シネマトゥデイ

藤原竜也&岡田将生
『映画 ST赤と白の捜査ファイル』
藤原の演技はまったく読めない!?
『映画 ST赤と白の捜査ファイル』藤原竜也&岡田将生 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:高野広美

架空の特殊機関・科学特捜班(ST)の活躍を描いた人気テレビドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」が映画化された。今回は、対人恐怖症の天才分析官・赤城左門(藤原竜也)をはじめとする個性派だらけのSTメンバーと、STを管理するエリート警部・百合根友久(岡田将生)が、天才ハッカー(ユースケ・サンタマリア)の仕掛けた超難事件に挑む。劇中で相変わらずの名コンビぶりを披露した藤原と岡田が撮影のウラ話を語った。

■二転三転していくので、絶対に気が抜けない!

Q:赤城と百合根の関係が、今回の映画で大きく変化しましたね。

藤原竜也(以下、藤原):そうですね。岡田くんが演じた百合根をはじめ、ST のメンバーが背中を押してくれたおかげで赤城が一歩を踏み出し、成長して多少の人間味を帯びたのがドラマ版。この映画では逆に、赤城をしっかり支えてくれた百合根の成長が垣間見えるような物語になっていて、そこのバランスがよく取れていたなと思います。

岡田将生(以下、岡田):「百合根の成長」が今回のテーマの一つでもあったので、僕としても「事件を通じて一回り大きくなる百合根」を意識しながら演じました。STメンバーへの愛情がより強くなる百合根と同じように、僕も役者さんたちのことを愛そうという気持ちを常に持っていました。

Q:事件もこれまでとはスケールの違う、犯人、STチーム、さらに警察組織が裏の裏を読み合う壮絶な頭脳戦。お芝居も相当やりがいがあったのでは?

藤原:演じる僕らも計算していかないといけないくらい二転三転していく内容なので、絶対に気が抜けないと思いました。結末に向かって逆算していかないと、ズレていってしまう部分があるんです。僕らも「このシーンはこういう表現でいいんだろうな」って、謎解きのように先々のことを計算しながらやっていくのが大変でしたが面白い現場でした。

岡田:僕は、こんなに長く一つの作品をやらせてもらうことがなかったので、またSTのメンバーと現場で一緒にいられるのが本当にうれしかったんです。「他の役者さんはきっとこう来るだろう。そうしたら僕はこうしよう」とか、先を考えながら演じることが楽しかった。あ、竜也さんはまったく読めないんですけどね(苦笑)。

■難しい長ゼリフの応酬にNG連発!

Q:長ゼリフのやりとりも本作の特徴ですが、本番でご苦労されることもあったのでは?

藤原:NGはみんなありますよ。今回の映画も後半が大変で、かんだり間違えたりしていました。ただ、そこの苦労はみんな知っているし、NGを出すことが悪いことではないから、ミスをしてしまったら全員で励まし合っていました(笑)。「大丈夫! 大丈夫!」ってね。

岡田:そうそう、「イケるイケる!」って(笑)。

藤原:ホント大変なんだよね。難しい専門用語がうまく台本に入れ込んであるから、なかなかセリフが覚えられない。

岡田:そうですね。特に、説明ゼリフだと頭に入ってこないんです。自分がちゃんと理解していないとダメなんですよね。現場に資料がたくさん用意してあって、それに目を通して確認しながらやっていきました。

Q:そんなSTメンバーの中で、窪田正孝さん演じる寡黙な黒崎だけは、今回もセリフがほぼ皆無でしたが……?

岡田:そう、アクションでおいしいところを持っていくんですよ!

藤原:窪田くんのためにあったような作品だよね(笑)。

■二人が役柄と似ているところは……?

Q:オレ様キャラだけど実は繊細で頭脳明晰(めいせき)な赤城と、とにかく生真面目でお人よしの百合根。ご自身と近い部分はあると思いますか?

岡田:いや、僕はここまで人のことを考えられないですよ。だって、言ってしまえば他人ですよ! 僕はここまで他人に介入できないです。百合根っぽいと思われがちですけど、僕はここまで優しくないです(笑)。

藤原:僕から見ると、岡田くんの人がよくて周りの人に好かれるところは百合根と重なるんですけどね。ただ、僕自身も、天才的な才能の持ち主の赤城とはかけ離れていると思います。彼のように数ミリのヒントでも見逃さず、瞬間的にはるか先のことまで推理して解決に導く頭脳は、うらやましいところでもありますね。

Q:変わり者だらけのSTメンバーですが、お互いにここは少し変わっているなと思うことがあったら教えてください。

藤原:岡田くんの変わっているところかあ……。

岡田:竜也さん、言っていいことといけないことがありますからね!

藤原:ああ、そうか。

岡田:お願いします。僕もわきまえます!

藤原:……まあ、正直言うと、岡田くんが変だなと思うところはないです(苦笑)。それは、ほかのSTメンバーにもいえることなんですけど。

岡田:……じゃあ、僕もないです(笑)。

■岡田が藤原にガチで謝罪!?

Q:事件のカギを握る少女・椿役の鈴木梨央ちゃんと、お二人の絡みも見どころですが、撮影現場はいかがでしたか?

岡田:すごく楽しかったですよ。毎日、三人でいろんな話をして、梨央ちゃんのプライベートな部分を聞いていました。ここでは言えないですけど(笑)。梨央ちゃんはすごく大人で、お芝居も上手でしたよね。

藤原:本当にしっかりしていました。赤城と百合根を振り回して、けれども核として事件解決への導線をちゃんと引いてくれる、椿にピッタリのキャラクターでしたね。現場での梨央ちゃんはかわいくて、僕らを和ませてくれる存在でした。

Q:赤城と椿のやんちゃなやりとりが絶妙で、藤原さんの素顔が投影されているような気がしました。

藤原:まあ、僕にもやんちゃなところはありますよ。わかりやすくは出さないけど。

岡田:竜也さんには本当に笑わせてもらうことが多かったです。二人でいる時間がとても長かったので、後輩として勉強させてもらうこともたくさんありました。僕はどちらかというとおっちょこちょいタイプなので、いろいろ迷惑を掛けたりもしていましたけど……。ホント申し訳なかったです!

藤原:いやいや(苦笑)。

Q:さらなる続編に期待するファンの方も多いと思います。お二人はどうですか?

藤原:これだけ長くやってきた作品ですから、STメンバーたちのその後の人生には興味がありますし、彼らがこの先どういう道を歩いていくのか、いち観客として観てみたい気はしますね。

岡田:映画でSTの○○(誰々)が○○(何々)になったじゃないですか。だから、もし次があるとしたら……。

Q:そこはネタバレかもしれないです(笑)。

岡田:これ言っちゃいけないのか! じゃあ、なしで(笑)。

藤原:岡田くん、言っていいことと悪いことがあるんだからね。

岡田:あっ、言い返された(笑)。

インタビュー中、筆者の隣に座っていた男性編集者に向かって、「あれ? AAAの 西島(隆弘)さんじゃないですか? いま着ている服、イトーヨーカドーですよね?」と強烈なボケをかましてくる藤原。すかさず、「いきなり何なんですか! でも、似ていますね(笑)」とツッコミを入れる岡田。その漫才のような掛け合いは赤城と百合根そのもので、その場にいた誰もが大爆笑! 「ST」シリーズの人気の要である二人の仲の良さが、本物であることをしみじみ感じた。

(C) 2015映画「ST赤と白の捜査ファイル」製作委員会

『映画 ST赤と白の捜査ファイル』は1月10日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク