シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

K・ウィンスレット、ラブ・シーンはレオがいい!?

 新作『アイリス』(原題)を撮影中のケイト・ウィンスレットが、相手役に予定されていたエキストラの俳優とのラブ・シーンを拒否したという。ウィンスレットがトップレスになってのラブ・シーンを撮影するため、カメラが回り始めようとした時、ウィンスレットはプロデューサーのもとに駆け寄り、この俳優はラブ・シーンを演じるのに十分ハンサムではないと訴えたらしい。プロデューサーに誰を代役に立てるべきかと聞かれたウィンスレットは、撮影スタッフたちを見渡し、1人のハンサムな舞台装置係を選んだ。しかし彼は、妻の目を気にして辞退したため、結局、共演者のヒュー・ボネヴィルが自ら進んで相手役を引き受け、ウィンスレットもOKを出したという。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 11月
  4. 12日
  5. K・ウィンスレット、ラブ・シーンはレオがいい!?