シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『プルーフ・オブ・ライフ』不振は、ライアン&クロウのせい?

『プルーフ・オブ・ライフ』のテイラー・ハックフォード監督が、同映画の興行成績がアメリカで振るわなかったのは、短期間に終わってしまったメグ・ライアンとラッセル・クロウのロマンスのせいだと語った。ハックフォードはロンドンでの『プルーフ~』公開を前に、「現実の物語が映画を圧倒してしまった」と語った。 これに対しクロウは、「映画が不振だったのは、公開時期が悪かったから。クリスマスに人質の話じゃあね」と反論している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 2月
  4. 27日
  5. 『プルーフ・オブ・ライフ』不振は、ライアン&クロウのせい?