シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
妻夫木聡&北川景子
『ジャッジ!』
監督の駒となって、映画を支えていければいい
『ジャッジ!』妻夫木聡&北川景子 単独インタビュー

取材・文:柴田メグミ 撮影:氏家岳寛

妻夫木聡と北川景子が、初めて本格的な共演を果たした『ジャッジ!』。ソフトバンクの「ホワイト家族」シリーズのCMプランナー澤本嘉光による脚本を、CMディレクターの永井聡が映画化した国際広告祭の裏側をつづるヒューマンコメディーだ。バカ正直で広告愛は人一倍の落ちこぼれ社員太田喜一郎を体現した妻夫木と、姓の読みが同じというだけで彼とニセ夫婦を演じるハメになるひかり役の北川が、監督のSっ気が炸(さく)裂した撮影を振り返った。

■印象がまったく変わらないムードメーカーの妻夫木

Q:お二人が本格的に共演する初めての映画となりましたが、共演前のお互いのイメージと共演後の印象を教えていただけますか?

妻夫木聡(以下、妻夫木):しっかり共演するのは初めてでしたけど、景子ちゃんとは何回か会っていたからね。クールな人だと思っていたら、明るくて気さくな人でした。あいさつも、きちんとしてくれました(笑)。

北川景子(以下、北川):最初にお会いしたのは、わたしが19歳のときです。出演した作品のセット裏で、1日だけご一緒しました。20歳くらいのときに広告の仕事でご一緒したこともありますけど、あまりお話できなくて。ただ、そのときも初対面の際も、わたしはいつも一番年下だったので、皆さんがどういうふうにお仕事をされるのかなと眺めていたんです。妻夫木さんはすごく明るくて、現れるとともに現場の雰囲気も華やぐという印象があったんですけど……。今回も、まったくそのとおりでした。

妻夫木:まったく一緒!? 「あったんですけど、今回は違いました」ってくるのかと思った。

北川:今回も変わらずに(笑)、ムードメーカー的な存在でしたね。お芝居のタイプとしてまるで実在しているかのような、リアリティーを感じられる役者さんが好きなんです。妻夫木さんもそういうタイプのお芝居をされる方なので、今回の共演を楽しみにしていました。

妻夫木:景子ちゃんは、事前に自分が準備してきた演技を現場で発散していくタイプだと思っていたんですけど、逆でしたね。引き出しをたくさん持っていて、現場で監督の要望に的確に応える女優さん。「監督の要望にちゃんと応えよう」という姿勢が伝わってきて、そこがすごくプロフェッショナルだなと感じました。

■コメディーではなくヒューマンドラマ!

Q:広告マンというお二人のキャラクターは、広告業界にいる永井監督や澤本さんにとって思い入れの強いキャラクターだと思いますが、どのような話し合いや演出をされましたか?

妻夫木:実は2日目くらいに監督と役について話し合ったんですけど、それが良かったですね。「映画は監督のもの」だと改めて思ったし、「監督の駒となって、映画を支えていければいいんだ」という姿勢で臨みました。ずいぶん前から太田としての役づくりはしていたので、自分なりの太田らしさみたいなものは出るだろうと。そんな思いで監督と接していました。

Q:妻夫木さんが時間をかけた役づくりというのは?

妻夫木:今回のキャラクターの場合、役づくりをし過ぎてもただのバカになりそうで(笑)、すごく時間をかけたという訳ではないんです。ただ「やっておけばよかった」と後悔するのがイヤなので、実際のCMの制作現場にお邪魔しました。脚本を担当した澤本さんと仲がいいので、お願いして電通に行かせてもらったり、本当のCMの仮編集に立ち合わせてもらったり。仮編集の現場では、必死にメモを取りながら勉強しましたね。

北川:わたしは初めて監督とお会いしたときに、「この作品はコメディーではなく、普通のヒューマンドラマ。結果として笑えればそれでいい」と言われました。だからわたしは関西出身ですけど、笑いを取りに行くのではなく、ひかりとして自然にやってほしいと。現場でも、「もうちょっと抑えて」とか「もっとクールにあしらって」とか、引き算のお芝居を求められましたね。ひかりはギャンブルが好きで仕事熱心じゃないけど、集中力があってすごく優秀。いかに頭脳明晰(めいせき)に見せるか、監督が集めたい素材を確かに提供できるかという、難しい現場でした。

妻夫木:ひかりは、太田に対する距離を徐々に埋めていかなきゃいけない。だから景子ちゃんは、すごく繊細な芝居を要求されたと思うんです。現場で監督にずっと「抑えて」と言われ続けて、その指示に応えながらも距離感をしっかり表現できていた景子ちゃんは、素晴らしいなと思いました。

■監督のS度が全開!?

Q:「エロガッパ」と言いつつ妻夫木さんに蹴りを入れる、北川さんのハイキックも素晴らしかったですね。

妻夫木:うちの関係者も言っていたよ。「景子ちゃん、すごくきれいに脚が上がっていたね」って。

北川:カメラ位置を考えたら、やっぱり高く上げないとね。

妻夫木:景子ちゃん、あの手のシーンで「もっと狂暴にやってくれ」って毎回、監督に言われていたよね? でも優しい人だから、俺の両頬をバチンとたたくシーンでも思いっきりやってくれなくて、結局、俺は何回もたたかれるハメになりました。

北川:アハハハ。

妻夫木:一番キツいパターンになって、「思いっきりやってくれ、一発でキメてくれっ!」と心の中で叫んでました。最後はいい感じにバシッときましたけど。キックもテストのときには、結構ソフトに押し出す感じだったよね。

北川:実際にはビンタしていないんだけど、思い切りやっているように見せる撮り方もあるでしょう? でも監督は、実際に当てないといけない位置からカメラを回させる。あれはイジメに近いよね(笑)。

妻夫木:しかも引きの画(え)だから、大きく動かないとわからない。

北川:監督はつくづくSだな、と思いました。

妻夫木:ああいうシーンのときだけ、妙にイキイキしていたよね。いつもは「抑えて抑えて」と言うのに、ここぞとばかり「もっともっと」って要求してくる。

北川:そうそう。「もっとですか?」と何度聞き返したことか(笑)。思い切りやるまで終わらないなと、悟りました。

■北川が配役を熱望するキャラクターとは?

Q:場面ごとに個性的なキャラクターがたくさん登場しますが、お気に入りのキャラを教えていただけますか?

妻夫木:食品メーカーの室長役のあがた森魚さんが、俺には超面白かった! あがたさんと以前ご一緒させてもらったときの役柄のイメージが、今回と真逆だったせいか、室長として終始ニコニコしている姿がツボにハマったんですよね。

北川:「いいね、うんうんうん。ネコでしょ、ネコ!?」って優しく笑いながらね。

妻夫木:でもこれだけいろんな笑いどころがあるのに、試写室で一番ウケていたのは、経理係役の松本伊代さんだったって、監督がつぶやいていたよね。

北川:そうなんだ。私は玄里(ひょんり)ちゃんの秘書役かな。いつも豊川悦司さんの膝の上や隣にいるのが妙におかしくて。わたし、次はこの役やりたい。もう1回キャスティングをしてもらえるなら、この役がいい。

妻夫木:なんでなんで?

北川:だって重要だもん。

Q:豊川さんの膝の上に、乗っちゃいますか?

北川:乗りたいです、ぜひ。すごく雰囲気があったじゃないですか。玄里ちゃんって普段はカジュアルなのに、映画の世界観にすごくマッチしていましたよね。変身ぶりにびっくりしたし、セリフがないシーンでも、彼女が豊川さんとセットでいることが良かった。

妻夫木:確かにそうだね。現場で豊川さんは、「えっ、膝に乗るの?」って感じだったけど。

北川:そういうのがまたいいですよね。わたし、次は玄里ちゃんの役やるから。

妻夫木:じゃ、俺はあがたさんの役で!

初の本格共演作とは思えないほどピッタリ息を合わせて観客を楽しませる、妻夫木と北川のツーショットインタビューはこれが初。コメディー作品だからこそ味わう葛藤を乗り越えて演じきった二人は、安心して冗談や本音を飛ばし合えるほどの信頼関係を築いたようだ。アクの強いサブキャラクターたちが多数出演する中で、それに劣らず弾ける二人の演技に笑わずにはいられない。

映画『ジャッジ!』は2014年1月11日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 9日
  5. 『ジャッジ!』妻夫木聡&北川景子 単独インタビュー