シネマトゥデイ

TSUTAYAオンデマンドDVD特集:ココでしか手に入らない!厳選!お取り寄せ名作!!TSUTAYA復刻シネマライブラリーDVD5選

劇場公開やテレビ放映のみでソフト化されていなかったため、幻の名作と呼ばれていた映画が、続々とDVD化されているのをご存じだろうか? それも、自宅や近くのTSUTAYAで確実にお取り寄せができるという。そんな映画ファン垂涎(すいぜん)もののサービスを行っているTSUTAYA復刻シネマライブラリーから5作品を厳選し、それぞれの名作たるゆえんを三つのポイントからご紹介!

TSUTAYA復刻シネマライブラリーとは?

知る人ぞ知る名作や熱狂的な支持者を持つカルト作などの中から、DVD化されていないばかりかソフト化自体されていなかった作品、ソフト化されたことがあっても近年は廃盤となってしまっていた作品をDVD化するTSUTAYAのオリジナルレーベル。注文を受けてからDVD工場で生産する「オンデマンド」サービスにより、貴重な作品を切らさず確実に提供している。注文は全国のTSUTAYA(一部店舗を除く)、またはインターネットで受け付けており、通常は7~10日で入手が可能(代官山 蔦屋書店でのみ、注文当日に受け取り可能)。

“TSUTAYA復刻シネマライブラリー”オンデマンドDVDの詳細と注文方法はこちら→

『わが青春のマリアンヌ』
『わが青春のマリアンヌ』

製作年:1955年
製作国:フランス、ドイツ
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演:マリアンヌ・ホルト、イザベル・ピア、ピエール・ヴァネック

ストーリー:美しい湖畔のほとりに立つ寄宿学校の少年は、対岸の古城で出会った謎の美少女に心を奪われるが、それは夢とも現実ともつかぬものだった……。

定価:3,800円(税抜)

TSUTAYAでお取り寄せ→

amazonでお取り寄せ→

『わが青春のマリアンヌ』

■名作ポイント☆
松本零士が絶賛、影響を受けた名曲も誕生!
霧に煙る森と湖、寄宿学校の少年と幽霊屋敷にとらわれた美少女の恋……本作を絶賛する漫画家・松本零士は、自作「わが青春のアルカディア」のタイトルに引用し、「銀河鉄道999」メーテルなどの自作ヒロインの原型もここにあると公言。さらに1960年代後半に活躍したロックバンドのジャックスが「マリアンヌ」で、アルフィーが「メリーアン」で、この映画の世界を歌い上げている。

『わが青春のマリアンヌ』

■名作ポイント☆☆
巨匠ジュリアン・デュヴィヴィエの隠れた秀作
監督はフランスの名匠ジュリアン・デュヴィヴィエ。彼が特に活躍した1930年代頃の日本ではフランス映画の評価が高く、デュヴィヴィエは『望郷』(1937)が世界に認められる以前からフランス詩的リアリズムの代表者とされ、戦前のキネマ旬報ベスト・テンに9作品が入賞。本作はデュヴィヴィエが戦後円熟期に撮ったカルト的名作なのだ。

『わが青春のマリアンヌ』

■名作ポイント☆☆☆
現実か幻想か、隠喩に満ちた正統派ファンタジー
物語は少年の妖しき体験を、友人が語る形式でつづられる。幽霊屋敷の美少女と出会ったのは少年のみ、果たしてこれは現実なのか、少年の幻想なのか。母に捨てられた少年は黒馬を美しいと語り、森の鹿を手なずけるなど抽象的記号でいっぱいの本作、思春期の性的イメージも盛り込まれ、隠喩に満ちた幻想世界が繰り広げられる。

『眼には眼を』
『眼には眼を』

製作年:1957年
製作国:フランス、イタリア
監督:アンドレ・カイヤット
出演:クルト・ユルゲンス、フォルコ・ルリ

ストーリー:砂漠の国シリアを舞台に、あるフランス人医師が職務時間外の急患を断ったことから、妻を亡くしたアラブ人の男の復讐(ふくしゅう)に遭うサスペンス。

定価:3,800円(税抜)

TSUTAYAでお取り寄せ→

amazonでお取り寄せ→

『眼には眼を』

■名作ポイント☆
知る人ぞ知る社会派監督の名作スリラー!
監督のアンドレ・カイヤットは、ベネチア国際映画祭金獅子賞を初めて2度獲得した社会派の巨匠。元弁護士という異色の経歴の持ち主で、犯罪や事故の裏側にある深い愛情と憎しみを通じて正義や倫理を問い掛ける作風を得意とした。また、作家の松本清張は本作を高く評価しており、脚本家の橋本忍や作家の阿刀田高は、松本が本作に影響を受けて「霧の旗」を書いたと推測している。

『眼には眼を』

■名作ポイント☆☆
“眼には眼を”の言葉に込められた復讐劇
題名はハムラビ法典の条文に由来し、同害復讐を連想させる言葉だが、本来の意図は刑罰の上限を同害程度までに制限したもの。医師が妻を死なせたと思っている男は、暴力で襲撃するのでなく、辺境の村に医師を誘い込み、乾いた砂漠で誤った道案内をする、自らも渇きながら……。怒りの表情を見せることもなく、医師を静かに絶体絶命へ追い込む男の執念が怖い!

『眼には眼を』

■名作ポイント☆☆☆
不条理の恐怖と西洋文化の罪という深いテーマ性
執拗(しつよう)な復讐の恐怖が本作のテーマの一つ。しかし、医師は常識的な判断をしただけで、犯罪者でもないのに罰を受けるべきなのか、とも考えさせられる。映画の舞台はフランス領シリア、医師が西洋の合理主義で診断を下したことに事件は端を発していた。つまり非西洋文化の倫理が西洋文化を罰する、というのが本作の裏テーマなのだ。

『呪われたジェシカ』
『呪われたジェシカ』

製作年:1971年
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ハンコック
出演:ゾーラ・ランパート、バートン・ヘイマン、ケヴィン・オコナー

ストーリー:精神を病んでいたジェシカは、退院後に夫と友人と田舎町で療養するが、その周囲で奇怪なことが起こり始め、次第に正気を失っていく……。

定価:3,800円(税抜)

TSUTAYAでお取り寄せ→

『呪われたジェシカ』

■名作ポイント☆
幻のホラー映画、本邦初ソフト化!
青春映画『カリフォルニア・ドリーミング』のジョン・ハンコックが、吸血鬼カミーラ伝説を下敷きにした監督デビュー作。

■名作ポイント☆☆
実は1970年代初頭のアメリカン・ニューシネマ!?
転居先は異様な住民の小村、よそ者に向ける迫害の視線は『イージー・ライダー』に通じるアメリカン・ニューシネマの風味がある。

■名作ポイント☆☆☆
じわじわと追い詰められる恐怖
居候少女が吸血鬼なのか、村人も仲間か、いや自分が狂っているのか……心理的に追い詰められゾクゾクするサスペンス。

『エディ・コイルの友人たち』
『エディ・コイルの友人たち』

製作年:1973年
製作国:アメリカ
監督:ピーター・イエーツ
出演:ロバート・ミッチャムピーター・ボイルリチャード・ジョーダン

ストーリー:起訴中に減刑を狙って友人を密告する男、銃の密売人、銀行強盗グループ、手柄を挙げたい役人などが入り交じりながら展開する犯罪映画。

定価:3,800円(税抜)

TSUTAYAでお取り寄せ→

『エディ・コイルの友人たち』

■名作ポイント☆
職人派ピーター・イエーツのクライムムービー
『ブリット』『ヤング・ゼネレーション』など、映画通には名匠として知られた職人監督ピーター・イエーツによる犯罪映画。

■名作ポイント☆☆
タランティーノやベン・アフレックにも影響!
ベン・アフレックは本作を犯罪映画ベストワンに挙げており、監督作『ザ・タウン』では場面を引用。また、“ジャッキー・ブラウン”という人物が登場。

■名作ポイント☆☆☆
70年代ノワールとして再評価!
日本では劇場未公開となったが、全体に漂う倦怠(けんたい)感と悲観的世界は、いま観れば1970年代ノワールそのもので、これがカッコイイ!

『ブラス・ターゲット』
『ブラス・ターゲット』

製作年:1978年
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ハフ
出演:ソフィア・ローレンジョン・カサヴェテスジョージ・ケネディ

ストーリー:第2次世界大戦終結直後、金塊強奪事件が発生。パットン将軍はその捜査を命じるが、アメリカ軍内部にいた犯人たちは、隠蔽(いんぺい)工作のため暗殺者を雇う。

定価:3,800円(税抜)

TSUTAYAでお取り寄せ→

『ブラス・ターゲット』

■名作ポイント☆
パットン将軍事故死の裏に隠された謀略
第2次世界大戦の名将、パットン将軍の事故死の真相は、金塊強奪事件が絡んだ暗殺事件だとの仮説に基づく異色軍事スリラー。

■名作ポイント☆☆
70年代スターの豪華競演
出演は、監督としても知られるジョン・カサヴェテス、イタリアの名女優ソフィア・ローレン、個性派ジョージ・ケネディなど大スターが競演。

■名作ポイント☆☆☆
名優演じるスゴ腕の殺し屋がシブすぎ!
淡々と暗殺計画を遂行する殺し屋役に名優マックス・フォン・シドー、そのプロフェッショナルぶりは名作『ジャッカルの日』の再来!

その他のTSUTAYA復刻ライブラリー作品はこちら!

「眼には眼を」© 1956 STUDIOCANAL / 「わが青春のマリアンヌ」© 1954 TF1 Droits Audiovisuels Transit Films / 「エディ・コイルの友人たち」© 1973 by Paramount Pictures Corporation. TM, ® & Copyright © 2013 by Paramount Pictures. / 「ブラス・ターゲット」© 1978 TURNER ENTERTAINMENT CO. ALL RIGHTS RESERVED. / 「呪われたジェシカ」Copyright © 1971 The Jessica Company. TM, ® & Copyright © 2012 by Paramount Pictures.

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク