シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『パーフェクト・ストーム』、遺族がワーナーを起訴

この夏の話題作『パーフェクト・ストーム』の登場人物の遺族が、ワーナー・ブラザースを相手取って訴訟を起こした。名前の無断使用とゆがんだ性格描写を訴えて、損害賠償と今後の映画配給の禁止などを求めている。問題になっているのは、ジョージ・クルーニー扮するタイラー船長。遺族の主張では、「冷淡で、向こう見ずで、おそろしく無謀で、自分の興味に没頭し、めめしく、落ち込んでいて、妄想家で、気違いじみている」ということなのだが……。ワーナー側は全面的に争う構えだが、演じたクルーニーの意見もちょっと聞いてみ たい。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2000年
  3. 9月
  4. 8日
  5. 『パーフェクト・ストーム』、遺族がワーナーを起訴