シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
土屋太鳳&山崎賢人
『orange−オレンジ−』
怒りも憎しみも悲しみも、すべて愛から生まれる
『orange−オレンジ−』土屋太鳳&山崎賢人 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:杉映貴子

高野苺の人気コミックを、NHKの連続テレビ小説「まれ」の名コンビ、土屋太鳳&山崎賢人の再タッグで実写化した映画『orange−オレンジ−』。10年後の自分から手紙が届くというファンタジックな世界観や、恋愛、友情、家族、人生との向き合い方など、多面的な要素を持つ青春群像劇だ。悲しい未来を変えるために奮闘する女子校生・高宮菜穂を演じた土屋と、心に深い傷を負った転校生・成瀬翔を演じた山崎が、作品への思いやお互いについてなど、和やかに語り合った。

■「まれ」で夫婦を演じた2人が、同級生役で再共演!

Q:本作の撮影は「まれ」の撮影直後だったそうですが、役の切り替えはすぐにできましたか?

土屋太鳳(以下、土屋):意識して変える感じではなかったです。賢人くんが翔として準備をしてきて、わたしも菜穂として準備して現場で会ったので、それがうまく合わさった気がしました。わたしたちが原作を実写化するというよりは、『orange−オレンジ−』という世界にいる菜穂や翔に、魂を入れていく感覚でした。

山崎賢人(以下、山崎 「崎」は「たつさき」):本当に、無理がなかったです。心に傷を抱えた翔の切なくて暗い部分と、菜穂や仲間たちといるときの明るい部分を、現場でバランス良く出せたらいいなと思っていたんですけど、自分でも不思議なくらい、自然な流れの中で役に入っていくことができました。

土屋:最初に撮ったのが、翔が教室で転校の挨拶をするシーンだったんです。わたし、賢人くんが黒板の前で「成瀬翔です」って言ったときに、「わあ、翔だ!」と思ったんです。声とか表情だけじゃなくて、空気まで違っていて、本当にすごかった。賢人くんは二枚目半が似合うイケメンって感じがしますけど、メッセージ性のある作品に縁がある俳優さんなのかなと思いました。

山崎:太鳳ちゃんこそ、声の出し方や歩き方も変えていて、空気も全然違いました。僕もそうなんですけど、太鳳ちゃんも今回の役作りでは悩んでいたと思うんです。でも、本当にいろいろな役ができる人なんですよね。だから、近くで見ていて面白い。「まれ」のときもすごく面白かったです。

■普段の土屋太鳳は体育会系?

Q:土屋さんの演じた菜穂が、とても女の子らしくて可愛らしかったです。

山崎:そうですよね!

土屋:すごくはずかしかったんです……。

山崎:太鳳ちゃんが、現場で「どうしたら菜穂みたいに女の子らしくできるのかな?」って言っていたんですけど、僕が今まで見た中で、一番女らしい太鳳ちゃんでした。

Q:普段の土屋さんは、菜穂とは違うんですか?

山崎:いつもは、もうちょっと体育会系だよね(笑)。走り方とか。

土屋:わたし、陸上をやっていたので、走るときのフォームが出てしまうと、菜穂ではなくなってしまうんですよ(笑)。バレエもやっていたからガニマタ気味で、歩き方も女らしくなるように、頑張って内股にしようとしていたんです。そのせいか、試写で観たら自分の姿勢が良過ぎて、「あれ?」って思ったりして(苦笑)。そんな感じで反省点はいっぱいあるんですけど、賢人くんや、ほかの同級生役のキャストさんたちのおかげで、なんとか菜穂ちゃんとして生き抜くことができました。

山崎:太鳳ちゃんの菜穂も、須和(竜星涼)、貴子(山崎紘菜)、萩田(桜田通)もあずさ(清水くるみ)も、キャスト全員が愛を持って演じているのが伝わってきたので、6人でいるときは本当に楽しかったです。1か月間、原作の舞台である長野県の松本で撮影したというのも大きくて、みんなと仲良くなれましたし、リアルに大切な仲間ができました。

■山崎が過去の自分に激しくダメ出し!

Q:初めてご一緒したときと比べて、お互いに「変わったな」と思うところ、「変わらないな」と思うところがあったら教えてください。

山崎:太鳳ちゃんは、昔と全然変わらないですよ。

土屋:わたしたち、最初に会ったのが学園ドラマだったんですけど、そのときと今は、賢人くんの髪型と髪の色が全然違う(笑)。

山崎:あの頃の僕って、「焼きそばみたいな髪型」だったんです。もともとちょっとクセ毛気味ではあったんだけど「どうしたんだろう?」って思うくらいパサパサ(笑)。当時はまだ高校生で、自分で髪型を決めてスタイリングもしていたんですよね。自分の中では「イケてる!」って思いながら毎朝セットしていたんだけど、今見ると「ダッサー、何コレ?」って言いたくなる(苦笑)。

土屋:最初に会ったとき、賢人くんのほうが年上だと思ったんです。髪の毛が長くて背もすごく高いから、大人っぽく感じたんですよね。そしたら同い年だって聞いて驚きました。年齢を聞かなかったら、賢人さんって呼んでいたかな(笑)。

山崎:僕は、太鳳ちゃんは年下か同い年だと思いました。年上だとはまったく思わなかった。本当に純粋で……。

土屋:それって、子どもっぽいってことかな(笑)。

山崎:違う違う(笑)。でも、話してみたらお母さん的なところがあったんですよね。今も、お母さんのような抱擁力を感じます。

Q:では、土屋さんから見た山崎さんは?

土屋:賢人くんは、お父さんって感じはしないです。弟とか……。

山崎:犬とか(笑)。

土屋:フフ、犬も面白いね。「賢人、おいで!」とか(笑)。でも、やっぱり親友かな! 賢人くんには仕事の相談にたくさん乗ってもらったり、支えてくれて……本当に人としても役者としても尊敬しています!

■心が重くなるシーンのときこそ、愛を感じたい

Q:今回も演技について相談することがあったのでしょうか?

山崎:ありました。僕、重くてシリアスなシーンをやるときって、撮影の前からズドンと気持ちが落ちたりするんです。それが今回大変だったんですけど、太鳳ちゃんが「そういうシーンをやるときは、笑っていよう!」って言ってくれたのが、すごく新鮮だったんですよね。

土屋:ホント? 集中できなくなって迷惑じゃなかった?

山崎:いや、本当に助けてもらった。

土屋:よかった。わたしね、今回の作品で気づいたんです。「どんな感情も愛から生まれているのかもしれない」って。それこそ、怒りも憎しみも悲しみも。

山崎:そうだね。愛していないと怒らないし、悲しくもならない。

土屋:だから、心が重くなるシーンも、その前になるべく楽しかったときの感情を思い出して、「あのときがあって、だからこそ今がある」という風に考えたらいいのかなと思ったんです。そこに気持ちがたどり着くのは、すごく難しいことかもしれないけど。

Q:そんな重さがありながら、軽やかな清々しさが残る本作から、何を一番強く感じましたか?

山崎:友達の大切さを、改めて教えてもらいました。『orange−オレンジ−』という作品が持つ力はすごいです。6人の友情とか、今を大切に生きるというメッセージが、実写版でもリアルに伝わるとうれしいです。

土屋:わたしも、6人の友情を一番に感じました。恋愛のキュンキュンする要素とかもあるんですけど、翔と菜穂の2人だけでは変わらなかったことも、6人が心を合わせることで変わっていくかもしれない。そんな仲間たちの絆が描かれているんです。観てくださる方にも、何かを感じてもらえたらいいなと思います。

それぞれ、少女らしい可憐さや少年っぽいあどけなさを持ち、無垢(むく)な心根を感じさせる土屋と山崎。話題作での共演が続く2人の固い信頼関係と、原作への強い愛情によって誕生したのが、郷愁感あふれる青春ムービー『orange−オレンジ−』だ。仲間たちと無邪気に過ごした学生時代、甘酸っぱい初恋の思い出、たとえ後悔があったとしても、ひたむきに生きてきた過去の自分……。本作を観ると、心のスクリーンに懐かしい光景が浮かび上がるだろう。

映画『orange-オレンジ-』は12月12日より全国東宝系にて公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク