シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

70年代の伝説のカンフー映画、リメイク決定

 1975年のジミー・ウォング監督・主演映画『片腕カンフー 対 空飛ぶギロチン』が、『バスケットボール・ダイアリーズ』のプロデューサー、クリス・ブラックウェルによってハリウッド・リメイクされることが決まった。同作はアメリカでもDVDリリースされていて伝説のカルト・カンフー映画としてクエンティン・タランティーノもハマったといわれている。オリジナル版では片腕のカンフーの達人を主人公に、派手なパフォーマンスと空飛ぶギロチンなどという奇抜なアイデアを盛り込んだストーリー展開となっている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 片腕ドラゴン対空飛ぶギロチン from Passion Fruit −情熱の果実− (2010年8月25日 17時4分)
    以前に「スカイハイ」(原題:香港から来た男)の映画の話を書いたこと がありますが、このスカイハイで主演をしていたジミーウォング(王羽) の台湾での主演作として「片腕ドラゴン対空飛ぶギロチン」という映画が スカイハイの一年後ぐらいに公開されました。 ジミーウォングは、スカイハイの主演前に「片腕ドラゴン」という映画を 大ヒットさせていましたから、この片腕ドラゴンという映画のシリーズは ジミーウォングを起用する映画会社にとってはお金を稼げる映画として、 作られていたので、B級映画ではあるものの、キャストは多 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 70年代の伝説のカンフー映画、リメイク決定