シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
星の王子さまと、大切な10人の仲間たち

過保護でクレイジーな『リトルプリンス』の母親:動画特集第5回

母親
(C) 2015 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films

 主人公の女の子の母親は、分刻みのスケジュールを彼女に要求する。しかしそれは娘に将来幸せになってほしいという思いからくる、彼女なりの愛情の示し方なのだ。

 アニメーション監修のジェイソン・ブースは、「母親は過保護でクレイジー」だが、「愛情表現もない頭がおかしいキャラクターというわけではありません」と説明する。せりふがないシーンでも子供を思う気持ちが裏にあることを伝えるために、目や表情で表現することに苦心したという。

母親
お受験も娘のため! - (C) 2015 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films

 また母親は主に、少女たちが過ごすCGで表現される現実の世界に出てくるが、ストップモーションの映像にもワンシーンだけ登場している。非常に短い出演だが、キャラクターデザイナーのアレックス・ジュハズによると、ストップモーション用のキャラクターデザインは全てのキャラクターが出来上がった後に取り掛かったそう。ということは重要な鍵を握っている!? と想像が膨らむが、実はその理由はシーン中の母親の表情はほぼ変わらないため、一つしか頭部パーツを作る必要がなく、ほかと比べて一番楽なキャラクターだったからとのこと。

母親
ストップモーション用お母さん - (C) 2015 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』は11月21日より2D / 3D全国公開

【関連情報】

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 2日
  5. 過保護でクレイジーな『リトルプリンス』の母親:動画特集第5回