいた女性の体を、自分の首を体に持たせた状態でなめまわすシーンは、気味悪さと情けなさにエロスが融合した、忘れられない名場面だ。ちなみにヒル教授役の故デヴィッド・ゲイルは、試写会でこのシーンを観た当時の奥さんにののしられ、離婚するハメになったらしいが……信じられる話だ。


『ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり』(DVD) 発売中 価格: 4935円 (税込み) 発売・販売元:ジェイ・ブイ・ディー(C) 1985 Re-Animator Productions. All Rights Reserved.
おイタしすぎるとこうなるぞ!(C) 1985 Re-Animator Productions. All Rights Reserved. 首だけ教授と狙われた美女(C) 1985 Re-Animator Productions. All Rights Reserved.

映画『フライトナイト』

 1980年代を代表するホラーとして、カルト的な人気を博す一本。普通の高校生チャーリーが、隣家の住人がヴァンパイアだと知ったことから、大ファンのホラー番組の司会者ピーターを引き連れ、壮絶な戦いに挑む。現代的な学園モノとして製作されながらも、古典的な吸血鬼映画としての恐怖を保った正統派の作風に好感が持てる、ホラー映画ファンからの支持も高い作品。

 どちらかといえばコメディー色が強いものの、特殊メイクなどは本格的。特にDVDジャケットにも描かれている、チャーリーの恋人がかまれたことで誕生した、女吸血鬼のビジュアル。単純に美女にキバが生えているだけなのだが、アナログ感満載のメイクによって頭から追い出すのに苦労するトラウマシーンとなっている。


1,480円(税込み)発売中 発売・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

キリキリキリ……映画『オーディション』(2000)

 邦画ホラーの名シーンといえば『リング』の貞子出現が有名。またホラーではないが、『犬神家の一族』など市川崑監督による金田一耕助シリーズの死体描写などもトラウマもの。しかしここで挙げるのは、村上龍の原作を三池崇史が映画化した2000年公開のサイコスリラー。妻に先立たれたビデオ制作会社の経営者(石橋凌)の再婚相手を探すための映画のオーディションが開催され、そこで彼がそこで見いだした理想的な女性(椎名英姫)に魅了される……。

 全てが理想通りだと思った女性がサイコだったという心理的怖さと、ホラー慣れしていても顔をしかめる痛い描写が交じり合った怪作。中でも後半の拷問シーンは、糸ノコによる足首切断など、痛いでは済まないトラウマシーンが連続する。またそれ以上に怖いのは、薄汚いアパートの一室で、女性が男からの電話を待つ場面。薄暗い畳の部屋で黒電話の前に座る女。その横には、人が入りそうな大きい麻袋。電話が鳴ると共に袋の中の「生き物」がガサッ! と動くこのシチュエーションで、彼女が正常ではないことを観客に見せる、秀逸な恐怖シーンだ。


『オーディション』価格 3,990円(税込み) 発売元・販売元 株式会社KADOKAWA 角川書店
(C) BASARA PICTURES INC.
実はトラウマシーンの宝庫?スティーヴン・キング原作作品

ピエロ恐怖症の方はご注意!映画『IT/イット』

 テレビムービーとして製作された作品だが、数あるキング原作映画の中でも、最も多くの人々に恐怖を植え付けたであろう一作。ITと呼ばれていた不気味なピエロによる連続殺人事件の恐怖に直面した少年少女たちの物語を、幼少期と大人になってからの前後編に分けて描く。

 何よりも怖いのが殺人ピエロ、ペニーワイズのビジュアル。実在の殺人鬼ジョン・ゲイシーがモデルのためか(パーティーなどでピエロを演じていた)とにかく不気味。白塗りの道化師が、平和な庭先にたたずむだけで底知れぬ恐怖がこみあげてくる。さらに道端の側溝やシャワー室の排水溝など、あらゆる場所に登場するのだからたまらない、劇中の子どもたち同様、本作を観た人々に、しっかり「ピエロ恐怖症」を植え付けることは間違いないだろう。恐怖の正体にガッカリしてしまうラストの展開を除けば、ホラー映画史でも欠かすことのできない一本といえるのでは。ちなみにペニーワイズを演じるのは、『ロッキー・ホラー・ショー』のフルターことティム・カリー。さすがの表現力と言わざるを得ない。

 


『IT/イット』 DVD 1,500(税込み) ワーナー・ホーム・ビデオ
『IT/イット』 DVD 1,500(税込み) ワーナー・ホーム・ビデオ

ハンマーで足首を!映画『ミザリー』

 雪中で交通事故のため重症を負った、大人気シリーズ「ミザリー」の作者である小説家ポール(ジェームズ・カーン)。偶然にもナンバーワンの愛読者を自称する女性に助けられたことから、想像を絶する恐怖を味わうことになる。キング原作『スタンド・バイ・ミー』を珠玉の青春映画に仕上げたロブ・ライナー監督がメガホンを取ったサイコスリラー。キャシー・ベイツが狂信的なファンを熱演し、アカデミー賞主演女優賞を受賞した。

 大ファンである作家への手厚い看護に喜びを見いだすアニーが、「ミザリー」が終了することを知って豹変(ひょうへん)。続きを書かせるため、ポールに拷問を繰り返す。中でもアニーがポールの足をたたき折る場面がトラウマもの。ポールの足の間にあて木を挟み、両足を巨大ハンマーでボキリ! 一瞬ながら曲がってはいけない方向を向く足首も描写されており、もうカンベンしてください……となること必至。


『ミザリー』ブルーレイ発売中 2,500円(税込み) 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (C)2010 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント オフィシャルサイト
(C)2010 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 足がぐにゃっと曲がる瞬間がトラウマ (C)2010 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

お客様だよ!映画『シャイニング』

 巨匠スタンリー・キューブリック監督による、ホラーの枠を超えた傑作として語り継がれる一本。冬の間だけ閉鎖されるホテルに、管理人としてやって来た作家志望のジャック(ジャック・ニコルソン)とその一家。しかし、一向に進まない執筆にジャックは精神のバランスを崩し、ホテルに潜む邪悪な意思に操られるように、妻と子どもに狂気の牙をむき始める……。

 ホテルで惨殺された双子や風呂場の女などホテルに巣食う幽霊たちや、姿も印象深い本作。しかし何といっても象徴的なのが、ジャックが妻の隠れる部屋のドアをオノで破壊、スキ間から「お客様だよ!」と顔を見せる場面。そこだけを切り取って怖い! というシーンではないが、ジャックがとらわれた狂気を端的に表現しただけでなく、先日引退が報じられたニコルソンの演技力を象徴するという意味でも、映画史に残るワンシーンとして語り継がれていくことは間違いない。


ジャケットにもなっている名シーン 『シャイニング』 ブルーレイ 2,500円(税込み) DVD 1,500円(税込み) ワーナー・ホーム・ビデオ

 リメイク版『キャリー』にも、血を浴びるシーンはしっかりと登場。クロエが5ガロン(約19リットル)の血のりを頭からかぶり、女優魂を見せている。しかし、オリジナル版における最大のトラウマシーンといえば、何といってもその衝撃の結末。衝撃のラストはリメイク版でどのように描かれるのか、ぜひスクリーンで目にしてほしい。

映画『キャリー』は全国公開中

クロエの熱演に注目!

取材・文・構成:編集部 入倉功一


[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク