シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

M・ラファロ、ラブ・シーンはセクシーじゃない?

 ジェーン・カンピオン監督の最新作『イン・ザ・カット』(原題)で、マーク・ラファロがメグ・ライアンとのラブ・シーンについて「全く刺激的じゃない」と語っている。ラファロは、ラブ・シーンに興味深々の観客たちに驚き、「あれは本当にセックスしているのか、と聞かれるんだから、面白いよ。あれは演技でしかないし、あれ以上にセクシーじゃないものはあり得ないくらいだ」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 10月
  4. 15日
  5. M・ラファロ、ラブ・シーンはセクシーじゃない?