シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
提供:KADOKAWA
掲載:2015年10月16日
『グラスホッパー』特集:生田斗真×浅野忠信×山田涼介がぶっ飛びの熱演闇社会に潜入した「謎の男」の行方を追え!

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』などの人気作家、伊坂幸太郎のベストセラー小説を、生田斗真浅野忠信山田涼介らオールスターキャストで映画化したサスペンス『グラスホッパー』。本作の魅力は、渋谷スクランブル交差点で起きた無差別殺傷事件の真相を巡るトリッキーなミステリーに加え、伊坂ワールドならではのキョーレツな闇の世界の住人たち。失踪した鈴木の足取りをたどりながら、ぶっ飛びキャラたちを紹介します!

WANTED!鈴木
渋谷スクランブル交差点無差別殺人で恋人が死亡

元教師・鈴木さんが姿を消したまま行方がわからなくなっている。鈴木さんは、渋谷のスクランブル交差点で発生した無差別殺傷事件で婚約者の百合子さんを亡くしていた。事件の黒幕が裏社会を牛耳る寺原会長とささやかれる中、鈴木さんは寺原会長が経営する美容食品会社に就職。そんな中、会長の息子がスクランブル交差点で車にひき逃げされ、事件当時、鈴木さんが現場に居合わせた姿が目撃されており、鈴木さんが事件、および寺原会長に何らかの関与しているのではないかという疑惑が浮上している。

重要参考人1:自殺屋・鯨(浅野忠信)
重要参考人1:自殺屋・鯨(浅野忠信)

裏社会を牛耳る寺原会長に長年雇われていた殺し屋。相手を自殺に追い込む巧妙な手口、完璧な仕事ぶりで裏社会では伝説の存在として恐れられていたが、今は寺原会長から命を狙われているもよう。鯨は近ごろ、自分が死なせた者たちの幽霊が見える現象に悩まされていたといい、寺原会長が放った刺客で殺しの交渉人・岩西、及び岩西のパートナーである若き殺し屋・蝉が彼の周辺を徘徊(はいかい)している姿が目撃されている。「目が空洞」で、人の心を狂わせる力を持つという。

重要参考人2:若きナイフ使い・蝉(山田涼介)

返り血を浴びないためか常にレインコートを着用し、顔色一つ変えることなくターゲットを片付けていくナイフの使い手。殺しが終わると、生きていることを実感するためにしじみを買って帰るのが日課とされている。パートナーの岩西とは良好な関係を保っていたが、寺原会長から鯨の暗殺を依頼されたことから事態は急変していく……。

重要参考人3:裏社会のヤンキーセレブ・比与子(菜々緒)
重要参考人3:裏社会のヤンキーセレブ・比与子(菜々緒)

寺原会長が経営する美容食品会社「フロイライン」の社員。寺原会長の右腕として拉致監禁や脅しも日常的に行っていたといい、鈴木さんの上司だったもよう。

重要参考人4:謎の押し屋(吉岡秀隆)とその妻すみれ(麻生久美子)
重要参考人4:謎の押し屋(吉岡秀隆)とその妻すみれ(麻生久美子)

寺原会長の息子がひき逃げされた現場で目撃された謎の男。事件の犯人で、“押し屋”である疑いがもたれ、比与子らが後を追っており彼を追う鈴木さんの姿も目撃されている。妻すみれと、二人の息子と暮らしている。

重要参考人5:裏社会のドン(石橋蓮司)
重要参考人5:裏社会のドン(石橋蓮司)

跡継ぎの息子を殺され、犯人捜しに躍起になる裏社会の権力者麻薬ビジネスに手を染めている可能性が高く、渋谷のスクランブル交差点で起きた無差別殺傷事件の裏に彼の名前が浮上している。

重要参考人6:殺しの交渉人・岩西(村上淳)
重要参考人6:殺しの交渉人・岩西(村上淳)

殺しを請け負い、パートナーである蝉に指令を出す交渉人。蝉を裏社会に引き入れたことを後悔している。寺原会長に殺し屋・鯨の暗殺を依頼されるものの、逆に鯨に命を狙われる。

果たして鈴木は目的を果たし、闇社会から抜け出すことができるのか!?

映画『グラスホッパー』オフィシャルサイトはこちら>

©2015「グラスホッパー」製作委員会

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 16日
  5. 『グラスホッパー』特集:生田斗真×浅野忠信×山田涼介がぶっ飛びの熱演 復讐のため闇世界に潜入した「鈴木」の行方を追え!