シネマトゥデイ

堀北真希
『麦子さんと』
母と娘だけじゃない、家族の物語
『麦子さんと』堀北真希 単独インタビュー

取材・文:浅見祥子 写真:高野広美

堀北真希の最新主演作『麦子さんと』が完成した。監督は『ばしゃ馬さんとビッグマウス』など、自ら脚本も手掛けるオリジナル作品で着実にファン層を広げる吉田恵輔。堀北演じるヒロインは、兄と同居しながら声優を目指す麦子だ。ある日兄妹のもとに、幼い頃に二人を捨てた母親が舞い戻る。顔も知らなかった母との暮らしに戸惑う麦子。ひどい言葉を投げた直後に帰らぬ人となった母への思いに揺れる彼女が、母の故郷で若き日の母と向き合う。吉田監督が親子愛というテーマに照れずに挑んだこの人間ドラマへの思いを堀北が語った。

■自分で演じるのが想像できなかった麦子役

Q:堀北さんの麦子という役が新鮮でしたが、台本を読んですぐイメージできましたか?

はい、麦子のイメージは湧きました。でもそれを自分で演じるのが想像できなくて。撮影が始まる前に吉田監督から「自分と母親とはこういう親子関係だったよ」などというお話を聞きました。でもわたし自身は母と仲良しで、確執があるとか仲たがいをしたとか、そういう経験が全然なくて。吉田監督の経験をいろいろと教えていただきました。クランクインまで時間があったので、その間に台本を読み返したりしてさらにイメージを膨らませていったのです。

Q:すると、麦子の母親への思いに寄り添うのは難しかったのでしょうか?

確かに麦子のお母さんへの思いは、物語の中でいろいろと変化していきます。でもそれが理解し難いというより、麦子というキャラクターの全体を理解することが難しかったのです。自分と違うのは別にいいんです。映画の中で、それをキャラクターとしてどう成立させるかが問題で。

■吉田監督の描く謎の絵!?

Q:劇中、麦子がハマるアニメとして「今ドキッ同級生」が登場します。これは吉田監督が細かいところまで設定を考えたオリジナルアニメだとか。ご覧になっていかがでしたか?

実は、普段アニメや漫画を観ないのでよくわからないんです。しかもあのアニメも、劇中に登場した一部しか観ていないので。声優を目指す麦子がそのアニメに登場するキャラのまねをするシーンがあったため、撮影のときはそのお手本に音の部分だけを用意していただきました。アニメーションは作るのが大変みたいで、映像はまだできていなかったんです。声優さん特有のしゃべり方もよくわかりませんから、「もう下手クソでいいや!」って(笑)。一生懸命な感じが出ればいいかなと思って頑張りました。

Q:吉田監督の演出の印象は?

あまり細かいことは言わない方で……あるとき監督が、絵を描いてくれたことがありました。劇中で流れる「赤いスイートピー」の曲で描かれる男女はこんな感じ、というのを絵で見せてくれて。それが美しいカップルというのでもなく、「えっこれ!?」って(笑)。松田聖子さんが歌っているから、なんとなく歌に出てくる女性は松田聖子さんだと思うじゃないですか。でも全然違っていました。どこまで本気なのかわからないですけど。

■松田龍平との共演はドキドキ?

Q:松田龍平さんが演じる麦子の兄・憲男とのシーンは、兄と妹らしい感じがとてもリアルでした。吉田監督から細かい演出があったのでしょうか?

あまり細かく演出される監督ではなかったのですが、あの兄妹は「一緒にいて、なんとなく違和感のある感じがいい」とおっしゃっていました。「気持ち悪い感じで」と(笑)。それで目の前にいる松田さんをお兄ちゃんだと思って、ごく自然にやりました。

Q:そうしてお芝居をする相手として、松田さんの印象は?

テイクごとに違うお芝居をされるので、かなりドキドキしました(笑)。同じ芝居を繰り返さない方で。事前に二人で「こうしよう」などと話すこともなかったですし、そういうスタイルの方なのだと思います。

Q:ご自身は長女と伺っていますが、憲男のような兄はどうですか?

お母さんからの仕送りを勝手に使っちゃうようなお兄ちゃんは嫌です(笑)。でも麦子と憲男って、そうはいっても兄妹ですから。たぶん二人は小さいときから助け合って生きてきたのだろうと思うんです。わたし自身は妹しかいないので……きょうだいって性格も似ますよね。お兄ちゃんが自分と似ていて、しかも異性というのが想像できないのです。小さいときは周りの友達にお兄ちゃんがいたので、いいなあ~と思っていました。でも自分はまさに「長女気質」なので、これで良かったのだと思っています(笑)。

■演技って本当に難しい!

Q:麦子は母親の故郷で、かつての母を知る人たちを通して若き日の母親と出会います。ご自身は、若いときのお母さんの記憶がありますか?

母は若いときにわたしを産んだので、母の若き日はもう記憶にあるんです。わたしと、笑い方が似ているかもしれません。写真などを見ると、笑ったときの表情がすごく似ています。顔は父親似なのですが、年齢を重ねるとしぐさなどがより母親に似てきた気がしますね。

Q:作品には、いろいろなテーマが込められていますよね。

母と娘をクローズアップしていますが、少し見方を広げると家族の物語でもあります。ですから、多くの方に共感していただける作品だと思うんです。この映画を観てお母さんをもっと大事にしようとか、仲良くしようと思ってもらえるのではないかなと。

Q:ドラマなどとてもお忙しそうですけど、いま女優業をしていて、楽しいと思う瞬間はどんなときですか?

例えば自分が出演したドラマなら、オンエアを観ながら「このドラマ楽しいなあ~」と思ったりします。そういうときは楽しい仕事だなと思うんですが、お芝居そのものはどうなんだろう……よくわかりません。ただお芝居はいつもすごく大変で、難しいものだなと思うんです。経験を重ねればできる事が増えますけど、できないことは変わらずあります。家で台本を読んでいるときは一人だし、集中しているからできることでも、撮影現場に行ったら何が起こるかわかりません。いまがベスト、と思うときに本番にいくとは限りませんし。そういうときは、演技って本当に難しいなと思います。どんな状況でも自分のベストの状態を出せるように全てをコントロールしていく、それが一番難しいことなのかもしれません。

テレビドラマに映画に舞台にCMに、その姿を見ない日はないと思える売れっ子ぶりがもう何年も続いている堀北真希。インタビュー前の写真撮影ではキュートな笑顔で、場の空気を明るくした。でも話し始めると、どこかピリッとした空気が流れる。自身「長女気質」と語る仕事面でのストイックさと、どこか隙がある25歳の女子らしいかわいらしさ。そのギャップこそが彼女の魅力なのかもしれない。

(C) 『麦子さんと』製作委員会

映画『麦子さんと』は全国公開中

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク