シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『キャプテンハーロック』特集:伝説の宇宙海賊のクールな生き方

「銀河鉄道999」など海外からもアツい支持を得ているSF漫画の大家、松本零士の名作コミック「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、30年ぶりにアニメ映画化したSFスペクタクル『キャプテンハーロック』『APPLESEED アップルシード』荒牧伸志監督が、最先端の技術を駆使して作り上げた驚がくのビジュアルは、巨匠ジェームズ・キャメロンのお墨付き。そんな本作の、時代を超えて愛され続ける宇宙海賊「キャプテンハーロック」の魅力を、あらゆる角度から検証してみよう。

宇宙海賊のミステリアスなキャラクターを徹底解剖!
STYLE
STYLE

・傷痕&アイパッチ
ハーロック(声:小栗旬)のアイコンが、頬の傷痕と右目のアイパッチ。かつて惑星連合軍ガイア・フリートの士官だったハーロックは、歴戦の中で多くの傷を負ってきた。中でも右目は、苦い思い出と共に刻まれた傷なのだ。

・ドクロ印のついたマント
宇宙海賊ハーロックは、コスチュームの胸やボタンなど至る所にドクロのマークを付けている。それは相手への威嚇ではなく、「たとえ骨になっても戦い続ける」という意志表明。「俺は自由に生きる」という決意なのだ。

・宇宙船アルカディア号
ハーロックの海賊戦艦。元はガイア・フリートの戦艦で、ダークマターの影響で呪われた船と化した。荒牧監督いわく、「有機的なラインを使って幽霊船のようなダークさを出した」。船には親友トチローの魂が宿っている。

・ハンドガン&サーベル銃
つばにドクロのマークが入ったサーベル型の銃を腰に差している。銃としてだけでなく、白兵戦では剣としても大活躍。部下たちも巨大なアックス(おの)を振り回すなど、荒々しい戦いぶりはさすが海賊である。

・トリさん
ハーロックのペットとして、アルカディア号に住みついている巨大な黒い鳥。普段はハーロックの右肩に止まって黙ってにらみを利かせているが、時折大きな声で鳴きながら船内をせわしなく飛び回っている。声の担当は福田彩乃

CHARACTER
CHARACTER

・ブレない信念
己の信じるもののため、命懸けで戦い続けるハーロック。荒牧監督はその人物像について「ギリギリのところで生きている反逆のヒーロー。どんなに苦しくても自分の思いを貫き通し、また誰よりも仲間を大切にする男」と語る。そんな生きざまに共感した猛者たちが、アルカディア号に乗り込んでいるのだ。

・名語録
「アルカディア号に乗っている限り、俺の部下だ」
スパイであると正体を明かし、銃を向けるヤマ(声:三浦春馬)への言葉。たとえ誰であろうとも、アルカディア号に乗せたからには仲間であり、その命は危険を冒しても守る価値があるというハーロックの信念がにじんでいる。

「自分を縛るものと戦え」
成功する見込みのない危険な任務に自らを追い込んだヤマへの忠告。自分がやるべきことをしっかりと見据えろ、本当の敵は誰なのかを知れというハーロックのひと言で、ヤマはアルカディア号の一員になる。

「殺せるものも、この体には残っている」
ハーロックの本当の目的を知り、銃を突き付けるヤマへの一言。ダークマター(永久エネルギー)を浴びて不死身となったハーロックは自らの意志では死ねない体となったが、亡霊ではなく熱き“心”を持った男なのだ。

「奇跡……といったら笑うか?」
ミーメ(声:蒼井優)から何かを待っているようだと言われたときに、こう答えた。強い信念のもと幾多の困難をくぐり抜けてきたハーロックだが、その心の中には、見えない力や運命を求めるロマンチストとしての一面も。

「キャプテンハーロックという象徴もまた、生き続けなければならない」
ガイア・フリートとの戦いを終えたハーロックのセリフ。人類がいる限り過ちは繰り返される。だからこそ、自由を求め信じるもののために戦う者たちの旗印として、ハーロックはいつの時代にも必要とされる存在なのだ。

WOMAN
WOMAN

・ミーメ(異星人)
アルカディア号の一員で、ダークマターを開発した異星文明人ニーベルング族の生き残り。絶滅しかけた彼女らをハーロックの親友トチローが救おうとしたのが縁で、ミーメはトチローにダークマターを提供。それ以来、ハーロックとアルカディア号に身も心も捧げ、またトチロー亡き後ハーロックにとって唯一心を許す友となる。

WOMAN

・ケイ(金髪美女)
カムホーム戦争(地球の移住権をめぐる争い)で孤児になったが、ハーロックに救われ仲間となった。戦闘にたけ、特に白兵戦を得意とする。ハーロックを父であり理想の男として憧れの目で見ているが、ハーロックはあくまで部下として信頼を置いている。荒牧監督が特に気を使った点は「ミーメを含め、松本先生の女性ならではの髪の盛り具合や耳元のカール」。

伝説の宇宙海賊のバックグラウンドをひもとくトリビア
トリビア

1:テレビアニメ版はフランスで大人気!
1978年のテレビアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」は、放送当時フランスで視聴率70%を突破。ハーロックは国民的ヒーローとして今もなお多くのファンに愛されている。

2:ハーロックは、松本作品の中で最古のキャラクター!?
クイーンエメラルダスと共に、松本作品に欠かせないハーロック。誕生のきっかけは、中学時代に海賊の漫画を描いたこと。国籍も国境も年齢も関係なく、誰の指示も受けず世界中を航海する。そんな海賊の自由さに憧れたという。

3:アルカディア号の原点はフランス映画だった!?
アルカディアという理想郷は『わが青春のマリアンヌ』(1955)というフランス映画に触発されて作られたもの。松本零士は少年の憧れを題材とした同作に心酔しており、ハーロックの劇場アニメのタイトルを『わが青春のアルカディア』と命名したほど。

4:ハーロックとトチローの関係には、松本の少年時代の実体験が!
ハーロックとトチローとの関係は、小学校時代にモテモテだったハンサムな同級生との友情をベースに描かれた。ちなみに、松本が共に遊び、励まし合い、時には殴り合いのケンカもした小・中学校時代の旧友たちとの親交はいまだに続いているという。

5:「ハーロック」の由来は、歩くときの号令
もともとハーロックという言葉は、松本零士が子ども時代に作り出した、歩くときの号令から生まれたもの。

6:ハーロックは、少なくとも100年生きているらしい
生きる伝説となったハーロックは、劇中、アルカディア号の乗員いわく100年間も宇宙を旅しているのだとか。ヒーローには伝説が付きものだといわれるが、ダークマターを浴びたハーロックは、もはや人知を超えた神秘の存在だ。

7:ハーロックが笑顔を封印した理由
劇中では一切笑顔を見せないハーロック。原作でもクールなイメージのハーロックだが、原作ではミーメいわく、親友トチローが生きていた頃は陽気な男だったという。

『キャプテンハーロック』ブルーレイ&DVD情報
『キャプテンハーロック』ブルーレイ&DVD情報

2月21日(金)ブルーレイ & DVD発売
完全初回限定生産 特別装飾版ブルーレイ 3枚組 価格:10,290円(税込み)
通常版ブルーレイ 価格:6,090円(税込み)
通常版DVD 価格:5,040円 (税込み)
発売・販売元:ポニーキャニオン

『キャプテンハーロック』ブルーレイ&DVDオフィシャルサイト

作品情報はこちら

©松本零士/キャプテンハーロック製作委員会

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク