シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クロウ、監督の恋人とのラブ・シーンは御法度

 映画『グラディエイター』で、ラッセル・クロウと組んで大成功を収めたリドリー・スコット監督が、次の作品(タイトルは未定)でもクロウを主演に起用することを決定。クロウの妻役はスコット監督の長年の恋人ジャニーナ・ファシオが演じるが、スコット監督は撮影が始まる前に、全てのラブ・シーンを脚本からカットした。 ファシオは「彼は私にクロウとのラブ・シーンをさせたくないのよ。彼は “冗談じゃない。”って言ってたわ」と語っている。シャロン・ストーン、ジョディ・フォスターらを含む女優たちと次々と浮き名を流し、女好きという評判があるクロウだけに、スコット監督もここまでするしかない?


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2000年
  3. 12月
  4. 4日
  5. クロウ、監督の恋人とのラブ・シーンは御法度