シネマトゥデイ

菅野美穂&小泉孝太郎
『ベイマックス』
みんな誰かに守られているし、誰かを守っている
『ベイマックス』菅野美穂&小泉孝太郎 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:高野広美

最愛の兄を亡くしてしまった天才少年ヒロと、人々の心と体の健康を守るために開発されたケアロボット“ベイマックス”の冒険を描くディズニー最新作『ベイマックス』。本作の日本語吹き替え版で、菅野美穂と小泉孝太郎が声優にチャレンジ! 母親の代わりにヒロを育てるキャスの声を担当した菅野、ヒロの兄タダシ役の小泉、共にディズニーアニメーションのアフレコに初挑戦した二人が、本作への熱い思いを語り合った。

■ディズニーのアフレコはサビが命!?

Q:ディズニーアニメのアフレコを初体験されていかがでしたか?

菅野美穂(以下、菅野):何もかもが新鮮でした。これまでの経験を生かせたらいいなと思って臨んだのですが、すごく難しかったです。まずはセリフをきちんと音として伝えることが大事なんですよね。今までも吹き替えでディズニーアニメーションを観ていたのに、実際にやると本当に難しくて。

小泉孝太郎(以下、小泉):演技も感情も、いつもの自分より何割増しかでやったらちょうど良かったりするんです。でも、悲しいときの表現は、やりすぎると暗くなっちゃうんですよね。リアルな悲しさは暗すぎる。

菅野:へえ、面白いですね。タダシは弟を思う繊細なシーンが多いですもんね。

小泉:とにかく喜怒哀楽をつかむのが至難の業でした。でも、この経験は間違いなく、これからの仕事の糧になると思いました。あそこのポイントを表現すればいいのだというのは、全ての瞬間に使えますよね。

菅野:そうですね。こういうやり方があったとは知らなかった。いただいちゃいました(笑)。

Q:お二人とも、新たな発見があったようですね。

小泉:ありましたねえ……今思ったんですけど、アフレコってサビの連続ですよね?

菅野:あー、そうかも。AメロよりもBメロよりもサビ!

小泉:いきなりサビから歌って、そのままサビ、サビ、サビ、みたいな(笑)。こんなにサビばかりでいいの? ここってAメロとかBメロじゃないの? って思ったりするんだけど、アフレコの監督が求めるのはサビ。声優はサビが命(笑)。

菅野:確かにそうでしたね! 『アナと雪の女王』と違って今回はミュージカルじゃないんだけど、本当に音楽に近かったような気がします。

■ドンピシャな役柄に共感しまくり!

Q:弟ヒロのために奔走するタダシは、弟さんがいらっしゃる小泉さんにとって共感部分の多いキャラだったのでは?

小泉:それはありましたね。タダシが弟を大学に連れて行って、自分の仲間に紹介するシーンがあるんですけど、僕も自分の友達を弟に紹介することがよくあるんです。そんなところにもすごく共感しました。今回の感情表現は、タダシの役を突き詰めるというよりも、実生活でお兄ちゃんである小泉孝太郎が、弟に向けて話しているときの気持ちを重点に置きました。監督も「弟さんを思って言ってください」と言ってくださったので、自分だったらヒロにこう伝えたい、というところをぶつけられたと思います。

Q:おいのヒロとタダシを実子のように育てたキャスも、菅野さんにピッタリな役でしたね。

菅野:すごく明るくて、普段のわたしを想像してキャスティングしてくださったかのような役柄でした。ただ、監督からは、2人の少年を育てている30代半ばの女性としては声が細いって言われたんです。だから、普段より落ち着いた声を意識しつつ、セリフははっきりと言うようにしました。例えば、「帰ってきたの?」というセリフ一つでも、「か・え・っ・て・き・た・の」と全ての音をしっかりと出す……なんて、さっきからいろいろ言っていますけど、アフレコを聞くと普通だったりするんですよ(笑)。

■二人がベイマックスにケアしてほしいところとは……?

Q:本作も、ディズニーらしい魅力的なキャラクターやエモーショナルな描写が満載ですよね。

菅野:タダシが亡くなってから、いつも一緒だったヒロとベイマックスが離れ離れになるシーンがあるんですけど、本当に心が動かされました。ヒロがベイマックスの大切さを認識したのに、離れなければいけない。すごく感情移入してしまいました。

小泉:この映画を観ると、自分にとって守りたい人や、守ってくれている人のことをすごく考えるでしょうね。自分はヒロやタダシのような清く正しい心で生きているのだろうか、自問自答する作品だと思います。だから、大人にこそ観てほしい。

菅野:そう、「あなたは誰かに守られているし、誰かを守っているんだよ」というメッセージを感じました。ベイマックスに守られていたヒロは、ベイマックスを守りたいと思った瞬間にすごく強くなる。守りたい存在がいると人は変わるんだよって、あらためて教えられたような気がします。

Q:人のケガや病をスキャンできるベイマックス。今の自分をスキャンされたら、ケアが必要な箇所があると思いますか?

菅野:わたし、おすしのウニとかイクラとか魚の卵系が好きで、ちょっとコレステロールが高めなんですよ。だから、そこを管理してほしいです(笑)。

小泉:それ、僕も同じです。うちは家系的にコレステロールが高めなんですよ(笑)。父親も高いし、僕も気になるので、ベイマックスに食生活を管理してもらいたいですね。

「お伝えするのが難しいんですけど……」と何度もつぶやきながら、アフレコの苦悩を語った菅野。「今、思い付いた!」と瞳を輝かせながら、その難しさを歌のサビで表現してみせた小泉。取材時間ギリギリまで胸の内を伝えようとする二人の姿勢が、言葉以上に本作に込めた情熱を物語っていた。映像にちりばめられた日本文化や、魂の不滅を感じさせる描写など、日本らしさも取り入れたディズニーの新作は、日本人声優のキャスティングにもとことんこだわったようだ。

映画『ベイマックス』は12月20日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク