シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

H・スワンクが若手新人監督の作品に出演

 『インソムニア』でベテラン俳優たちと共演したヒラリー・スワンクが、次回作では一変して弱冠26歳の新人監督と組む。これが初の長編となるグレッグ・マークス監督・脚本の『11:14』(原題)は、別々の生活を生きていた人々が11時14分に起こった自動車事故により、ひとつに結ばれる物語。スワンクは製作にも関わる予定だが、共演者にはトム・ハンクスの息子のコリン・ハンクス、レイチェル・リー・クック、ヘンリー・トーマスの名前があり、さらにパトリック・スウェイジやバーバラ・ハーシーら、ベテランとの出演交渉も行われている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ★★ 『11:14』 from 映画の感想文日記 (2007年5月31日 22時20分)
    2003年。Media8Entertainment. "11:14".  グレッグ・マルクス監督・脚本。 ヒラリー・スワンク、ヘンリー・トーマス、パトリック・スウェイジ、コリン・ハンクス、ベン・フォスター、その他出演。 田舎町で起こったいくつか ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 8月
  4. 20日
  5. H・スワンクが若手新人監督の作品に出演