シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ルーシー・リュー、『CUBE』の監督作品へ出演

『チャーリーズ・エンジェル』のルーシー・リューが、『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督の新作『カンパニー・マン』(原題)へ出演することが決まった。この作品は、ある目覚めた男が自分は危険な国際的スパイと知り、そして生き延びるためにミステリアスな美女とチームを組むという謎に満ちたサスペンス映画だ。主役の男には『グロリア』のジェレミー・ノーザムが扮し、リューはチームを組む悪女的な女性を演じる。脚本はブライアン・キングが手掛け、撮影は来週からトロントで始まる。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • カンパニーマン:映画 from gflblog.jugem.jp | 映画・音楽・グルメ紹介ジフル (2009年4月17日 13時39分)
    今回紹介する映画は、ルーシー・リュー、デビッド・ヒューレット出演、『CUBE(キューブ)』のビンチェンゾ・ナタリ監督・脚本の『カンパニーマン』です。 カンパニーマン:ストーリー 結婚にも仕事にも行き詰まったモーガン・サリバンは、単調な生活から逃れるため、産業スパイとしてハイテク会社・デジコープ社に勤め始める。 偽名を与えられた彼の最初の任務はある企業の会議に出席し、隠しマイクで情報を本部に報告すること。 スリリングな日々にモーガンは満足するが、一方で激しい頭痛が彼を襲うようになる。 そんな ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 5月
  4. 4日
  5. ルーシー・リュー、『CUBE』の監督作品へ出演