シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
役所広司、小松菜奈、中島哲也監督
『渇き。』
欠点しかない人間に惹かれてしまう
『渇き。』役所広司、小松菜奈、中島哲也監督 単独インタビュー

取材・文:森直人 写真:金井尭子

強烈なパワーと疾走感。深町秋生のベストセラー小説を映画化した最新作『渇き。』は、失踪した娘を捜索する狂気じみた父の姿を通し、人間の深い闇をえぐっていく異色エンターテインメントだ。主人公である元・刑事の藤島役には、日本を代表する名優の役所広司。藤島の失踪した娘の加奈子役には、本作で鮮烈なスクリーンデビューを飾ったモデル出身の小松菜奈。そしてヒット作『告白』に続き、問題作を世に問う鬼才・中島哲也監督。この3人が撮影秘話や作品に込めた思いなどについて、息の合ったトークを繰り広げた。

■「中島監督は怖い」とのうわさはホントか否か!?

Q:役所広司さんは『パコと魔法の絵本』に続いて、中島作品への出演は2度目です。今回の藤島は超ダーティーな男ですね。

役所広司(以下、役所):久しぶりに中島監督からお声が掛かったら、大変ひどい男の役で(笑)。だからこそ役者冥利(みょうり)に尽きるというか、喜んで挑戦したいなと思いました。肉体的には大変でしたけど、撮影期間は楽しかったですよ。

中島哲也監督(以下、監督):藤島という男は凶暴ですが、どこか間抜けな男なんですよね。だから狂気や怖さと同時に、軽さや滑稽さを帯びていないと成立しない。それを完璧に表現できるのは役所広司さんしかいないと思いました。ただ、さすがに役が役なんで、受けてくれるわけないなって思いましたが、ダメモトでオファーしたらご快諾いただけました(笑)。本当にうれしかったです。

Q:その藤島を翻弄(ほんろう)する娘・加奈子役が小松菜奈さん。映画デビューにして、いきなり強烈過ぎる役です。

小松菜奈(以下、小松):台本を読んだ時は過激でびっくりしちゃったんですけど、中島監督の作品に出られることがすっごくうれしくて。

監督:今のはウソですね(笑)。前に「好きな映画は?」って聞いた時、挙げたタイトルが全然僕の作品じゃなかったもの。

小松:だって恥ずかしいじゃないですか、ご本人の前で「中島監督の作品が好きです」とか言うなんて(笑)! 『告白』も『嫌われ松子の一生』も大好きです。

Q:加奈子役はオーディションだったんですよね。

小松:はい。周りの人たちが「中島監督は怖いよ」と言っていたので、オーディションもドキドキしていたんですけど、実際はとっても優しい方で。すごいオーラがあるんですけど、見た目はクマさんみたいな(笑)。

監督:(苦笑)。小松さんをパッと見た時に「あっ、この子が加奈子だったらいいな」って思ったんです。ほとんど即決でした。そのあとお芝居の練習をしている最中に、映画の前哨戦じゃないですけどドコモのdビデオのCMに決まり、出演してもらったんです。

小松:石井杏奈ちゃんと一緒に。あのCMを撮るうちに、カメラの前で演技することが楽しくなりました。

■ハードだけど楽しい血まみれの撮影現場

Q:中島監督が深町秋生さんの原作小説を映画化しようと思われた理由は?

監督:原作を読んだ時、藤島には全く共感できなかったんですけど、一方で僕は欠点しかない人間に惹(ひ)かれてしまうんです。プラス「悩まない」ってこと。もうちょっと考えればいいのに、悩まず奮闘する。で、その行動が全部間違っている(笑)。『嫌われ松子の一生』のヒロインもそうですけど、自分の映画の真ん中にそういうキャラクターがいると、妙に安心するんです。

役所:確かに、藤島が立ち止まって頭を使うようなシーンは一度もなかったですからね。ずっとハイにぶっ飛んでいて、野獣のように一本調子なヤツというか。

監督:そう、大体怒鳴っているか、殴っているか(笑)。僕自身としては、昭和の時代にたくさんあったB級アクション映画のテイストを、自分なりにやりたいという思いもあったんです。やさぐれたハミ出し者の中年男がものすごいエネルギーでスクリーンの中を駆け巡るっていう。

役所:疾走しているシーンでは監督から「思ったより速くないね」なんて言われることもありました(笑)。

Q:娘役の小松さんから見た役所さんの印象は?

小松:役所さんご自身は本当に気さくな優しい方で。役としては最低最悪なんですけど(笑)、そのぶん余計に気を使っていただいているのがわかりました。

役所:撮影当日は「おはようございます」ってごあいさつして、「ああ、これからこの子の首を絞めるのか……」と(笑)。

小松:本番ではお父さん、容赦なかったです(笑)。撮影はハードなシーンの連続でしたけど、現場の雰囲気は全然ピリピリしていなくて。わたしはずっと楽しかったです。

監督:小松さんには周囲を和ませる陽性のオーラがあるんですよね。全ての中島組の現場が笑顔であふれているわけではないんですけども(笑)。今回は血まみれのシーンを撮っていても、小松さんのムードでホワ~ッと明るくなっていました。

■加奈子の笑顔に隠された秘密とは!?

Q:劇中で「バケモノ」とも称される加奈子ですが、彼女についてどうお考えですか?

小松:監督ともいろいろお話させていただいたんですけど、加奈子は本当につかめない女の子で何を考えているのかわからないんです。

監督:小松さんには「わかろうとするな」とも言いましたね。わからない存在を追っていく男たちの話ですから。基本的に加奈子っていうのは天才的な「人たらし」。その場その場で相手に魅力的に見えるように対応していれば、つまり相手の芝居に反応していればいいんだからねって。コロコロ変わってもいいよ、自由に動いてよって指示しました。「この子はこうだから」って理詰めで考えない方が、加奈子はダイナミックに、面白く映画の中に存在できるんじゃないかと思いました。

Q:加奈子がさらに何を考えているのかわからない笑顔を見せるのが印象的でした。

監督:あれは小松さんのアドリブです。細かいところは全部彼女におまかせでしたから。

小松:加奈子が爆笑するところがたくさんあるんですけど、笑うのって結構大変なんです。

監督:笑うのを途中でやめちゃったりしたんですよ。カメラ回ってるのに(笑)。疲れちゃったのか、「あーあ」みたいな感じで(笑)。面白くて、そのまま使いました。

Q:あと加奈子が「不思議の国のアリス」を読んでいるという原作にはない描写も興味深かったです。

監督:あれもヒントのようで、そうともいえない。例えば加奈子がアリスなのか、それとも彼女が皆を深い穴に落とし込んでいく側なのか。ある意味では、藤島もアリスなのかもしれないし。

役所:やっぱり親子だから藤島と加奈子は似ているんですよね。セリフでも「アイツは俺だ」と言っていますけど、同類の罪深い人間として、もう娘に手を差し伸べるのは俺しかできないっていうことなのかなと思っていました。

■目を伏せずに(?)最後まで楽しんで観てほしい

Q:完成した映画をご覧になっていかがでしたか?

役所:撮影中はもっとドロドロの重たい映画になるかなって思っていましたけど、完成版は徹底したバイオレンスの中に陽気さも軽みもあって、非常にノリのいいエンターテインメントになっていて驚きました。今はこういう刺激的な日本映画は少ないので、貴重な一本だと思います。

小松:わたしは観た後、ぼうぜんとしてしまいましたが、中島監督ならではの映像の渦に吸い込まれるというか……本当に衝撃的な映画でした。思いもつかないところに細かいカットが入っていたり、イジメの場面に明るい音楽が流れていたり、アニメーションが使われていたり……。どのキャラクターも濃い役柄なのでそこに注目していただきたいのと、わたしが演じた加奈子の不思議な魅力によって、彼らが狂わされていく姿を観ていただけたらと思います。

監督:本当に暴力、暴力で血だらけの映画ですけども、途中で目を伏せたりとか映画館から出て行ったりとかしないでください(笑)。人間という生き物の面白い部分を確実に描いていると思うので、最後まで楽しんで観ていただければうれしいです。

殴って、走って、暴れて……とスクリーンでは鬼気迫る熱演を見せる役所広司と、ミステリアスな魔性を発揮する小松菜奈が、トークの現場では終始穏やかな笑顔を浮かべて話していたのが印象的だった。その和気あいあいとした姿は、中島哲也監督への絶大な信頼を感じさせるものだ。この3人を核とした深い相互理解に基づくコラボレーションこそが、『渇き。』という過激な映画の確かなクオリティーを支えているのだろう。また、現役の高校生活最後に、高校生を演じた小松菜奈のリアルな記録としても、これは絶対見逃せない。

映画『渇き。』は6月27日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 26日
  5. 『渇き。』役所広司、小松菜奈、中島哲也監督 単独インタビュー